リバセンを振り返る

HP更新しました。
今日はリバセンのギミックを見つつそこから更にワイルドへの期待を書きました。
こちら

メカ生体・機獣新世紀を見ればゾイドワイルドがいかに動力に賭けているかがわかる。
そしてリバセンを見ると更なる期待もしてしまいますね!!


ヴァルガはいいゾイドでした。
あれの発展型があるといいんだけどなー。
と思っていたら、まさかのグソクムシ種新型の噂も出てきていたり!?
これはますますゾイドワイルドに期待。
ギミックからはまだまだ目が離せませんな。


ヴァルガはフレームの状態が好きです。
美しい。装甲を付けるのがもったいないくらい。
ゾイドは動くからこそのデザインになっていてそれが美しい。とりわけヴァルガはそれが素晴らしいと思います。


さてさて動力を見るのがが面白すぎる。
いちどメカ生体ゾイドの全ての動力ボックスを総ざらいして「レッドホーン系動力ボックス」「サーベルタイガー系動力ボックス」など分類しても面白そうだなーと思っています。
機獣新世紀ゾイドは分類というより新型動力ボックスを総並べする事になりそうかな。あまり使いまわしはなかったと思う。
それはそれで面白そうなんですが、一つだけ躊躇しているのは……セイスモサウルスですね。
赤パーツの破損が怖いので分解・再組み立てなどあまり繰り返したくないんですよね……。
割れたら終わりなのでなあ。どうにかならんだろうか……。
あれって材質は一体何なんでしょうね。

材質と言えばワイルドは言い感じにシャキッとした金型だしプラの硬さというんでしょうか、適度な弾力と硬さの具合もとても良い感じです。
これは維持して頂きたい次第。
セイスモみたいに割れるやつとか、ガンスナイパーみたいにデザイン最高なのに金型がふにゃふにゃなのは繰り返してはいけない……。

話が逸れましたが、そんな感じでコラム更新でした。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント