帝国軍主力歩兵

先日の学年誌付録記事に付いての補足とか色々。



改めて大迫力。
しかしマグネーザーでイグアンを倒すとはオーバーキルもいいとこですね。
対デスザウラー装備を喰らったイグアンの心境や如何に。

ストーリーでは「マッドサンダーは完成していた」とありますが、よく見ると天井から伸びる各種パイプが本体に接続されている。
動けるには動けるが、補給・整備中で万全ではないという感じかな。
できれば動いてパイプを引きちぎったりしたくはないでしょう。
その場から動かず・しかし360度全周囲を撃てるキャノンビーム砲や二連大口径加速衝撃砲で迎撃したいところ。
実際に右下のイグアンや左上のハンマーロックは砲で撃たれてるように見えます。

ただ左側のイグアンのみマグネーザーでやられている。
このイグアンのパイロット、錯乱して真正面から突撃しちゃったのかなぁ…。
ただ…、離脱して距離を撮れば砲の餌食になろう。
砲は接近しすぎると死角になってしまう。
距離をとらなかったイグアン。冷静な判断だったのだろうか。
まぁ、それゆえにマグネーザーの餌食になっちゃったんですが…。

イグアンのパイロットにとっての誤算は、角はただの角(レッドホーンのクラッシャーホーンのような)だと思っていた。だから触れても大丈夫と思っていた所にあるのかも。
接近したら「え、この角なんか回ってるんですけど……」となってしまって。
逃げれば(距離をとれば)撃たれる。ここは思い切って近づいたほうが安全…!
そんな冷静な判断をしたのに敵の装備は予想を超えていた。そんなシーンなのかも。
哀れ。


さてイグアンです。
イグアンは帝国軍で主力歩兵を永らく務めた傑作中の傑作です。
だからか、歴代共和国最強ゾイドにやられまくっています。


ゴジュラスにぶっ飛ばされる。


ゴジュラスMK-IIにキャノン砲で撃たれる。こっちもオーバーキルもいいとこだ。


ウルトラザウルスに踏まれる。
これなんてねぇ…、ウルトラはイグアンなんて見てもいない。
見てないのにイグアンはグチャグチャに破壊されてるんです。切ないわぁ…。


こっちだと、先ほどのシーンとは真逆で思いっきり睨まれてる。
イグアン、思わずビビッて横向いちゃってるのが可愛いというか悲壮というか…。

…ところでこの画像はエポック社から出たウルトラザウルス秘密基地爆破ゲームですが、ウルトラザウルスが潜む秘密基地を破壊するゲームではありません。
ウルトラザウルス「で」帝国秘密基地を破壊するゲームです。

すごいなぁ、最強ゾイドで敵基地を破壊。シューティングでいうならラスボスを操って遊ぶみたいな感じです。
このゲームは4人くらいまでで対戦ができるんですが、対戦と言っても互いに戦うわけじゃない。
「誰が一番最初に帝国基地を陥落させるか」という順番争いです。
なんかもう、ウルトラザウルスで攻撃するから余裕しゃくしゃくですね。
帝国が哀れや…。


まぁ、そんなわけでイグアンです。登場シーンは実に多い!
さすがは主力歩兵を永らく務めた傑作機です。
ただイグアンは活躍もけっこう多くて、ゴドスやプテラスを倒しているシーンの印象も強い。だからバランスがとてもとれた歩兵だなと思います。

最強ゾイドは勇ましく敵を破壊するシーンが多い。
その相手はレッドホーンやアイアンコングなどの大型が多い。これは大型ゾイドを倒した方が強さの印象がつきやすいから当然です。
しかし小型ながらにして大型ゾイドに負けぬほどやられまくってるイグアンは大変なもんですね。
まさに主力歩兵、名脇役だと思うばかりです。

とまぁイグアンの話になってしまいましたが、マッドサンダーもカッコいい!
完成直後のキットとは少し形状の違う状態で活躍していますね。
脚の装甲板やハイパーローリングチャージャー付近の排気口形状に注目です。

このシーンを見ていると、やっぱりトリケラトプスは敵を刺す姿が似合う!
ワイルドのトリケラドゴスも、ラプトールあたりを相手にこんな風に勇ましく戦って欲しいものですね。
再登場に期待ですぞ。

それにしても資料収集は果てしないなぁ…。

スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント