亀光砲について

ガノンタスといえばやはり亀光砲。

アニメでも最近は存分に撃ってくれていて気持ちいいことこの上ない。
やっぱりズシンとした重ゾイドが巨大な砲を撃つというのはいいなぁ。
ラプトールに接近されれば反撃はできず、ただ装甲で耐えるしかない。そんな所がまた砲の魅力を高めています。



さてそんな亀光砲を考えたいのが本日です。
今のところラプトール相手に使っている感じですが、
・ゾイドを吹き飛ばすほどの威力がある。
・壁をぶち破る威力でもある。
・ただしゾイドや人への殺傷力はない。

というもの。

一体どういうものなのかなぁ。
ビーム砲やキャノン砲だとこうはならない。強力な殺傷力が伴う筈。
という事で、今のところこれかなと思っているのは「衝撃砲」です。


衝撃砲は代表的な所ではサーベルタイガー(セイバータイガー)、シールドライガー、ディバイソンなどが胸部に装備している砲。
その効果は「敵ゾイドを吹き飛ばす」と解説されています。
おそらくこれらのゾイドは下部に潜り込もうとした敵ゾイドを衝撃砲で吹き飛ばす。
吹き飛んだ敵ゾイドを牙や角や爪で攻撃すると言った装備と想像しています。

この類じゃないかなぁ。
要するにすごい勢いで空気を撃ち出し風を起こすもの。
風といっても使いようによっては破壊力は凄い。
例えばラプトールに向けて発射したとして
1:後方に遮蔽物(壁など)があった場合は、そのまま壁にぶつかって深刻なダメージを負う
2:後方が開けている場合は、吹き飛ぶだけでダメージは少ない

という感じ。

だから劇中でラプトールは吹き飛んだ。けど無傷だった(また放り出されたライダーも)のかなと思いました。
11話では施設破壊もしていましたが、あれはもちろん壁に向けて撃っているから風の逃げ場がなくて穴が開くという解釈です。

どうでしょうね。こういう解釈は。
ただこれだとガノンタスが戦力としてあまり強くない感じになってしまうので、どうかなーと思う所もある。
街中ならともかく、外だと遮蔽物がある場合の方が稀でしょう。
そこで撃っても上で書いたように吹き飛ばすしかできない。
敵を一時的に「撃退」する事はできても「撃破」は難しいのかも。

……という風に考えていたんですが、アニメ最新話だとカンゴク施設内の罠に明らかな大砲が出てきました。
一斉にワイルドライガー&アラシを撃ちまくる。



でもアラシは無傷だった。
何故……。
ワイルドはあまりそういう事は気にしない。「便利フィールドが働いていて人は必ず無事」な力が働いているのかなぁ…。
もともと衝撃砲でほぼ確定だと思っていたんですが、アニメを見てちょと説が揺らいでいます。

どうでしょうね。
まぁ、まだまだ続くゾイドワイルドだからじっくり考えていきたい所でもあります。


大砲といえばもう一つ、説明書に以下の解説があります
「ガノンキャノンは甲羅の外側に付いているという説と甲羅の中に収納されているという説で学者の意見が割れていた」


という事はすなわち発掘当初から大砲は既にあった。
今さらですが、ゾイドワイルドの世界では野生体とキットの状態がほぼ同じです。
野生体の段階から大砲を持っているんだなぁ…。

ゾイドワイルドの「ワイルドブラスト」は人とゾイドが究極の絆を結んだときに発動するものです。
言い換えれば人が不在だと発動しないものと思う。
そんな機能をなぜ野生体の段階で持っているのか。
なぜ人と共に歩むことが前提の装備を元から付けているのか。
この辺に今期ゾイド世界観の根幹があるような気もしています。

謎の多い仕様。
明かされていくといいなと思います。
願わくば砲の魅力もどんどん描いていってほしいなぁと思います。
ガノンタスはもちろんその他にもいっぱい出ると嬉しい。CPとかでも。
そしてその際は人には不思議便利フィールドで人には当たらないではなく、何らかの回答があると嬉しいなぁとも思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント