付録ゲット

久々にメカ生体時代の資料をゲットしました!!


コチラは小四88年10月号付録。
両面印刷で、表面がキョンシーゲーム。裏面がゾイドバトルポスターになっています。
同号の本誌は既に持っていましたが、付録は欠品でした。
今回ようやくそろいました。

という事で早速内容です。


ふおおおおおお、マッドダンダァァァァ!!
めっちゃバトストです。マッドサンダーです。
大暴れしてるぅぅぅぅ!!

うひょー、この号の本誌は「メガトプロスVSゴーレムのバトスト」「マッドサンダー性能解説」の豪華二本立てでした。
この上さらに付録でもこんな熱い資料があったとは。
凄い。まだまだ知らない資料があるんだなあ・・・。
付録冊子は国会図書館でも保管してないです。
奥が深いものよ。

ストーリーも載ってます。

ほほぅ…。
しかしいくら隠密優先つっても・・・、イグアンとハンマーロックじゃ無理でしょうよ。
ブラックライモスやブラキオスでマッドに挑む話はありますが、まぁHiユニット級……この時期の主力だからそうなった状況は理解は出来る。
でもイグアンもハンマーロックも既に全体的に旧式化していた重装甲SP級だからなぁ。
なんという絶望的な指令だろう。

ただ交戦の背景を読み解くと、おそらく戦って勝つ作戦ではなくて爆弾でも設置するつもりだったのでしょう。
ちょうど対暗黒軍の時にキングライガーがギル・ベイダー補給基地に爆弾を仕掛けたような。
ハンマーロックは特に器用に動く腕で工兵のように使えそうだから、このような任務に使用されたのは大いに説得力がある。

しかしパイロットの心境やいかに。
当然、敵が既に稼働状態な事も想定していたでしょう。
もはやそうなったら何もできない。
勝つことはおろか傷一つ付ける事さえできないだろう。
それでも任務だから出撃するんだ…という悲壮さが感じられる。

さてこの付録ですがデカいです。


比較としてバトルストリーを横に置いてみました。
サイズとしてはB3サイズです。
学年誌の付録でもここまでデカいサイズなのは珍しい。
多分ですがメカ生体ゾイド時期のユーザーが入手可能なポスターとしては最大級のものじゃないだろうか。
いいものを手に入れました。

…オマケ
これは10月号の付録ですが、9月号本誌を見ると「予告」がありました。


この時はウルトラザウルスが使われていました。
これを予想していたユーザーは、まさか新たな最強ゾイドだったという事で大きな衝撃を受けたんじゃないかな。

しかしいいものが手に入りました。
これだから資料収集はやめられないぜ。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント