汚したレッドホーン

最近すごい勢いでコラムを書きました。
さてコラムを書く中で従来シリーズの写真やなんかも沢山必要になって、引っ張り出してきています。
そんな中で個人的に懐かしいなあと思うものが出てきたので紹介。

レッドホーン

これは1999年に再販された直後に買って組んだものです。


この頃はゾイドはウエザリングしたら1000倍カッコ良くなる教に入信していたので頑張って全機にウエザリングをしていました。


個人的にですが赤い機体は汚しが似合う。黒い機体はツヤツヤが似合う気がします。
いやもちろん黒いのも汚すとカッコいいけど、それよりツヤツヤだとより似合うようなイメージ。

なんでだろうなぁ。グレートサーベル初登場シーン(満月をバックにシールドライガー部隊を葬ってるシーン)があまりにもスマートでカッコよく映ってその印象が強すぎるからかも。
一方サーベルはけっこう色んなシーンで渋く散ってるから汚しが似合うイメージがある。

あと、レッドホーンとダーク・ホーンでも同じ事が言えるかも。
レッドホーンは泥臭く戦ってるイメージ。ダーク・ホーンはスマートというか、そんなイメージが強いです。

レッドホーンはたくさん買って。他にも何機かウェザリングしていました。
なにぶん当時は何もテクを知らないので随分苦労していました。
まずは薄めた塗料で塗ってふき取ったのですが、スミ入れは出来たけど表面は綺麗にふき取れてしまって汚れた感じにならない。
そこで当時は生乾きくらいのタイミングでじゃじゃっと荒くふき取る方法を採っていました。
それを何回か重ねるといい感じに汚れてくる。これもその方法でやったかな。
あとはいったん黒く塗った後に溶剤で落とす方法なんかも採ってたかなあ。
試行錯誤でした。


牙を部分塗装したり、パイロットも塗ってる。頑張ってる。
ところで私はゼネバス帝国パイロットと言えばいまだにこの色のイメージです。
共和国兵士は灰色に赤ライン。


このあと素組み教になってしまい、最低一つは素組みを持っていない限り改造しない感じになっちゃって今に至るわけですが。
でも当時頑張ってたこういうのを見るとまたいじりたくなるなぁ。
せっかくなのでワイルドで試してみたいです。簡単な汚しから改造まで。
たいてい計画ばかりで終わるんですが、ワイルドはなにしろ手軽だからまずはウェザリングなり装甲の色変えなりからやってみようかなー。
素組みは素組みで残しておきたいのでやるなら複数買いした後になるんですが、やってみてみたい意欲がわいてきてます。

素材別の塗料相性表なんかも作れると良いなと思っています。
その辺の研究もしていかねば。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント