ブラストクロップのアレコレ追加

せっかくなのでブラストクロップのアレコレ追加

何となくイノシシって共和国側にこそ似合うモチーフだとも思いますが、あえて帝国側で。

本機は極初期の技術の洗練しきっていない帝国軍のイメージを込めて不恰好に作りました。
不恰好な仕上げというのは猪突猛進、パワーはあるが立体的な動きは苦手なイノシシのイメージと合致している気がします。
ただ全体的に不恰好ではあるが「部分的にいえば先進的な部分もある」とも意識しています。

たとえば三菱が作った七試艦上戦闘機というのは性能が全体的に悪く不採用になりました。操縦性、安定性、視界性が劣悪でありました。
これの代わりに採用されたのは九五式艦上戦闘機。もちろんこちらの方が性能が良いものでした。
でも、不採用の七試にも光る部分はありました。

九五式は旧式然とした複葉機。七試は低翼単葉の近代的スタイル。脚部も九五式はフレームがむき出しなのに対して七試はスパッツで覆い空気抵抗減に努めています。
その他にもいろいろと光る部分はありました。

「技術的に洗練されていなかったので性能が悪く不採用になった」といっても、開発した当人達は本気で良いものを作ろうと死力しているので「全ての部分で悪い」となる事はほぼありません。
「ここは良いな、先進的だな」と思える部分がありつつも、全体的に見れば性能が悪いので不採用になる場合がほとんどです。
(ちなみに三菱はこの失敗を生かして数年後には伝説的傑作機の96式艦戦や零戦を製作している)

ブラストクロップは部分的には先進的というか、後のゾイドにつながるような所も意識しています。
一つはレドラーやデスザウラーに見られるこの部分…、

これを意識してデザインに取り入れています。

次に胸部には衝撃砲。
後にサーベルタイガー、ブラックライモス、ディバイソンなどが同位置に装備する定番砲です。
これを一足先に装備させました。
装甲の付き方は後にブラックライモスに発展する……ような事を意識して配置しています。背中のラインは少し似せたつもりです。

このような先進的な部分がある一方で、鼻先に超巨大エアインテークがあるなど突撃機としてどうなの? という所もあります。

火力は独自装備は衝撃砲と40mmテイルガンのみ。あとは帝国共通武器セットとグレートランチャーです。
グレートランチャーというのはレッドホーンが脚に装備している砲です。どういう砲なのかは謎ですが、モルガやイグアンも同名の砲を持っているので初期帝国の定番装備だったのでしょう。
全体的に大型ゾイドとしては軽火力ですが、開発時期を思えばこんなもん。
ビガザウロ、マンモス、ゴジュラス。これらと比べれば相応です。
むしろ開発時期を考えればレッドホーンがバケモノ火力すぎる。


ブラストクロップ開発チームとしては、ゴジュラス無敵時代に開発されたゾイドだからそれほど火力を重視していなかったわけであります。
火器は群がる小型ゾイドを排除できればそれで良い。ゴジュラスは体当たりで仕留めるわけだから、そこにこそパワーを回したほうが良いだろうという考えです。
開発チームはレッドホーンを見てむちゃくちゃ焦ったと思う。
え、なんか火力凄いんですけど……。

帝国共通武器セットとグレートランチャーがレッドホーンと共通しています。
これは、たとえば戦闘機の開発なら開発指示で「20mm機関砲を4門装備すること」のように搭載する武器があらかじめ指定されている事がほとんどです。
レッドホーンもブラストクロップも、帝国共通武器セットとグレートランチャーを装備するよう最初から指定されていた。
「それを装備した上で余裕があれば独自装備を載せる」という工程で独自武器が付いたと想定しています。

ちなみにグレートランチャーというのはこれです。

脚の装備。小型砲です。
この部分に設定があるのはメカ生体のみ。新世紀では設定されていません。


分かりにくいけどここと後ろ足の付け根近くに付けています。

ブラストクロップ戦力比較表~
せっかくなので妄想。こんな感じを想像しています。

VSビガザウロ→勝利
これはさすがに勝ち。
火力では互角やや優位くらい。ただ「前方に一斉に撃てる門数」でいえばブラスとクロップの圧勝です。
しかも、さすがにビガザウロに比べれば速度・運動性共に上なので、常に良い位置を取れます。
砲戦でも勝てるし、もちろん突撃をしても良し。
ただし……、ビガザウロは索敵力では勝ります。先手を取られて鼻のインテークを撃たれれればマズいでしょう。

VSゾイドマンモス→引き分け
互角程度。
パワーではゾイドマンモス優位。
お互いに不器用な突撃機という点で非常に似ている。パイロットの腕次第でしょう。
今回のブラストクロップは「帝国版ゾイドマンモス」のような位置の不器用さを目指しています。なので強さもこれくらいに落ち着けたかったのであります。

VSゴジュラス→負け
ブラストクロップの砲ではゴジュラスにダメージを与えるのは難しい。なので突撃が唯一の方法になります。
が、側面や背面から突撃しても尻尾で返り討ちに合うでしょう。(ゴジュラスの尻尾は極めて脅威であり、レッドホーンもアイアンコングもこれでよく破壊されている)
正面からだと76mm連射砲で迎撃されてアウト。
レッドホーンだと分厚い前面装甲で耐えながら突撃できるんですが、ブラストクロップは耐えられない。
また76mm連射砲の射角を考えてみましょう……。これはちょうどブラストクロップの鼻、インテークを狙いやすくなっています。
仮に76mm連射砲を受けなかったとしても、レッドホーンの突撃を片腕で軽くいなすゴジュラスだからブラストクロップでも厳しいでしょう。
どうあがいても厳しい戦い。

VSゴルドス→負け
おそらく接近前に105mm砲を食らってアウト。
優秀なレーダーで遠距離からブラストクロップをとらえ105mmキャノンを猛射。
「一直線の突撃は得意だが複雑な動きが苦手」なブラストクロップは動きが非常に読みやすい=ゴルドスにとっては非常に当てやすい。
しかもレッドホーンだと正面装甲なら105mmキャノン砲に耐えると思います。撃たれながら強引に接近する事が可能という事です。
しかしブラストクロップは一発当たればアウト。それどころか至近弾でもマズい程度の防御力なのでかなり厳しい。
もっともゴルドスはゴジュラスよりも後に登場したゾイドで、ブラストクロップは対ゴルドス能力は求めていません。これは仕方ないでしょう。
なお奇跡的に接近できれば勝つでしょう。接近できればですが…。

という感じでブラストクロップの追記でした。
こういう不器用なゾイドが大好きです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント