最強合体ゾイドの実力5

ちょっと前にケンタウロスの話題を書きましたが、コメ欄を見て更に思う事があったので追記します。

その3で、ケンタウロスは「デスザウラーを倒したという象徴が欲しかった」と推測しました。
共和国軍の士気を圧倒的に下げている悪魔のゾイド、デスザウラー。
これを正面から鮮やかに倒した事実が欲しい。
そんな思惑が見えます。

バトルストーリー3巻には、デスザウラー鹵獲作戦失敗のエピソードがあります。
単独行動中のデスザウラーを狙って作戦開始。
サラマンダーがデスザウラーを攻撃、注意を引き付ける。
その隙にウルトラザウルスが背中のファンを撃ち抜くという作戦。
しかしこれは失敗し、共和国軍全体に「サラマンダーとウルトラザウルスが協力しても倒せない……」という絶望を蔓延させた。

共和国軍は、この後は「中央大陸への進出、その攻略」を方針として取ります。
デスザウラーとの正面対決を避ける方針。これはきわめて優れた戦略でしたが、共和国軍にとってはやっぱり「デスザウラーには絶対勝てないからこんな作戦をしてるんだ…」という思いをいっそう強くするものでもあったでしょう。

さて、対デスザウラー用ゾイドといえばディバイソンです。
「全力で突撃すればデスザウラーの装甲を破れる可能性がある」という淡いゾイド。

さてディバイソン乗りに任命されたパイロット。
「デスザウラーには絶対勝てない」という空気が蔓延する状況だったら、やっぱり喜ぶ者は少なかったと思う。
これがマッドサンダーみたいな完璧に防ぐ・貫く設計ならともかく、ディバイソンは淡い期待を寄せる程度の能力なので……。

ディバイソンがデスザウラーを撃退するには、もう本当に全力での突撃をかまさないと無理。
それは覚悟を決めて迷いなく突撃する事が必要。
なので、新鋭機……対デスザウラー用だがその能力は淡い期待を寄せる程度……しかしこれでどうにか挑まねばならない状況である……。これの就役前において、デスザウラーを倒した事実・象徴はやはりどうしても欲しかったのでしょう。
そうしてケンタウロスの開発が認可された……。

実際にケンタウロスはデスザウラーと戦う事はなかった。
ただ倒しはしなかったが、一応「改造デスザウラーと相打ちになった」という事は期待通りの効果を出したのかな。
デスドッグの詳細は伝わらなかったでしょう。ただ「改造デスザウラー」というといかにも強化されてより強くなったタイプを連想させる。
それと相打ちに持ち込んだというのは共和国兵を勇気付けたのかも。

あと、これはゾイドマンモスのコラムで書いたことですが、ディバイソン乗りの多くはゾイドマンモスからの機種転換であると思います。
ゾイドマンモス乗りの間では「俺達がデスザウラーを撃退したんだぜ」という武勇伝が勇ましく伝わっていたでしょう。
無論それは「極寒地において改造タイプが数で猛攻した」というものですが、それでも自分たちの誇りとして強くあったでしょう。
これに加えて「改造デスザウラーと単機で相打ちに持ち込むゾイドが出た」「我々が次に乗るのは極寒地でなくとも痛撃を与え得る新鋭機である」という要素が加わり、大きく士気向上をしたのだと思いました。


あと、ケンタウロスについて翼があって限定的とはいえ飛べる事が有効と書きました。
これはウルトラザウルスと比べると雲泥の差で、この巨体で山岳でも動けることは驚異的。

ケンタウロスが建造されたのはちょうど共和国軍が中央山脈攻略を進めていた時期です。
ここにも秘密があると思いました。

当時の山岳における両軍戦力を見ると共和国軍優位です。
山岳での中心メカは帝国軍がサーベルタイガー、ヘルキャット。共和国軍はシールドライガー、コマンドウルフ。これは共和国軍かなりの優位。
サーベルとシールドはシールドやや優位くらいですが、ヘルキャットとコマンドウルフの差は大きい。数の上では主力の高速ゾイドがこの差では。

山岳で高速ゾイドを除けば主力として扱われたのは24ゾイド。これも共和国軍優位。やはり後発なのでメガトプロスはデスピオンを上回る。

ゴルヘックスの登場で電子戦でも遅れをとらない。山岳という事を考えればディメトロどんより小型のゴルヘックスが動きやすいでしょう。

更にバトスト3巻の記述によると「帝国軍が、サーベル、ハンマーロック、ヘルキャット、イグアンの4種類しか山岳戦用ゾイドを持たぬのに対して、共和国軍はシールド、べア、ウルフ、ゴドス、カノン、ゴルヘックス、スネークス、ガイサックと9種類ものゾイドを戦線に投入した」とあります。
……山岳でのベアファイターは強そうだなぁ。
帝国軍はハンマーロックが強力機ですが、ベアファイターなら完勝できる。
ブラックライモスが山岳戦に対応していれば…と悔やまれます。
共和国軍は新鋭Hiユニット級で山岳に適したゾイドを続々作っている。この少し後に完成するアロザウラーももちろん山岳戦対応。
対して帝国軍は古いゾイドばかりで戦っている。この辺りが帝国軍の開発限界なんだろうなぁ……。
国力の低い帝国軍は、電撃戦で共和国首都を攻略。それで戦勝するつもりだったのでしょう。その後も戦いが伸びまさか山岳でこのような戦いをするなど想定外だったと思う。

唯一つだけ帝国軍に脅威のゾイドが存在するとすればアイアンコングでしょう。
バトストには「帝国軍が、サーベル、ハンマーロック、ヘルキャット、イグアンの4種類しか山岳戦用ゾイドを持たぬのに対して」と書いてありますが、これは主力戦力でしょう。その他にも多くのゾイドが参加したはずです。
さてアイアンコングは山岳でも良い動きができる。主力と呼べるほどではないが、ある程度の数が山岳戦にも投入されたと想像します。
そして脅威になったでしょう。
シールドライガーならどうにか勝てるかもしれない…が、サーベルタイガーと連携されたりしたら極めてマズい。

ゴジュラスやウルトラザウルスではどうしようもない。
険しい地帯で足をとられロクに動けないまま殴り倒されるだけ…。

こういう状況で、「山岳で確実にアイアンコングを排除できるゾイドが欲しい」という要望が上がったでしょう。
・アイアンコングを確実に排除できる攻撃力を持ち、
・アイアンコングの攻撃にある程度耐える耐久力を持ち、
・山岳地帯でも戦える軽快さを持ち、
・広大な中央山脈を迅速に移動し現場にすぐに駆けつけられる移動力を持つ

まさにケンタウロスです。
中央山脈のアイアンコングを排除するという目的なら量産する必要もない。
ケンタウロスの建造意義はそんな事情なのかもしれない……。

実際、初陣はアイアンコング部隊を倒すという内容でした。
デスドッグさえ居なければ、そのような運用がその後も続いていたかもしれない。
共和国軍は史実よりも優位に山岳戦をすすめ、グレートサーベル登場前の段階で山岳を完全攻略してしまっていたかも……。
こう考えると、デスドッグはフランツが大統領殺害という目標で作った狂気のゾイドです。ですが期せずして帝国軍の危機を消し去ったという事も言える。


ケンタウロスの建造最大の意義は山岳戦におけるアイアンコング排除。中央山脈制覇というこの時期の共和国軍の最大目標を達成するためのゾイドであった。
ただ、もちろん同時にデスザウラーとの交戦も視野に入っている。単機のデスザウラーに理想的な状態で戦いを挑める機会があれば交戦する。不意打ちから猛攻して押し切れば勝利できる可能性は高い。そうすれば全軍からデスザウラーの恐怖を払拭し士気を大きく上げる事が出来る。

ケンタウロスは、そんなゾイドなのかなぁと思いました。
と言う事で追記でした。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント