ゴルドスを考える

共和国の大型砲を語る上で避けられないのは、「ゴルドス・シャイアンがなぜに量産されなかったか」という問題です。


シャイアンというのは「大型ゾイド用改造セット」の箱に載っている仕様。

あとマンモスもキャノン砲を背負った仕様が紹介されています。


こちらは特に愛称は付いていません。


キャノン砲を積んで量産されたのゴジュラスです。

でも、実際はゴルドス、マンモスに積んだ方がいいのは明白です。
なぜかというとゴジュラスは格闘戦で真価を発揮する機体。その能力で言えばアイアンコングよりも上。
ゴジュラスMK-IIが誕生したタイミングで言うと、敵側で「格闘戦でゴジュラスを倒せる」というゾイドは存在しなかった。

絶大な格闘能力は最大限に活かした方が良いと思います。
キャノン砲を積めばわずかながらも格闘力が低下するでしょう。
実際、ゴジュラスのノーマルタイプを指して「格闘力だけなら新型のMK-IIより強い」とした資料もあります。



アイアンコングに遠方から撃たれた。だからキャノン砲で対抗した。
この考えは正しいものです。
でも搭載するのがゴジュラスである必要は無い。
特に「連携」を得意とする共和国軍なら、
1、ゴルドスやマンモスにキャノン砲を積む。
2、これらに支援砲撃をさせる(アイアンコングに対する先制攻撃)。
3、生き残ったコングはゴジュラスが格闘戦で仕留める。
そんな事をした方が良い気がします。

ゴルドスもマンモスも機動力の低い機体ですが、「ゴジュラスと行動を共にする」位はどうにかなるでしょう。
他にも利点はあります。
マンモスは寒冷地を除いては戦力不足であった。輸送機として運用された時代もあったようですが、グスタフの登場と共にそれも終えた。
だから余剰機が大発生していたはず。
これにキャノン砲という外付け装備をつければ再び活躍できるではないか。
もはや「砲台」という扱いはマンモスにとっては不本意かもしれない。でも兵器としてこれほど理想的なアップデート・延命はありません。

ゴルドスもゴルヘックス就役後は余剰機が大量発生したはず。
もはや偵察・通信機としては能力が低く巨大で移動力も低い。ゴルヘックスに比していい所がない。
しかしこれもキャノン砲を積んだなら再び優秀な支援機として返り咲けるはず。

でも現実にはキャノン砲を積んだゴルドスやマンモスは量産されませんでした。
ゴルドスは惜しい所まで行ったのかな。シャイアンという愛称が一応付いた。もう少し頑張ればゴルドスMK-IIとして制式採用・量産されていたかも。
でもマンモスは愛称さえ付いていない。こちらは試作だけに留まった事が伺えます。

バトストで両仕様が登場する事は無かった。
ただ改造セットの箱やカードでわずかに登場した程度で…。


格闘力が低下する。それを承知でキャノン砲をゴジュラスに積んだ。
これはなかなか不条理なことです。
例えるなら……通じる人が少ないかもしれないけど「航空戦艦」を思いだします。

戦艦伊勢は太平洋戦争中に後部を飛行甲板に改造されて航空戦艦になりました。
飛行機の運用ができる戦艦です。


航空機を何機か運用できるようになった(利点)のですが、逆に砲撃力は砲塔が二基撤去されてダウンした(欠点)。

もう一つ艦の改造を紹介します。
日本軍は開戦と同時に保有する大型豪華客船…言い換えれば戦時中においては必要ない艦…を空母に改造しました。

改造前と改造後。

客船としては当然使えなくなったけど、戦時中なのでむしろそんな事は構わない。
空母として戦い有力な戦力となりました。

ゴジュラスにキャノン砲を付けるのは航空戦艦伊勢のような。
マンモスやゴルドスにキャノン砲を付けるのは客船改造空母のような印象を持ちます。

もちろん共和国軍もマンモスやゴルドスの余剰機をアップデートし再び有力な戦力たらしめようと思ったでしょう。
しかしゴジュラスがキャノン砲搭載機に選ばれたのは、何らかの理由によりゴルドスやマンモスには積めなかったからだと思います。
これを私は脚部に見ています。


マンモスやゴルドスの脚はビガザウロと同じ。ビガザウロを支えるための足だから、キャノン砲の発射衝撃などに耐えられなかったと推測しています。
むろん無反動砲だから大きさの割りに衝撃は低い……といってもそれなりには発生します。
なので数初程度はともかく実戦部隊で無数に撃ちまくるような状況では運用できなかったのだと思います。
特にゴルドスはビガザウロから比べて圧倒的に重量が増えています。これは電子機器の重さでしょう。
ノーマルタイプの時点で既に脚部は限界が近かったのかも…。

ゴジュラスは独自の脚です。しかもビガザウロと比べ物にならない位に太く頑丈。
ここをクリアしていたからキャノン砲搭載機はゴジュラスになった……と思いました。


と、ここまでは以前から何度か書いていたことです。
今回はこれに追記します。

この問題をややこしくしているのは機獣新世紀の事情でもあります。
機獣新世紀ゾイドではゴルドスは重砲部隊に配備されてキャノン砲を積んだ仕様も多く運用されている模様。

公式ファンブック2巻によると、配備されているゴルドスは400機程度。
このうち偵察部隊に200機、銃砲部隊にキャノン砲を積んだタイプが200機配備されているらしい。
偵察機と同数がキャノン砲を積んでいる。もはやキャノン砲を積んだタイプは当たり前の仕様になっているようだ。
これはどういう事か。

これについて考えたのですが、多分ゴルドスは「機獣新世紀時代の共和国機の中では最も大幅な近代改修がされたゾイドなのではないか」と思いました。

新世紀の復活組は古い時代のゾイドが多い。ゴジュラス、ゴドス、ガイサック、プテラス、バリゲーター、そしてゴルドスなどです。
ただ、よくよく見ると復活組の中で最も早期に退役したゾイドはゴルドスです。

ゴジュラスやプテラスは大陸間戦争終結時まで現役。
バリゲーターは大陸間戦争初期まで現役。
ゴドス、ガイサックは中央大陸戦争終結時まで現役でした。

しかしゴルドスは中央大陸戦争中期…ゴルヘックス完成後に退役していきました。
なので他のゾイドと事情が違ったと推測します。

ゴジュラスやプテラスは工場の生産ラインをそのまま使えば良い。
ゴドスやガイサックも、比較的近年まで稼働していたから再生産の態勢を整えるのは可能。

しかしゴルドスは退役してから長いので、再生産の態勢を整えるのがかなり困難。
むろんゴルヘックス最就役の目処が立っていない今、そうするしかないのだが……。
そんな状況だったと思います。

なので生産ラインを再建する中で最も多くの調整が入ったと思います。
ゴルドスは設定面での改定がとても多い。尾部のレーダーはチタンスパイクになった。口にはバイトファングが付いた。
キャノン砲もウルトラキャノン砲の技術をフィードバックし構造がレールガンになったと思います。

この時のゴルドスにとって都合が良かったのは、「ビガザウロとマンモスは再就役の予定が無かった」事でしょう。
だから両機の事は気にせず「ゴルドス専用」として設計を改修できたと思います。
ビガザウロに比べて非常に重い機体です。
上では、ノーマルタイプの時点で既に脚部は限界が近かったのかも…と書きました。
見た目こそ同じですが、新世紀ゴルドスの脚はかなり強化されていると思います。

またこの時代はゴジュラスが激減していました。しかしキャノン砲の製造技術はある。そんな状況。
なのでゴルドス再設計に際してはゴジュラスキャノンの運用を見込んだ設計になったと思います。

という事で、色々考えると実は共和国側でメカ生体時と比べていちばん強化されたのってゴルドスでは? と思ったりしました。
サーベルタイガー→セイバータイガーくらい向上しているかもしれない。

まぁもっとも、そこまで向上したとはいえ元が弱すぎるのでちょっとやそっと強くなったところで地味。
ヘルキャットの群れに倒されるしデススティンガーの養分にされるし。そんな所が目立っていたのは哀愁な所でもあります。
しかし間違いなく名機ですね。
新世紀の時代においては迫りくる帝国部隊をキャノン砲を撃ちまくって迎撃、メカ生体時代にゴジュラスMK-IIがデスザウラーを撃退していたような戦いをゴルドスがしていたのだと思います。
そう思うととても熱いものがあります。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント