思い出の遊び…

先日のレイノスレビューの記事で、
------
子供の頃にも持っていて、凄く好きなゾイドでした。
マッドサンダーは別格としても、手持ちの中ではその次くらいにお気に入りだったかなあ。
ごっこ遊びををする時なんかも、だいたいやられ役はゴジュラスMK-II量やウルトラザウルスに任せて、マッドサンダーやレイノスは味方ピンチの状況に駆けつけるヒーローゾイドの役をやらせていたなぁと覚えています。
想いでのゾイドです。
その辺のごっこ遊びについてもいずれ書ければいいなと思います。

------
と書きましたが、その辺について。

思うのは、当時に今みたいなデジカメがあればなーという事ですね。
フィルムカメラじゃ気軽に撮れん。いやそもそも自分用なんてない。
一生懸命飾ったり雰囲気を作った記憶はあるんですが、画像として残せていないのは惜しいなぁ。

メカ生体時期はホントに画像や映像で残す事が特別な時代だった。
写真講座やコンテストの企画なんかも積極的にされましたが、ハードルは若干高めでしたね。
気軽に使えるカメラというと唯一「写ルンです」がありましたが、それだって小学生にとっては決して気軽じゃない。
なので基本的に遊んだその瞬間だけ。体験したその瞬間だけ。後には記憶しか残らない。
まぁ、それはそれで良い気もしますが…。

新世紀も始動時はまだまだデジカメは高かった時期ですね。性能もフィルム機に比してかなり劣ってたし。
2000年か2001年頃からは携帯にもカメラが付くようになって、コンパクトデジカメも安くなり性能も向上し普及してきたと覚えています。
今はホントに気軽にカメラし更に共有できるんだから凄い時代です。
まぁ、カメラの話はこの辺で。


さてメカ生体当時の自分ですが、基本的にゾイドは飾って楽しむ・動かして楽しむのがメインでした。
最初はぶつけまくって豪快に遊んでいたんですが、マッドサンダーがどんどん破壊されていって…。足の装甲や各種砲の接続軸が折れてしまって…、それで扱いは慎重にやらなきゃいけないと学んだのでありました。
まぁ、その後も小型砲の凹凸部分をはじめけっこう破損しましたが。


飾って、あるいは動かして楽しむのがメインだった自分ですが、稀にやる大掛かりな遊びがジオラマ製作もどきでした。
これは手持ちゾイドを一覧の様にズラリ並べるではなく、ストーリーを考えその通りに並べるような遊びです。
当時持っていたの帝国ゾイドはデスザウラーだったので、これが共和国部隊を大壊滅させる。そこで急遽としてマッドサンダーが駆けつけた。いま逆襲が始まる。みたいなシーンを作っていましたねぇ。

とにかくマッドサンダーをヒーローにしたい。その為には演出として貯めが必要だ。
Z戦士が壊滅状態のところに悟空が到着した的なカタルシスを演出したかったんですね。

やられ役は大抵ゴジュラスMK-II量産型でした。これはもうバトストでさんざんやられっぱなしだったので自然とそうしていた。
ゴジュラス、すまぬ・・・。ゴジュラスは倒してキャノピーを開けると一気にやられた感が出る気がします。

あとシールドMK-IIも同じような扱いでした。シールドライガーは当時たしかマッドサンダーの次に好きなゾイドでした。
ですがそれは青いほう。
白いほうも悪くはないんだけどやっぱり青がいいなぁ…と恨みがましく思っていたことと、やっぱりバトスト内で量産ゴジュラスに次いで定番のやられ役だったのでそうなっていたのでした。
シールドは脚を外すと破壊されて崩れたポーズが付けやすい。これもやられシーンを作るのに適していて扱いに直結していました。

ウルトラザウルスはデスザウラーが破壊する最大目標というか、そんな位置のゾイドなのでやっぱりやられ役に。
ただウルトラは破壊されたポーズにしにくいのが難点で、なので基本ポーズのまま立たせていた。しかしデスザウラーの方の腕を外して角度調整・セロテープやなんかでとめて首を握りつぶしているポーズにしていました。

あとは周囲に中~小型ゾイドを適当に配置して…、現場近くにいよいよ救援に駆けつけるマッドサンダーを置けば当時の自分が最高に燃えたシチュエーションの完成だったのでありました。

これを頻繁にやらなかったのはやっぱり大変だったから。特に共和国ゾイドは色んなパーツを外してヤラレシーンに合致する姿にして転がすから片付けが大変なんですね。
あとは・・・、やっぱり頑張ってもバトストみたいなカッコいいシーンにはならなかったから。
やってる途中は最高のシーンを作るぞ・・・!と意気込んでいるんですが、出来上がったのはなんだかわざとらしいポーズで転がってるゾイドやセロテープでむりやりポーズをかえたデスザウラー。
シチュエーションも最高に燃えるものにしたハズなのに、バトストの展開の方が燃える…。
このごっこ遊びはそんなほろ苦い思い出でもあります。

このごっこ遊びはたまにやっていましたが、思い出としては「バトストを読むときに登場するゾイドを横に置いておく」のが一番楽しかったかもしれない。
ちなみに読みながら寝ちゃったりもしたので、横においておいたゾイドが派手に破壊されたりもしました。最大被害を被ったのは間違いなくマッドサンダーであった……。

とまぁそんな感じで思い出話でした。
こういう子供文化的な部分も残していければいいなと思っています。

今の子はどんな遊びをしてるんでしょうね。
アプリがあるので今記事で書いたようなアナログな事はあまりしない気もしますが…、いや、やっぱり子供の遊びの定番としてやってるのかな?
いずれにしても楽しんでくれていれば良いですね。
便利な時代なので写真や動画でもどんどん残せば良いと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント