スパイデス!!

スパイデス!

箱が必要以上にカッコいいぞ!
なんかグレートサーベルを思いだす背景でばっちりきまってます。
こんな最高にクールな背景をキワモノのクモ種ゾイドに使うタカラトミーのセンスが大好きさ。

スパイデス。
ぜひともカマキリ型ゾイドと並べて「お前はスパイカー?」「私がスパイデス」というしょうもない遊びをしたいものですな。

さて期待の新型キワモノです。アニメにも漫画にも未登場。今後に期待のゾイドをレポートします。

さてまずはボーン状態。

クモなのに骨格とはこれいかに という状態ですがワイルドではつっこんではいけない。


ひえぇえ・・・、これはヤバイ。何ともリアルなクモですよ。たまらないですね。
ゾワゾワするくらいリアルなクモ。こういうのが苦手な人はプラスチックと分かっていても触れないんじゃないかな。
そう思うくらいにクモしてます。

一方でメカニックの造りが非常に細かくて驚きました。
目立つのは脚部でしょう。カブターなどにも劣らない細かい造りでリアル感満点。
あと付け根などにも細かいモールドがあって良い感じ。細かい注目されにくい場所にまで手が込んでいるのが凄いと思いました。

腹部もいいですね。大きなモールドと細かなディティールの緩急の付け方も気持ちいい。
あと裏面にまで抜かりなくモールドがあります。これは凄い。
全体的にメカとして凄く良くできてます。

特に気に入ったのは腹側のこのパーツ。

胸筋の具合が非常に生々しいですね。生物感とメカ感が非常に高度に融合しています。
これはいいぞ!

では装甲も付けましょう。

かんせい
すごいインパクト。


色は薄紫。パッケージよりも薄い印象がします。
色は赤か白か。あるいはもう少し毒々しい色にした方がクモのイメージに合致したんじゃないかなーとは思います。
ちょっと弱い感じがする。
でもクモの持つ妖しいイメージ。妖しいといえば紫色。なので悪い選択ではないかな。


装甲のこの部分が人間の頭骨に見える。
この辺が「DEATH」なんでしょうね。凝ってます。


それにしてもスパイデスは目ヂカラが凄い。
いやー・・・骨格形態でも書きましたがこういうのが苦手な人はプラスチックと分かっていても触れないんじゃないかな。そんな位にリアルです。

一方で、装甲もやはりメカニックとして良い作りです。メカとしての魅力にもあふれています。
そうそう、腹部が開きます。


メンテ風景なんかを想像できますね。こういう事が出来るのもメカニックとしての魅力を高めています。

思うに、スパイデスはモチーフ再現・生物らしさを極限まで求めている。見た目から不快害虫とされる事さえあるクモを臆する事なく徹底して再現している。
一方でメカニックも超一流の造り込みをして両者をぶつけてる。両要素とも一切の妥協が無い。
結果として生物らしさとメカらしさが共に高いスパイデスの完成度に至ったと思います。

「モチーフ再現・生物らしさの徹底追及」「メカニックの高い造り込み」これを複合させる事で出る魅力。
これはゾイドデザインの基本で全ゾイドに共通する事ですが、特にスパイデスは高い次元になっていると思う。
なぜかというとズルい言い方をすればヒーロー性の高いモチーフの場合は造り込みレベルを下げても仕上がりはまぁそこそこカッコよくできる。
でも虫なんかのキワモノはそんな妥協が許されないカテゴリーだからです。
もはや一切の妥協をせず造り込む他はない。
ましてキワモノの中でもクモです。
サソリだってグソクムシだってキワモノ系だけど、クモはそれらと比べてさえキワモノ度が高い。
だからホントにもう徹底的に作りこんだのだと思います。
(念のために書いておくがこれは他のゾイドの造り込みが弱いという意味では決してない)


過去のクモたちと共に。モチーフ再現度がスパイデスは飛躍的に高いのが分かります。
グランチュラやショットウォーカーは腹部(後体)がないもんなぁ…。
ギミックとの兼ね合いゆえと思いますが、過去のクモは「強いて言えばクモ型」というレベルにある気がする。

スパイデスはクモ型としてホントに徹底していると。過去のクモはギミックとの兼ね合いからモチーフ再現が半端になった…。その強烈なリベンジが感じられます。
スパイデスはかなーりお気に入りのゾイドになりました。


こちらはカスタムブロックスのハルパースと共に。
ハルパースが思ってたよりデカい!

ハルパースもかなーりお気に入りのゾイドです。
造り込みが良いですね。特に足の作りの細かさ的確さはカスタムブロックス中では最高だと思う。

ただやはりカスタムブロックスなので色が一色だし動力がないのは惜しい所でした。
スパイデスは今までのクモ型ゾイドの無念を晴らすべく凄まじく張り切って造り込まれた感じがします。


ワイルドブラスト!

脚部を持ち上げて敵に突撃します。
ガシッと相手を抱きかかえて毒を注入する!


ライダーの姿勢は水平が保たれる優しい仕様です。

・・・なお、

これをするとライダーが辛すぎるんですが、こういう形の方がカッコいい感じもする。
敵を威嚇してる姿としては良いかもしれませんね。
ライダーにはまぁ我慢してもらいましょう。
ガブリゲーターに比べたらなんぼのもんじゃい。


ギミックは脚をゾワゾワ動かしながら動きます。
構造がなかなか面白くて。というのもグランチュラとは全く違う構造です。
グランチュラの構造はスコーピアに引き継がれていました。なのできっとスパイデスでも使われるだろう・・と思っていたんですが良い意味で裏切られました。

説明しにくいんですが、ええと。
スパイデスは車輪式で前進するゾイドです。
で、車輪で前進する際に足は付け根がゆらゆら揺れます。
足の半分(4本)は固定されています。残り半分(4本)はプラプラと遊ぶ感じで付いています。
付け根が揺れた際にプラプラな方はあわせて揺れる。これにより脚が8本とも動いているように見えるようになっています。

うーん・・・、上手く説明できてないな。ぜひ実物を見てください。
ワシャワシャ動いている感じはグランチュラに劣ります。が、これも新しい動きの構造であった点も含めてとても良いと思いました。

ちなみにゼンマイは尾部に入っているパーツで巻きます。

かなり工夫されていますね。
が、正直これで巻くよりタイヤを回して巻いた方が早いかも。
動かす時はお好きな方でという感じで。


と言う事で、全体的に凄く良かったです!!!!
大満足のスパイデスです。
糸で釣ったりも出来るようなのでそれも試したいなー。


ただわずかに難点もありました。
デザイン、ギミックなどは文句の付けようがないんですが、パーツが他のゾイドに比べてかなり硬くて、造っている時に破損の危険を感じる時もありました。
また装甲を付けたら非常に外しにくくなるパーツもあります。
特にライダーが乗る位置の装甲は硬い上にヘタに外すとパーツが折れそうな形で改善が必要と思いました。特にキッズが強引に力で外そうとすると高確率で折れそう。
こういう部分は二次、三次ロットと生産を重ねる中で調整されていくといいなー。

ゼンマイの巻きのパーツも少し外しづらい。硬い。
スパイデスは全体的に調整が必要な印象を受けました。

そんなわずかな難点も感じつつ、でも総合的には傑作キワモノゾイドが来たぞ!!!!っていうテンションだだ上がりな感じです。
これはオススメです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント