ステゴゼーゲ!!

今日はステゴゼーゲです。


箱の写真が絶妙ですね。森っぽい感じでステゴサウルスに似合う。
そして後ろの方では爆発が起こっていていい感じにテンションも高いです。
果たしてこの爆発を起こしたのはステゴゼーゲ?

箱を開けて早速組もう。

動力ボックスはトリケラドゴスと同じタイプ。単三電池1本使用。
これがLサイズゾイドの標準なんでしょうね。
またトリケラドゴスと同じく、ワイルドブラスト用ユニットは別にあります。

では作ろう。
ボーン状態

胴体パーツのはめ込みが若干固かったんですが、それ以外はとても組みやすい。
大型ゾイドなのに特に苦労する事もなく完成するのはゾイドワイルドならでは。
しかしその中にギミック構造を知る楽しさがあります。


おおー、いい感じだ。
ステゴサウルスらしいドッシリ感、小顔さ、意外と長い脚などが見事に再現されています。

驚いたのはのどの下側です。

最新の研究によればステゴサウルスののど下には細かい骨片が密集したガードが付いていたとのこと。
これを再現しているのはニヤリです。

では続けて装甲を付けよう


か ん せ い
うぉー、かっこいいじゃないですか。


装甲はお抹茶色ですね。パッケージで見た印象よりやや明るいかな。
やや明るいものの、旧陸軍の隼や疾風みたいな緑だなとも思いました。
…同時発売のグソックが海軍機っぽいカラーで、ステゴは陸軍機っぽいカラー…。
狙ってたのかしら。


配色では他に、オレンジ色のキャップが良いアクセントになっていると思います。
いい色!

色についていうと、

配色パターンはこれに似てる気がします。
正直、全体的に好評とは言い難かった新世紀版ゴルヘックス。
今回のステゴゼーゲの配色はリベンジが込められているのかも。


さて、やはり背中の巨大なヒレが特徴的です。でっかいです。
従来のステゴサウルスと違い、ヒレはブレードになっていて最大の武器であります。
ワイルドブラストではこれを使用する。

ところでライダーはここに乗ります。

思いっきりヒレ付近にまたがってる。
すげー切れそう。新しいタイプの懲罰席が爆誕ですな。

まぁライダーは置いといて。
見せてもらおうか、キミの本能を。
ワ イ ル ド ブ ラ ス ト !

背びれが横に倒れて前後に動きます。うおー、すごいインパクトですな。
これがワシャワシャ動きます。


ワイルドブラストを見ていると、ステゴゼーゲは最新のステゴサウルスから旧時代のステゴサウルスまで、多くの要素を拾ってるという感想を得ました。
最新というのは尾を上げた姿勢であったりのどのガードであったりです。特にのどのガードは驚きました。よく研究されています。

一方、背びれは旧時代の混沌とした時代の学説が見えます。
ステゴゼーゲのヒレですが、よく見ると中央にもヒレがあって合計三列になっています。

ワイルドブラスト時に見ると分かりやすいですね。
もちろん実際は二列です。

ステゴサウルス。
この恐竜は発掘当初の時代においてはヒレがどういう配置だったかが分からず「一列」「二列対称」「二列非対称」で激しくバトルされました。

この図鑑なんかは一列ですね。
ゾイドだとゴルゴドスが一列解釈のステゴサウルスをモチーフにしています。

現在は状態に良い化石が見つかり、ヒレ配置は二列非対称でほぼ決着が付いています。
ステゴゼーゲは一列・二列非対称を複合して搭載しているのでしょう。

機能面も実に興味深いです。
現在は背びれは放熱板だったというのが通説です。
体温調整が出来る=他に先んじて行動できる。だから従来のステゴサウルス型はレーダーや放熱フィンと設定されてきたのでしょう。
しかし今回は格闘戦で使うブレードです。

実はステゴサウルスは発掘当初においてヒレ機能に「防御用の装甲だ」「攻撃用の武器だ」との説もありました。
配置と共にこれも激論が繰り返されたのであります。
珍説では水平角度に倒して飛行用の羽にするなんてのもありました。

現在では飛行用は論外。また防具や武器に使うには強度が低いので無理だろうとなっています。
ステゴゼーゲは、古い説の攻撃用の武器という所を拾って出来たのでしょう。



普段は最新学説にのっとったステゴサウスルに見えます。
この段階では中央のヒレはあまり見えず、二列に見えます。
しかしワイルドブラストすると背びれが横に倒れ、実は中央にもヒレがある事が分かる。
ヒレは武器として使う。

「ワイルドブラストでステゴゼーゲは古い学説の状態になる」
そんな印象を受けました。これはなかなか面白いアプローチですね。

ステゴサウルスは正直とリケラトプスなどに比べて攻撃的ではない。
ならどうするか。ここで古い学説を持ってくるというのは実にユニークです。

この発想は新しい。今後のゾイドの可能性を大きく広げたと思いました。
T-REX型でも、本能解放したら立ち上がって怪獣姿勢(古い学説)になるなんてのもアリなんじゃないかな・・・と思いました。
ゴジュラスギガの構造を再び使う感じで。
ステゴゼーゲで嬉しかったのは、なにが何でも最新学説なだけじゃない、色んな時代の学説を拾う姿勢が見えたことです。


唯一だけ残念だったのは尾のスパイクがあまり目だってない事かなー。

これは実はとんでもない武器で、ぶん回して肉食恐竜と激しく戦っていたそうだ。
この攻撃で傷ついたアロサウルスの化石なんかも出ています。
アロサウスルといったら同時代最強です。それを傷つける武器が目だっていないのはなー……。
一応はテールスパイクという武器名だけは設定されてるけど、パーツを分けて銀にするなどして欲しかったかなー。

でも、今後出るであろうアンキロックスが尻尾で戦うゾイドになるだろうから、その差別化だったのかな。

しかしワイルドライガーにとっては相性の悪い敵なりそうですね。
何しろ背中全体が刃物だから飛び掛ったらマズい。キングオブクローが完全に防がれてるのでは。
ガノンタスの砲撃、あるいは小型ゆえの低姿勢で腹を狙えるスコーピアのヒット&デスの方が有効かな。
(ヒット&デスはナックルコングを数秒沈黙させるだけだったので、より大型のステゴゼーゲにどの程度効果があるかはかなり疑問でもあるが)



ゴルヘックスパイセンと並べるとこんな感じ。
…RZ版と並べた方が良かったかしら。
さすがに電動なのでステゴゼーゲの方が大きいです。ただしゴルドスよりはやや小さい。そんなサイズ感。


トリケラドゴスストはほぼ同じ大きさ。
巨大な頭と超ガッシリした体を持つトリケラに対して、ガッシリしつつも小顔でシュッとしたステゴの対比が面白い。


ギミックは口パク&尻尾振りをしながら歩行です。
しばらく歩くと立ち止まり、自動でワイルドブラスト。そしてその後再び歩行に戻る感じ。
ワイルドブラストのノコギリは良い感じですが、唯一不満があるとすれば切り替えが不可能なことかな。

同クラスのトリケラドゴスは「歩行のみ」「歩行+ワイルドブラスト」という切り替えが可能でした。
ステゴは強制的に「歩行+ワイルドブラスト」の一択です。

ボーン状態のライダーを載せていない状態でもワイルドブラストしてしまう。
トリケラドゴスと比べるとちょっと残念かな。
どちらかというと、トリケラが凄すぎるという感じもしますが。


アニメでの登場はいつになるかな。
恐竜型なので特に楽しみです。豪快な戦いを早く見たいです!
という事でステゴゼーゲでした。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント