カブター!

今日はカブターです。
白いのも魅力ですが、ミントグリーンな標準仕様もナカナカ魅力的な色です。


パッケージが好きです。
絶妙にカブトムシの雰囲気がありますね。たくさん写っているので生息数も多そうだ!
あと気の早い話ですが、おそらくライバルであろうクワーガのパッケージが今から気になる。
対になっていたりすると面白いですね。楽しみです。


さてさて今日も余談から入りましょう。
ゾイドワイルドの売り場では、専用のディスプレイケースがある事も多い。
Twitterで宣伝されているお店も多くて、とても心強いです。



お店のディスプレイはどの店も共通していて、「ジオラマ風のケース」「ワイルドブラスト発動ボタンの付いたケース」で構成されているようですね。


うちの近くのJoshinもこれでした。
またモニターが設置されているお店もある模様。これは笑っちゃうくらいテンション高すぎなナレーションでゾイドワイルドの宣伝映像が流れています。
聞かれた方いらっしゃいますでしょうか?
ホントにサンシャイン池崎ばりにテンション高すぎです。


ディスプレイのうち、このボタンを押すとワイルドブラスト発動を体験できるようになっています。
ワイルドライガーはかなりの勢いでブレードを倒すから迫力満点です。

それにしてもどのお店も共通のディスプレイ…。
ということは、メーカー営業マンさんが全国の玩具屋を巡っているのでしょう。
メカ生体ゾイドの開始当時…、「ゾイドは動いている状態で展示してこそだ」という事でトミー営業マンは全国の玩具屋を巡り「ビガザウロを動状態で展示する」事をしました。
このインパクトは絶大でゾイドは良好なセールスを記録した。
一日100個売る店さえ出たそうです。

あの頃と同じような熱を持って全国を営業されているのを見るととてもアツいです。

先日の記事の通り、全ての店ではありません。扱いが少ない所もまだまだある…。
けどアニメが始まりどんどん売り場面積が拡大していくと良いですね。
そんなのにも期待です。

…ただ「現段階で売り場が充実している」お店はやっぱり感動を届けてくれたから、今後もひいきにしちゃいそうかなー。
私は使いやすい位置ということもあるんですが、基本的にはJoshinを使っていきたいです。
クーポンもいっぱいくれるし。

さて余談はこれくらいにして組みましょう。

ボーン状態完成!


カブトムシと言えばサイカーチスが思い出されますが、同機と比べて組む難度が下がっていたのが好印象でした。
サイカーチスは組みにくいわけじゃないんですが、羽の組み方が少しコツが必要だった。
「右の羽・左の羽を押さえながら頭部パーツを差し込んで固定する」という工程でバラけやすい。
(組んだ人になら通じるかな?)
カブターは組みやすさがかなりUPしていました。


でもボーン状態は正直あまり好きじゃないかなあ…。
カブトムシは「外骨格」。なので装甲をひっぺがしたこの状態は「ボーン状態」といいつつ骨のない状態…。

スコーピアだと装甲を外した状態が上手くサソリらしいブヨブヨ感につながっていたんですが、カブターはなー。
カブトムシはどうしても強固でツルッとした装甲に覆われているイメージが強いので違和感かも。
むりやり外骨格をひっぺがしたようなグロさを感じる。


一方でそれがそそる方も多いとも思う。
エヴァの拘束具を外した状態みたいなもんですね。


装甲をつけると復元完了。


私はやっぱりこっちの方が好きかな。
外骨格が付いたし翼も付いたし、カブトムシとしてようやく完成したと思う。


カブターはレアホワイトがいますが、いろんな色が似合いそうな予感がします。
カブトムシだから黒や赤茶色も似合いそうだし、ヘラクレスオオカブトみたいに胴体部分を黄色にしても良さそう。


サイカーチス大先輩と並べるとこんな感じ。
キットとしてはサイカーチスとほぼ同サイズですが、カブターは脚がちょっと短いですね。
バランス的にはカブターの方がカブトムシっぽいかな?
両機の脚の長さが違う事を逆手にとって、サイカーチスの脚をカブターの前脚にだけ移植してテナガコガネ風に改造するとか、そんなのも面白いかもしれませんね。

ところでキットの大きさはサイカーチスと同じくらいですが、設定上の実寸はグラップラー(サイカーチ)くらいかな?
メカ生体/機獣新世紀ゾイドのファンの方はアタックゾイドを作りこんだらこんな感じかも! という思いで各部を見ても面白いでしょうね。

サイカーチスと比べた時、もうひとつ違うのは体の丸みです。

カブターはカブトムシらしい太く丸っこいフォルムをしています。
対してサイカーチスは少し平べったいですね。
よりカブトムシらしい感じになったと思います。

ギミックにも違いがあります。歩行は同じですが、サイカーチスが「羽を開閉しながら歩行」だったのに対して、カブターは「角を上下させながら歩行」です。
羽の開閉も嬉しいんですが、なぜ歩く時に開閉する? という疑問もちょっとあったので…、カブターの方が良いかな。
なおサイカーチスは角の上下は手動で。カブターは羽の開閉は手動で行う。ギミックが連動でも手動でも逆になっているのが面白いですね。

サイカーチスは初の甲虫型ゾイドなのでけっこう苦戦してる印象があります。
後発のダブルソーダはかなり細かい所までクワガタしていて進化が感じられていたんですが。
だからいつかカブトムシのリベンジがあるといいなーとも思っていたんですが、今回カブターが出て見事に達成された感じがする。

ただ、なんだか悪いように書いてしまってサイカーチスには申し訳ない…。
このゾイドはこのゾイドでとても魅力的ですのでそこんとこはフォローです。



お顔はかなりイケメン君です。
いやあ、小型ゾイドなのにとてもカッコいいなあ。凛々しい。
昆虫の王様の貫禄は十分ですね。
触覚があるなどモチーフ再現も細かく気を使ってあります。ぬかりない仕上がりですね。


ワイルドブラスト!!

隠された二本目の角が展開します。
ヘラクレスオオカブトとかネプチューンオオカブトっぽい感じになりますね。
これで突き刺すそうです。


通常時はカブトムシらしく投げ飛ばす。ワイルドブラストで突き刺す。
これは面白いバランスですね。
投げ飛ばすだけじゃあ敵は一時的に現場を離脱するだけで健在でしょう。
しかしワイルドブラストすると破壊まで可能に。


という事でとても良いカブトムシでした。
丸っこいフォルムが愛らしい。でも顔は凛々しい。そのバランスもステキです。
クワーガと並べたいなー。来月が楽しみです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント