アニメの感想追加

先の記事のアニメの感想に追記で妄想します。
アニメは毎回ゾイドに興味ワクワクな情報が多くて凄い!

9話はゾイドの生態系についてとても興味深い情報が出ました。
金属質の樹液を吸ってるクワーガやカブター。


まず金属質の樹液を出す木がある!
作中でのアラシの驚き具合からあまり一般的ではないと思いますが、そういうのがあるというのが凄い。
先の記事でも書きましたが、ゾイドワイルド世界の地球は半ばゾイド星(惑星Zi)のように金属成分が多くなっているんだろうか?

まさか最終的に地球=ゾイド星みたいな展開があったりはしないよねぇ・・・?
(猿の惑星的な)

さてあまり一般的な存在ではないが、金属の樹液を出す木が存在する。
そうした所には無数のゾイドが生息するようになる。
作中では無数のクワーガ、カブターが出てきました。
生息数はアラシの村の下層部森よりもかなり多そうであった。
その膨大な数は、やはり金属樹液を出す木が支えているのでしょう。


ところでゾイドの食料について考えます。
ゾイドも生物だから食料が必要でしょう。もちろんメカだから人とは食べるものは違うでしょう。
さて何を食べているか。

金属樹液ではないと思います。
なぜかというと、アラシの反応からしてアラシの村の森には同様の木はない。それなのにゾイド(クワーガ)がちゃんと生息していたからです。
すなわち金属樹液がなくてもゾイドは生きていける。でも金属樹液があった方が生息数は増える。
ここにヒントがある気がします。


車や飛行機は油で動きます。ゾイドはメカなので、やはり油がエネルギー源だと思います。
アラシは一話でクワーガ捕獲にチャレンジしていましたが、その時は黒い液体をまいておびき寄せていた。
これは油的なものじゃないかなぁと思います。



さて植物の多くは油を含んでいます。
野生に暮らすゾイドはそれらを食べてエネルギー補給をしているのかもしれないなぁ。

クワーガは樹液ををなめるにしては大げさな口を持ちます。
カチカチと対象を噛み砕くような強力な口です。
植物の多くは油を含む……たとえば松の根っこには油がかなりの量あります。
松根油というやつです。
クワーガは土を角や口で掘り、松の根っこを口で噛み砕いて中に詰まっている油を得る。
そんな事をしているのかも……。

ただし「植物を食べてその中の油分を得る」というのは「そうするしかないからそうしている」だけで効率が良いとは言い難いです。
また植物由来の油はメカニックにとって必ずしも「質の良い油」ではなかったりもします。
メカは最適な油(たとえば自動車だとガソリン)を入れると最高の走りをします。一方であまり適していない油(たとえば自動車にサラダ油を入れる)だと、一応走るには走りますが性能をフルに発揮できないし故障の原因になったりもします。

一話ではクワーガがアラシが撒いた油にすぐさま反応していました。
これは「いい油が簡単に飲める状況を見つけたから」と思いました。


さて今作の世界でゾイドは脅威となっています。
なぜかというとここに理由があるかもしれない。
人が豊かな活動をするには車や建設機器などのマシンが必要です。
それらはガソリンで動きます。

ガソリン調達の為に石油プラントを建設したらどうなるか。
ゾイドにとってそれは美味しいエサになる。寄ってたかってその場所を制圧してしまうのではないか。
だから人はガソリンを得る事ができない=大規模なメカを作り動かす事が出来ない=中世レベルの生活を強いられているのではないか。ゾイドを憎んでいるのではないか。
なんていうことも思いました。
「ガソリンが自由に使えればこんな風な事が出来る」と分かっているからこそ、いよいよ本格的に忌み嫌っているのかも・・・。

まとめます。
1.ゾイドが動くには油が必要。
2、油は自然界から得ている。それは効率が良い方法ではないが、そうするしかないからそうしている。
3、もっと良い油の取得方法があれば当然それを採用する。
4、3の理由により、人類が石油プラントを建設すればゾイドの襲撃が避けられない。
5、4の理由により人類は発展できない。

という風に考えてみました。


さてゾイドはをエネルギー源として活動する。
次に自己治癒能力についても考えましょう。
「ゾイドには自己治癒能力はあるが、人の手でメンテナンスをした方が長くもつ」という事情があります。

油はエネルギー源。活動する源です。
ただし「自己治癒」にはあまり貢献しないと思います。
なぜかというと、自己治癒とは例えば人で言うと「すりむいて皮膚がはがれた」「皮膚が再生した」ような事を指します。
ゾイドの金属の体を治癒・修復するには元となる金属が必要だと思います。

だからこそあの金属分を補給できる木には多くのクワーガやカブターが集まっていたのでしょう。

自然界で生きるゾイドが傷ついた部分を自己治癒するには金属の摂取が必要である。
得られない限りは傷ついたままである。
ただし人と手を組めばメンテナンスしてもらえる(しかも金属樹液をなめて少しずつ治癒するよりはるかに効率が良い)。
今回の話からは、そんな事を思いました。


ところで現在のところよく分かっていないのはゾイド間での食物連鎖はあるのかと言う事です。
「自己治癒には金属が必要」と書きました。
それゆえ金属樹液を出す木には多くのゾイドが群がるわけです。
ただもっと効率が良い方法はゾイドを直接食べてしまうこと。こうすれば大量の金属を一気に得る事が出来る。

ラプトル、ディノニクス、ライオン、T-REXみたいな肉食タイプだったらそういうことも出来ないのかなぁ。
ただ9話のラストで複数のラプトールを森に逃がしていたので、そういう事はないのかな…。
デスレックス(T-REX)は現在「他のゾイドを食べる!?」という要素が衝撃的に語られています。
(コロコロ付録下敷き情報参照)
ここから考えると、デスレックス以外のゾイドは捕食はしないと考えるのが妥当かなぁ。

それとも、やっぱり食べる。
シメジはそういう事情も含めて「喰われるゾイドが出るかもしれないが、それは自然界のおきてなので仕方がないのである」と考えているのかなぁ…。
あまりそういう風には思えないんですが。
うーん、どっちでしょう。

この辺も徐々に明かされていくのかな。
そんなわけで今回はゾイドのエネルギー源や自己修復について考えて見ました。


-オマケ-
更にもうちょっと追加で考えます。

ワイルドライガーってどうやってエネルギー補給してるんでしょうね??
「1話でアラシは油を利用してクワーガをおびき寄せた」と考えました。
とするならアラシは油でゾイドが動くと知っているはずです。
旅の途中で定期的に油も補給してるんだろうか。

上では肉食種のゾイドは「捕食」が出来る可能性について書きました。
ただアラシはもしワイルドライガーが他のゾイドを捕食する後継を見たらけっこうなショックを受けると思います。
なのでこの線は薄いかも。


あと、シメジはフリーダム団には入団しなかったんですね。
というか誘われなかった……。
友達とは言っていましたが。

まぁシメジはずっとあの森にゾイドたちと共に暮らすだろうし、だからあえて誘わなかったのかもしれない。
でもフリーダム団は「心はつながっているが一緒に行動する必要はない。行動は自由」なので、やっぱり誘い入れていても良かった気もする。
シメジは今後また登場するんでしょうかねえ。
ピンチの時にクワーガとカブターを大量に引き連れて登場したりしたら燃えそうでもあるんですが。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント