ヘル・ディガンナー

最近メカ生体ゾイド版のゾイドのゲットラッシュです。
今回はヘル・ディガンナーをゲットしました!


リバセンでほぼ完全復刻されていたのでいいカナーと思っていたんですが、リバセン版ではどうしても我慢できない要素が一つだけあった。
それはゴムチューブ!

切れるんだよ……ッッ
機獣新世紀版もですが、飾っていたら一ヶ月ほどで必ず切れてしまう。強度がまるでない仕様はなぜこうしたのかと問いたい。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。

まあ機獣新世紀版は仕方ないような気もするんです。
大丈夫だと思って居たら想定外に切れまくったじゃないかー。
そんな事態もまぁあるでしょう。
ですがリバセン版はなぁ。新世紀の教訓をいかせよ何で切れるままやねんと思ったのでありました。
ゴムが切れる俺も切れる。ウオー切れないゴムを欲する!!
仕方ないのでスプリングなどに換装するも、やっぱり何かちょっと違う。
「・」の抜けたヘルディガンナーは、そんなモヤモヤが付きまとうゾイドです。

メカ生体版は優秀で発売から30年近く経った今でも全く切れる気配がありません。
っていうか、なんでこの材質をやめちゃったかなぁ……。

余談ですがパチゾイドのスシレクサモナカコカのチューブは頑丈で切れないんだぜ…。
パチって妙なところでクオリティ高かったりするから謎。スシレクサモナカコカはまたブルーのキャノピーをしているのも非常に貴重です。

さてゲットしたヘル・ディガンナーですが30年近く分のホコリが凄い…。


あと塗装されまくってます。シールもかなり貼ってある。


前の持ち主の方が一生懸命作って大事にしていた事が分かります。
こちらでも大事にせねば。

塗装はいかにも小学生がやりました感のある感じ。牙や爪や銃身などを塗り分けているんですが、かなりグチャグチャ。


頭部のこれは、油性マジックで暗黒軍マーク描いたものと思われる。
この辺が実に味があっていい感じでもある。

ただ残念ながらひっぺがします。
見た感じ水性アクリル塗料ではないように見える。
ラッカー塗料かな・・・?

※以前に見た目でアクリル塗装とラッカー塗装の違いって分かるの? と質問を頂いた事がありますが、私は「何となく」としか答えられません、すみません、、。
ラッカーの方が粒子が細かく発色も良い感じ。アクリルは粒子の粗さゆえ表面の質感がちょっと粗い感じがします。
その感覚を元に推測したらだいたい正解なんですが、もちろんうまい人が塗ったアクリルとそうでない人が塗ったラッカーだと仕上がりの質感は前者が良かったりもします。
なので結局のところ「何となく」ですね、、、。

さてラッカー塗料。
水性アクリル塗料ならブリーチで簡単に引っぺがせるんですが、ラッカーかぁ…。
以前に除光液を使えば落ちると聞いて試した事があったんですが、そのときは塗料は確かに落ちたがプラも溶けてグニャグニャになったという結果でした。
使えねえ…。荷電粒子砲を喰らったジオラマを作りたいならオススメですが。

どうにか塗料だけ引っぺがしてプラは大丈夫という方法を探せないものかなぁ。
「うすめ液」とかがやっぱりベターだろうか。
まぁ、最悪はダメになってもリバセン版の本体に今回ゲットしたゴムチューブを移植するという手もあるので、あまり気負わずに試してみたいです。


そうそう、あとゴムチューブの他にもここがポイントです。


キャノピー。
キャノピーの透明度がリバセン版と違います。トイドリ復刻版ゾイド各種やリバセンでの復刻ゾイド。あと共和国のオレンジキャノピーゾイド各種なんかは全て透明度が下がっています。
メカ生体版は透明度が非常に高いのが特徴です。
そうはいってもそこまでの違いはなく比べれば分かる程度…ですが。

いやしかしヘル・ディガンナーのキャノピーは思っていたよりも色が薄く透明度の違いが一目で分かるほどでした。
これは予想外の収穫でした。

復刻されているものでも当時品を集めると見えてくるものがあるんだなぁ…と思うばかり。

さてアイアンコングを修復し、そしてヘル・ディガンナーの作業も進めねば!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント