今日は24話

今日は24話です。
先週はどえらいシリアス回でしたが、今日はどうなるやら。
ギョーザ・・・というかトリケラドゴスが登場するのでとても楽しみにしています。
ただ今回も割とシリアスになりそうな予感?

ドレイクはまた一旦お休みかな。
意味深な感じだったのでまた早めに登場してほしいなー。
ドレイク・・・。ドレイクは漫画版とアニメ版で最も性格が違うかもしれない。
漫画版だと凄い自信家だし破壊願望が強いしアラシの爺ちゃんを一切の躊躇いなく殺した(結果として鉄板を仕込んでたので生きていたけど明らかに惨殺しようとした)。

アニメ版でも自信家という部分は共通します。ただ漫画版だと自惚れ屋に近い感じだったのに対してそうではないというか。
自分の技量を正しく把握し、なおかつ敵の技量も正しく見抜いているので「正しい自信」というか、状況把握がキチンとできてる冷静な印象が強いです。

あとアニメ版最大の違いは無益な殺生を好まない所にあるかも。
上記したとおり漫画版だとじいちゃんを容赦なく切り裂いたけど、アニメ版だと最初の方の話でデスメタル一般兵がアラシの村を「焼く準備が出来た」と言った所「放っておけ」として止めた。
これが意識的だったのかは分かりませんが、結果をいえばアラシの村は救われた。

もしあの現場にドレイクが居なければ……、既にシュプリーム団もアラシ(ワイルドライガー)も居ない村はデスメタル帝国に抗う術がなかったでしょう。
全滅かカンゴク行きか……。
……ところで、ドレイクが制止しなければ村は焼かれていた。これはとても重要なことだと思います。
シュプリーム団は「そうなる可能性がある状態で村を去った」のだからえらい事です。
意地の悪い言い方をしますがデスメタル帝国の進撃を一時的に喰い止めたとしてそれは解決じゃない。
首を突っ込むなら徹底的に周囲一帯のデスメタルを殲滅するか、奴らにその気がなくなるまでその地に留まり撃退を継続すべきであった。
というのはちょっと厳しい見方すぎるかな……。

ドレイクに話を戻します。
アニメ版だとドレイクは無益な戦いはあまり好んで居ない感じがします。
タケノコ回でも戦う意思がなかったし。
23話でもデスブラスト実験に対して嫌悪感を示していたし、暴走したレインこそ切り捨てたものの人間についてはむしろ危害を未然に防ぎ守るように動いていた。
無意味な戦いは避け殺生もできるだけ回避してる感じがする。
ドレイクの過去はとても気になります。
ギョーザも良いけど早めにドレイク回が巡ってくるといいなー。
ただステゴゼーゲの活躍も早く見たいし、なかなか難しい所でもありますね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント