アニメ9話!

今日は9話でした。
「神秘!ゾイドを癒す少年」

タイトルだけで事前にゾイドと触れ合って「念」みたいなのを送って治癒する少年が登場するのか? とか思ってたら全然違いました。
「神秘」という面では5話に出てきた動物を治癒する洞窟の方がレベル高いかも。


さて本話も重要な情報が満載でしたね。
今回「町」が出てきましたが、これがまたゾイドを恐れ嫌う場所。


めっちゃ露骨に嫌がってる。
作中では久々にこういう雰囲気の場所が出てきました。
しかしやはりこの世界の多くはこういう場所なんだろうなと改めて思いました。

ただ気になるのは、この町はデスメタル帝国からどうやって防衛をしているのかという事でもあります。
前回、ゾイドを保有し自警団を形成・デスメタル帝国R.A.P隊に対抗していた町が出てきました。
ドレイクが攻めていた別の「都市」も大規模な自警団を形成し自衛に務めていた。
デスメタル帝国の脅威が広がる中、そのような自衛は必須でしょう。
とすればこの町は一体何なのか。

1、既にデスメタルの支配下である。その為保有の必要がない。
2、デスメタル帝国の脅威を知らず自衛の概念がない。
のどちらか?

1の場合は、アラシが立ち寄ったタイミングはちょうどデスメタル駐屯部隊が不在であったという感じ。
この場合は既にデスメタル帝国に支配されている=彼らの使うゾイドを脅威として恐れていても自然です。

2の場合は、デスメタル帝国は最近になって勃興した若い勢力である。だからその急速な成長や脅威度を知らない場所があっても不思議ではない。
という考えです。
ただ辺境のド田舎であるところのアラシの村でさえデスメタル帝国を知っていたのでこの線は薄そうな気もしますが……。


さて今回は森に暮らす少年シメジが登場。
この少年は「ゾイドはみんな友達だ」の精神を持つ存在。
シメジは森に住んでいるんですが、町の住人は名前やその主張をよく知っていた。
思うに、元々町に住んでいたのだけど、ゾイドへの主張ゆえに馴染めず今では森にたった一人住むようになったのだろう。
その主張は変わっておらず「言う事は言う」ようだけど、一方でその意見でもって相手を納得させる・分かり合う事はもはや諦めている風でもあった。
……シメジはアラシのありえたかもしれないもう一つの未来なのかもしれないなぁ……。


さて中盤からは舞台はシメジの住む森に。
ここでも貴重な情報がありました。
沼にはまったワイルドライガーやガノンタスを救うクワーガたち。


二機でライガー、ガノンタスを持ち上げる驚異の力持ち具合が発揮されていた!
凄いなあさすが力持ちの昆虫だなぁ。
この辺のスペックは力関係を知るうえで重要だと思う。


「金属質の樹液が出る木」なんていうのも出てきました。
舞台は地球ですが、半ばゾイド星(惑星Zi)のように金属成分が多くなっているんだろうか?
ゾイドワイルドの世界では、ゾイドが
「数万年前に地球に飛来した一つの ゾイドコアによって生まれ・・・」
とされています。
コアが飛来した際に、一緒に地球の環境を金属質に変えてしまう何かも起こったのかな…?
世界観への踏み込みは今後も示されていくと良いですね。


今回はまたオニギリとガノンタスの過去も語られました。


ガノンタスやさしいなぁ。やさしいなぁ。可愛いなぁ。かわいいなぁ・・・。
そりゃあ相棒にもなりますわ。
正直7話の初登場時点では印象が悪かったオニギリですが、こういう過去を知る事でだんだん印象が変わっていきます。

オニギリの過去の告白と、それを責めずに向き合うアラシやシメジの姿は印象的です。
一度何かやったら一生必要以上に言われ続ける今のネット社会をちょっと示唆しているような気もする。

あと細かい事ですがゾイドが毒によって冒される事。その治癒として薬草を使っている所も注目だったかも。


後半はいつものようにデスメタル帝国ラプトール部隊が登場。
それとの戦闘に。
今回はラプトールの強い姿が見れて良かったです。
最終的にはガノンタスの亀甲砲でまとめてやられちゃいますが……。

今回はラストがとっても良かったです。
というのもやられたラプトールが森に置き去りにされる→シメジやオニギリがそれを直してこれからは森に住めと言う。
そんなやりとりがあったのが凄く良かったです。

そうなんですよねぇ。
「ゾイドはみんな友達だ」と言うならそれは敵ゾイドにも言える筈なんですよね。
そこをキチンと描いていてすごいなぁと思いました。
悪く言うわけじゃないんですが、第一作では「ゾイドは友達だ」と言いつつデスザウラーに対しては「生まれてはいけなかった存在」とかとにかく邪悪な存在としていていました。
そのあたりに若干のモヤモヤを感じていたので今回は敵側であっても徹底してテーマを貫く意志を強く感じました。
ホントにいい作品になっているなと思います!


あとは、ペンネが登場していたのも注目でしょうか。
これだけ頻繁に遭遇するのでワイルド大陸はけっこう狭い?

あと、明らかにペンネが怪しい行動をしていましたね。
戦闘を監視していた感じ。

以前にデスメタル帝国と関係があるのでは と書きましたが、その線が濃厚になっている気がします。


そんなわけで丁寧な描写に感動したりペンネの謎が深まったりと魅力的な9話でした。
次はギョーザのトリケラドゴスが出てくる感じ。
・・・ガブリゲータはどうなった? という気はしますが、楽しみです!!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント