ゴジュラスMK-IIとかグレートサーベルとか

最近こういう話が多いんですが、今日もそんな話。

ちょっと前にゴジュラスMK-IIのデスザウラー撃退シーンを想像しました

ゴジュラスMK-II量産型は正直弱い印象があると思います。
それはもうやられまくっているから。
でもよくよく考えると、中央大陸戦争時代に格闘戦でゴジュラスを倒せる帝国ゾイドってデスザウラーしか居なかったんですよね。
キャノン砲に耐えるのもむろんデスザウラーだけで、他はのきなみアウト。
それなのにヤラレメカの印象が付いているとは…、どんだけデスザウラーの印象強いねん! っていう事を改めて感じます。



…もうちょっと加えるとグレートサーベルには近接戦闘で負けた事があります。
(小一のバトスト)
この時は速度差に対応できなかったとの事。

サーベルタイガーに対しては同じ状況でありながらも頑丈さとパワー差を活かして強引に勝てた。
ですがグレートサーベルの8連ミサイルを至近距離から浴びればゴジュラスの防御力をもってしてもかなりのダメージになったのかもしれないなあ…。
高機動ウイングを持つグレートサーベルは空中でも姿勢制御ができるだろうし、捕え辛さはノーマルを大きく上回ろう。
8連ミサイルで先制のダメージ。更に圧倒的運動力で体力を着実に削る。
こうしてグレートサーベルは勝ったのかもしれないなぁ。
むろんゴジュラスの武器を前にしては”紙装甲”でしかないグレートサーベルだから一瞬でも気を抜いたらマズイという緊張感はあったと思いますが。
(戦力比較表で言うと「1対1」になると思う)

共和国ゾイドまで含めると、ゴジュラスに格闘戦で勝てるゾイドって何だろうなぁ。
大陸間戦争時代ならともかく、中央大陸戦争時代なら少ないと思う。
マッドサンダーはまぁ圧勝として、ディバイソンはどうかな。
ディバイソンはノーマルコングと互角です。
コングは格闘戦でゴジュラスに負ける。ということから考えればゴジュラスが勝ちそうでもあります……が、17門突撃砲と超硬角を受ければ危ういか…。
なんたって対デスザウラー戦を想定した戦法だからなぁ……。

でも、中央大陸戦争時代においては最後まで「強いゾイド」であり続けたとは言えるかな。
やはりゴジュラスは偉大なゾイドだと思います。


大陸間戦争のゾイドは…、なんていうかドーピングしまくってるイメージがあります。
「ゾイド本来の強さ」という意味では中央大陸戦争時代のゾイドが上と感じます。
グランドカタストロフを生き抜いたゾイドのほとんどが中央大陸戦争時代の種類だった事はそれを証明しているんじゃないかな。
色々考えていると、機獣新世紀ゾイドの初っ端で「ゴジュラスが最強」になったのは納得な気がします。


グレートサーベルの話が出たのでこちらについても。


グレートサーベルはディバイソンよりも強く描かれる事が多かった。やはり凄い強化仕様だなぁと思います。
シールドライガーMK-IIがチグハグな仕上がりな事と対照的です。

ただ帝国はヘルキャットを同時期にアップデートできなかったのが大きなミスと思います。
強力グレートサーベルは戦場マップに大きな影響を与えましたが、決定打にまでは至らなかった。
もしもグレートサーベルを最適に補佐できる新型機が存在していれば、より大きな影響力を持った事でしょう。
シールドライガーMK-IIより完成度は高いと思います。
しかし「シールドライガー&コマンドウルフ」と「グレートサーベル&ヘルキャット」では残念ながら共和国側に軍配があがるでしょう。
この辺は帝国の技術力と戦略的見地の低さを思います。

ライジャーは多分開発が遅れていたんだろうな……。その理由はスペックを求めすぎたから。
もしコマンドウルフと互角程度の状態で満足して量産していれば、もしかして戦いの推移は大きく変わっていたかも。
帝国はライジャーに超スペックを求めていたとしても、コマンドウルフ程度の状態になった時点で一旦「先行タイプ」のような形で量産し、そして生産運用しながら強化仕様の完成形を目指すべきだったと思う。


話をグレートサーベルに戻しますが、これとアイアンコングだとどっちが強いかなぁ…。
ゴジュラスMK-IIやディバイソンに勝ったグレートサーベルだから、アイアンコングにも勝てそうな気はします。
でもここは相性問題もありそうな気もします。ゴリラ型の長い腕は高速ゾイドにとって大きな脅威。
ゴジュラスだと前脚で届く範囲が狭いから対処がしやすいけど、コングはカバーできる範囲が極めて広い。
かといって火器だけで仕留めるのは厳しいだろうし。

アイアンコングとの戦力比だと互角程度かなぁ…。
ウイングを背負ったコングMK-IIだとコング優位くらいかな? と思います。


グレートサーベルは当時熱狂的な共和国派だった自分を、思わず「カッコいい…」と漏らさせたゾイドです。
満月をバックにシールド部隊を葬ってるシーンです。
シールドライガーという好きなゾイドベスト3に入ろうかという機体を倒しているシーン。それありながら憎悪でなく惚れて思わせたのは凄いよなあ。
くやしいでも感じちゃうってやつですな。

ゴジュラスMK-II量産型は当時共和国派だった自分をもってして「しっかりせぇよ・・・」と半ば呆れていたゾイドでした。
一応、当時持っていたゾイドですが、ノーマルが良かったけどMK-II量産型しか売ってないので”仕方なくそうした”感じでした。
(でも買ったらちゃっかり思ってたよりずっとカッコいいやんけ…と思ったわけですが)

今にして考えると、当時敵だけど惚れてしまったグレートサーベルは更にカッコいいと思える。
そして味方だけど半ば呆れていたゴジュラスMK-II量産型もどんどん魅力に気付けているのだから、いやあ長くファンをしていると色々といいなぁと思う次第であります。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント