一覧~

さてレイノスをゲットしメカ生体ゾイドのHiユニット級をコンプできたので、一覧にしてみたいと思います。

コマンドウルフ、ゴルヘックス、ベアファイター、アロザウラー、コマンドウルフNEW、ベアファイターNEW、レイノス、カノンフォート
Hiユニット級は傑作揃いと言われますが、ホントにその通り。
傑作しかないじゃないか!

一機ずつ簡単に紹介します。

コマンドウルフ

共和国初のHiユニット級ゾイド。
帝国は既にウオディック、ブラックライモスを完成させていた。このクラスの開発では共和国は後塵を拝していたようだ。
ご存知の通り白いオオカミ。シールドライガーと共に共和国高速部隊を形成した傑作機。
シールドライガーはサーベルタイガーのコピー改良機なので、純共和国技術製の高速ゾイドとしては史上初と言える。
数の上では共和国高速部隊の主力となった。その能力はヘルキャットを圧倒する。
サーベルタイガーには分が悪いが、スピードは互角だし火力も高いので腕次第では勝つ事も可能。

ゴルヘックス

旧式化したゴルドスの後継機。能力を電子戦能力に全振りしており、このサイズでディメトロドンに並ぶ能力を得た。
ボディはデルタフレームと呼ばれる新型の強力フレームで囲われている。この構造で大量の電子装備搭載が実現した。
偵察・通信・電波妨害などで共和国軍を支え続けた名機。
能力を電子能力に全振りした結果、交戦力は極めて低い。
デルタフレームのおかげで頑丈で耐久力だけは高い。だが格闘力は無きに等しい。
ただ火力はそこそこ持っており、砲撃戦や対空戦ではそれなりに活躍する。また電子装備を外せば大型砲を搭載する事も可能。

ベアファイター

四足と二足を切り替え可能な画期的なゾイド。
四速時は高速性、二足時は高い格闘力を発揮する。
帝国軍ブラックライモスと互角に戦える強力機だが、能力と裏腹に配備は目立たなかった。
理由として、四足と二足を切り替え可能という所からパイロット調達に難航した事が想像される。
しかし能力面の高さは確かだった為、共和国軍はベアファイターの運用を諦めなかった。
後年には改良タイプが完成する。

アロザウラー

24ゾイドやディバイソンと同時期に登場した。
デスザウラー無敵時代において、共和国軍の反撃本格化を象徴するゾイドの一つ。
ゴドスの次世代発展型で、イグアンやハンマーロックを圧倒する能力を持つ。
完成後は直ちにゴドスを更新し、共和国主力歩兵の座についた。帝国歩兵ゾイドを蹴散らし、両軍の力関係を大きく変えた。
能力面だけでいえばベアファイターよりもやや劣る。それでも主力の座に就いたのは、ゴドスのパイロットが最低限の訓練だけで本機に機種転換できたからと思われる。

コマンドウルフNEW

傑作機コマンドウルフをブラッシュアップした仕様。
速度は210km/hになり、サーベルタイガーを上回った。
ベアファイター、シールドライガーMK-IIと共に「共和国MK-II部隊」を形成した。
純白の装甲、青いフレーム、金色の武器。このド派手なカラーはMK-II部隊用カラーであり、共和国国民に向けた戦意高揚のアピールもあったと思われる。

ベアファイターNEW

ベアファイターをブラッシュアップした仕様。
四足状態での最高速度は200km/hに向上し、高速機と呼んで差し支えないレベルになった。
ノーマルタイプとうって変わり、配備数は大きく増えた。大陸間戦争時にはアロザウラーに代わる主力歩兵ゾイドとなった。
これは、ようやくベアファイターの特性に慣れたパイロットが増えその能力を遺憾なく発揮できるようになった為と思われる。

レイノス

プテラスに変わる主力空戦ゾイド。
レドラーを上回る速度、豊富な火力、優秀な索敵。これらを兼ね備えたまさに共和国飛行ゾイドの決定版とも言える存在。
中央大陸戦争末期に登場し、大陸間戦争でも主力戦闘機として運用された。
本機により、ようやく制空権は共和国側に戻った。またレドラーを排除した事で、長く制限されていたサラマンダー爆撃隊の運用も再び可能になった。
信頼性も高く、ヘリック大統領専用機も存在する。暗黒大陸前線視察時に、ヘリックは新型のオルディオスやバトルクーガーではなくあえてレイノスに乗ったエピソードもある。

カノンフォート

このクラスでは最高の火力を持つ砲撃ゾイド。
小型ディバイソンと言える設計だが、砲力を見ればカノントータスの次世代発展型ということもできる。
更に各部の作りはブラックライモスの影響も感じさせる。鹵獲機が大いに参考にされたのは確実だろう。
2連装のカノン砲の破壊力は高い。また砲塔内に専用の砲手がいる為命中率も高い。
その他にも火器が充実しており、更に角やヒズメで格闘戦を行うこともできる。
ジャミングテイル、物資コンテナなどもあり、単機での長期間ミッションにも対応している。
だが同時期に敵が完全上位機とも言えるダーク・ホーンを投入したことから大敗を喫した。
能力は傑作と呼べる仕上がりだが武運があまりにもなかった悲運の名機と言える。
負けのイメージが付いたからか、生産数は低く留まった。前線ではむしろ旧式のベアファイターNEWの方が頻繁に見られるほどであった。


ということで一覧です!
ウヒョー、嬉しい。
・・・書いていて、こういうサクッ!と読めるゾイド簡易解説一覧みたいなページがあっても面白いかもなーと思いました。
どうでしょう。
詳細まで語りたいのでいつも長くレビューしているんですが、「一覧」みたいになったものも面白いかもしれませんね。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント