ゾイドとは

アニメ10話の感想は既に1(ゾイド偏)、2(キャラ偏)で書きましたが、今回は補足を書きます。
今回の話では少し気になったキャラの掛け合い話し合いがあったのでその部分についてです。





ギョーザがトリケラと一緒に大道芸をしてゼニーを稼ぐ。
その現場を見てアラシが
「ゾイドってのはゼニー儲けの為に居るんじゃないだろ」
と憤っていました。
兵器扱いするドレイクに向けたような激怒ではないんですが、それでもそんな事しちゃダメだろうと明確な意思はもっていた感じ。

この部分はうーん、これってどうなんだろうなぁ…と思ってしまいました。
「お金儲けは悪い事だ」と主張する人って実際に居ますが、そんな事言われても困る気がするなぁ……。

……アラシの居た村がそんな感じの考え方だったのかなぁ。
アラシの村はあんまりお金とかのやり取りをしてる感じがしなかった。
アラシの村は村の中でもかなり小さな感じがする。まさにイナカ村の名の通り。
あの人口ではしっかりした経済圏を作るのは難しそう。
なので皆が協力して分け合うような生活をしている。その結果としてアラシには金で何かをするという事があまりに見付いていないのかも。

アラシの村について少し考えます。
・ゾイドを嫌っている
・ゾイドから逃げるために高い立地になっている
・下層部の森(ゾイド生息域)に降りる為の縄梯子がある
・森にはクマなどのゾイドじゃない普通の動物も居た
村について分かっているのはこんなところ。

村はあまり豊かな資源があるとは見えなかった。
村(上層部)だけで生活するのは厳しそう。
おそらくですが、縄梯子を伝って危険な下層部に行く。そして動物を狩りその肉、食べられる植物、材木などの物資を上層部の生活圏に持ち帰る。
そうして生活していると思える。
危険な下層部に行くのは力のある男達でしょうか。否応なしにそのような生活をしていればゾイドを嫌うようにもなるかなぁ…。
下に行く男たちはゾイドを恐れるのは当然だし、帰りを待つ女たちはやはりゾイドが居なければこんな心配しなくていいのにとなるのは自然だと思う。
さて、そのような生活スタイルであれば貨幣でやりとりするのではなく「皆がそれぞれ出来る事をして協力する」というスタイルになるのだろう。
お金は汚いというイメージになったのかも。

ただ、やっぱりお金は汚いという意見はやはり賛同しかねるかな。
それはアラシの村の価値観かもしれないけど、他の世界で通用するものではないと思う。

アラシは旅をしているわけですが、旅とは色々な世界を知り自分を成長させるものと思います。
自分がいかに独りよがりな考えをしていたか・無知だったかなどを知り、そして大きな世界に触れて知り。その結果成長するのですね。
もし「自分は正しいからそれを世界中に知らせてやるぜ」という思いで旅をしてしまうと不幸しか生まれない…。

アラシはメンテナンスにおいて自分の無知を知り反省し、そして以降はキチンと行う成長をしました。
お金についての部分でも考えの多様さが今後身に付くと良いなあと思います。


それにしてもお金ってなんで汚いイメージを持たれがちなんでしょうね。
労働の対価にお金を得る。そのお金で好きなものを買う。それってとても真っ当な事だと思うんだけどなぁ。

トリケラも明らかに無理やりやらされているわけじゃなくて同意のうえでやっていたし。
それをダメだと言ってしまうのはどうなのかな。
まぁお金のみを目的として人を不幸にする企業…いわゆるブラック企業というのが存在するのは事実で、そういう企業が扱っているお金は汚いかもしれない。
でもその例をもってお金儲け全体が汚いのであるというのはかなり暴論ですね。

実際にお金を儲ければこそ食料が手に入る。メンテのための道具や消耗品も手に入るでしょう。結果として人もゾイドも幸福になる。
お金は汚いからと言っていたら人も飢えるしゾイドもガタがくる……。
今後ペンネやギョーザが旅の仲間に合流したら、そういう意識も付くようになるのかなぁ。

キッズ向けアニメにあるまじき議題な気がしますが、こういう部分もしっかりとした考えがあると良いなぁと思います。


さて「ゾイドはゼニーを稼ぐ道具じゃない、相棒だ!」とガツンと言ったアラシに対してギョーザは「じゃあ何のために居るんだ?」と問い返す。
アラシはやや間をあけつつ「夢の為だ」と答えていました。

「古大秘宝Zを見つける。その為にゾイドは…、相棒はいるんだ」

「いる」は「居る」なのか「要る」なのかどちらだろう……。
いずれにしろこの答えは正直ずいぶん身勝手だなあと思ってしまいました。
夢、古大秘宝Zを見つけるっていうのはアラシの目標であってゾイドの夢ではない。
ただ「アラシを認めその夢に協力する事について同意している」から一緒に旅をしてくれているのだと思います。

ギョーザはゼニーを儲ける事を目標にしている。
ギョーザは「ゼニーを儲ける事はトリケラも納得済みなんだぜ」と言っていた。
アラシに夢がある。その為にライガーと旅をしている。
ギョーザには目標がある。その為にトリケラと大道芸をして稼いでいる。
あまり差はないと思う。

またその次はゾイドサッカーをやったわけですが、大道芸でゼニーを稼ぐのはダメなのに賭け試合でゾイドサッカーはOKなんかい……とも思ってしまいました。
アラシのOK/NGの基準が正直よく分からん………。
なんかしっかりした考えがあるというより何となくな感覚で決めてる気がする……。

と今回は考えの未熟さが大きく出た回だったと思います。
こういう部分でも成長が見えるといいなぁと思っています。
まだまだ続くわけだから今のところの答えがこんな風に不備だらけなのはまるで構わない。
でも中盤、後半、終盤になるにつれてしっかりした考えを身に付け改めて語ってくれるといいなあと思います。
そんな感想も持った10話でした。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント