素早い動き、共和国軍のスーパーヒーロー

「ゴジュラスMK-II(量)でデスザウラーを何とかせえ」と言われたらそれは一見して不可能ですが、それを求められたのが当時の共和国軍であります。



ゾイド戦史を見返していて思うのは、デスザウラー無敵時代の共和国軍はホントによく耐えたなぁという事です。
攻める時に強いというのはある意味当たり前の話です。不利なときにこそ底力が試される。
反撃された時にどれだけこらえられるか。相手の攻撃を上手くいなして再び攻勢に転じれるか。そういう事ができるのが優秀さなのでしょう。
共和国軍は本当に優秀でありました。

デスザウラー無敵時代、共和国軍軍は正面からの勝利を諦め中央山脈に進出した・・・・・・・というのは有名と思いますが、しかし山岳以外の場所もけっこう頑張ってる。
下は支配域マップの推移。



山岳以外の場所も、ディバイソン就役(反撃本格化)まで見事に持ち堪えてるんですね。
持ち堪えてるというか、わずかだが支配域を回復している。
デスザウラーを擁する帝国部隊から支配域を防衛し、時に少し進撃さえした。その方法はいかなるものだったのでしょう。


帝国軍。山岳ではまぁ不利だったでしょう。シールドライガーはサーベルタイガーを上回る。
小~中型ゾイドも充実している共和国軍を相手に負けたのは仕方あるまい。
でも平地……要するにデスザウラーが行動できる場所ならこうはなっていないように思えます。

何故帝国軍は苦戦したのだろう?
戦略的価値が乏しい地域だから積極的に攻めなかった?
これは違います。
たとえば「アーサー市」という場所はマッドサンダー開発が行われた。少なくとも大規模開発を行える程度の場所ではあります。
これらの場所を陥落させておけばマッドサンダー開発は阻止できたでしょう。

山岳戦にはデスザウラーを投入できない。投入しても効果が薄い。
かといって遊ばせておくのは勿体ない。使えるところで使うハズ。それは十分に行動できる地帯で運用することです。
私は、

支配域マップはこうなっていてもおかしくないと思うんですね。
むしろ何故そうならなかったのか。
というと、共和国軍がホントに頑張って防衛を成功させたのでしょう。


「デスザウラーがその能力を十分に発揮できる地帯においてこれを押さえ込んだ」
山岳戦と違ってあまり注目されない場所ですが、ここにおける部隊は本当によく頑張ったなぁと思います。
これを今回は想像します。


このテーマを考えた時、私は共和国軍の中心メカはゴジュラスMK-II(量)だと思いました。
そして今までひとつもいいとこがないやられメカだと思っていた同機を、いやいや最高の名機だと、共和国軍のスーパーヒーローだと思うようになりました。

山岳以外の場所。ここでの共和国部隊の中心はゴジュラスMK-II(量)だったと思います。
なぜかと言うと、まずシールドライガーは山岳へ大多数が移動しているはず。
ウルトラザウルスも海上に多くがあったんじゃないかと思います。
ディバイソンはまだ就役していない。
必然的にゴジュラスMK-II(量)になるわけです。


ゴジュラスMK-II(量)はいかにしてデスザウラーに対抗したのだろう。
これはやはりキャノン砲かなと思います。
ゴジュラスのキャノン砲はデスザウラーにそんなにダメージを与えるわけじゃない・・・むしろ当たっても気にせず戦い続けるような感じの印象が強いと思います。
しかし、そうはいっても100発当たればさすがに倒せるでしょう。
全く効いていないわけじゃなくて、わずかだが効く感じだと思います。

ここでちょっと戦艦大和の話をします。
大和は「不沈戦艦」と呼ばれた艦です。
これが偽りである事は史実を見れば明らか。大和は魚雷10発、爆弾8発程度を受けて沈んでいます。

でも不沈戦艦という呼び声は「正しい」とする事もできます。
大和は「魚雷一発を受けても問題なく戦闘を継続し」「二発受けてもわずかに能力を落とす程度で問題なく戦闘を継続し」「三発受けたら戦線からいったん引いて修理する」という思想で設計されています。
このように「適切な運用をすれば大和は不沈戦艦である」と言えるわけであります。

話をゾイドに戻しますが、デスザウラーの装甲も非常に強固ではあるが完璧ではない。
このような取り決めがあったんじゃないかなぁと思いました。

「ウルトラキャノン砲を4,5発受けても問題なく戦闘を継続できる」「10発ほど受けたら後退して修理する」ような。
ゴジュラスキャノン砲だと威力が劣るだろうから数は大幅に増すと思いますが、いずれにしろ敵がこちらに達する前に当てまくれば撤退に追い込むことは不可能ではないわけです。


当時の共和国軍は、とにかくゴジュラスMK-II(量)をかき集めて、その横に砲弾運搬用のグスタフ(砲弾装填用クレーン付き)も随伴させてデスザウラーを迎え撃ったんじゃないかなぁ…。
バトストでは2機のゴジュラスMK-II(量)がデスザウラーに挑んで大敗北した回がありますが、あれは2機だったから。
仮に10機居ればどうか(ゴジュラスMK-II(量)はそれを実現する程度に量産されている)。
合計20門のキャノン砲で、しかも砲弾も専用のグスタフがギッシリ持っているから撃ちまくれる。

あとゴルヘックスの就役はデスザウラーよりわずかに遅い位だった。
つまりゴジュラスMK-II(量)がデスザウラーを迎え撃つ際には目の役割になって頂こう。
これにて命中率もそこそこ期待できる。

こうして、共和国軍は死に物狂いで防衛に成功したのかなぁと思いました。

帝国軍はまた、敵地で戦っているからデスザウラーをはじめゾイドには十分な整備が受けさせにくい状況だったと思います。
むろん整備はするだろうけど本土のような設備とは段違いというか、しょせんは前線の施設という感じ。
だから特に少し早めの段階でも後退させる決断を下したりしていたのかも。
そんな風にも思いました。

たまには頑張ってるゴジュラスMK-II(量)を考えてみました。
やっぱり何だかんだで底力があると思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント