ゴジュラスVSデスザウラー

こちらの記事のコメ欄でゴジュラスVSデスザウラーの戦力比較表についての考察を頂きました!
とても興味深い話題なので、私もこれを考えてみます。

ゴジュラスVSデスザウラーは、バトスト3巻の戦力比較表で示されています。

ノーマルタイプなら8機
MK-II(量)なら5機
MK-II(限)なら2機

この機数で計算上はデスザウラー1機と互角に戦えるとされています。
今日は「ノーマルタイプ8機VSデスザウラー1機で互角」とされている部分を考えていきます。


デスザウラーとゴジュラスを比べると…、大相撲の力士とわんぱく相撲のチャンピオンくらいの違いがあるんじゃないかなぁと思います。
戦法が同じなので力量差がモロに出てしまうのがゴジュラスにとっては厳しい……。

それでも一応、ノーマルゴジュラスは油断できない相手だと思います。
なぜなら、デスザウラーがゴジュラス駐屯地を襲撃した戦いにおいて、帝国軍は24ゾイドによる偵察を徹底していた。ゴジュラスの位置を最優先で調査しデスザウラーに伝えていたからです。
これはやはり、ゴジュラスがデスザウラーを損傷させる可能性が「わずかだがある」ということなのでしょう。

とはいえ、私のイメージではゴジュラス8機で互角に戦うのは厳しいんじゃないかなーと見ています。


この図のようにデスザウラーとゴジュラス部隊が進んで、やがて距離が詰まって交戦するとすれば、荷電粒子砲を撃たれて8機まとめて消滅しそうであります。

荷電粒子砲はこのように部隊単位で消滅させてしまうのが恐ろしいところです。

荷電粒子砲がある限り、ゴジュラスは「密集」する事は自滅に等しい。
では分散させればどうか。例えば4機と4機の2部隊に。


こうすれば一気に全滅する事態は避けられます。
ただこれも…、片方の部隊を荷電粒子砲で消滅させ、残りの部隊を格闘戦で倒せばデスザウラーが楽に勝つと思います。


ゴジュラス4機では格闘戦で勝つのは厳しいでしょう。

デスザウラーが接近戦でゴジュラスを倒すには「爪で引きちぎる」「尻尾でぶちかます」「頭部の砲を当てる(※)」のいずれかでOKです。
※これはシールドライガーを貫く位の威力がある。ゴジュラス駐屯基地での戦いにおいてもデスザウラーはこれでゴジュラスを破壊した。

ゴジュラスが4機で4方向から攻めたとして、デスザウラーは3方向の敵までは同時に対処できる。
1機を爪で引き裂き、もう1機を尻尾で吹き飛ばし、更に1機を頭部砲で倒す。こんな事が可能です。
(腕は二本あるので理論上は4機を同時に倒せるが、そこまでは上手く行かないだろう)

3機アウト。
難を逃れた1機のゴジュラスはデスザウラーにアタックできる…。
でもデスザウラーの防御力なら、ゴジュラスからの一撃程度は余裕を持って耐える。
なので「3機同時に倒す」「生き残ったゴジュラスから一撃もらう」「耐えたデスザウラーが振り向いて反撃、ゴジュラスを倒す」となると思います。


では3つに分散させれば。

3機、2機、3機。
こうなると1つの部隊を倒されても5機または6機残ります。

いっそ4つに分散。

2機、2機、2機、2機。
これだと荷電粒子砲を逃れるゴジュラスは確実に6機……。

ただ、分散するというのはそれはそれで危険でもあります。

たとえば4部隊で攻めるゴジュラスに対し、まず中央のどちらかを破壊。
その後に、

矢印のように移動し、その位置の部隊と交戦し撃破します。
デスザウラーはゴジュラスよりも足が速いので、3、4の部隊が到着するよりも先に1部隊の位置に移動できる。
遅れて現場に3、4の部隊が到着しても4機では倒せない……。


そもそも、ゴジュラスでデスザウラーを倒すにはどうすればいいんだろう。
火器は論外。最大火力の72mm連射砲でも傷一つ付かんでしょう。
至近距離から装甲の隙間を狙えばあるいは…という気もしますが、激しく動く中でこれは困難。
インテークファンもノーマルの武器では狙いにくい……。

格闘戦でも極めて厳しいんですが、体当たりでもぶち噛ませばデスザウラーをグラつかせる事くらいは可能でしょう。
私は、ここに可能性があると思いました。逆に言うと、ここくらいしか可能性がない気がします。


8機で攻めるなら……、8方向から攻める。


やはり中央の機が荷電粒子砲でやられるでしょう。その後・・・、

この図で言うと上側の3機に接近して撃破するでしょう。

この時点でゴジュラスは4機が健在。
この4機は、全力でデスザウラーの元へ急行しているものとします。
上側の3機がやられる間に健在の4機が現場に到着すれば、ここからゴジュラスの反撃が始まるかもしれないと思います。

「1機が体当たり」→「デスザウラーはグラ付くだけで健在だが…、グラついた瞬間に更に別の一機が体当たり」
これをエンドレス。
こうして「グラつかせる→その瞬間更に追い討ち」をすればあるいは……。

デスザウラーそのものを破壊するのは残念ながらノーマルゴジュラスでは無理だと思います。
装甲が硬すぎる。
ただデスザウラーの意外な弱点はコックピット位置が高い事だと思います。
どういう事かというと、衝撃を受けた際は上の位置であるほど大きく揺れる。
ゴジュラスが体当たりを続けコックピットを揺さぶり続ければ、そのうちパイロットが気を失うかも……。

ウルトラキャノン砲を受けた際にトビー・ダンカンでさえ気を失いかけた。
なのでパイロットの無力化による撃破は不可能ではないと思います。
もちろんデスザウラー側が意地を見せて返り討ちにあう可能性も高いのですが。


問題は8方向から攻める事が可能かということですが……、これは多分無理でしょう。
このようなフォーメーションは相手に気付かれない事が条件ですが(デスザウラーはゴジュラスの存在に気付かないまま前進しているのでこのようなフォーメーションができている)、ゴジュラスのような巨大なゾイドでこれをするのは極めて難しい。デスザウラーは3Dレーダーがあって索敵力は水準にあるので、気づかないということはありえない。
まぁ、「もしもそのような状況を作りさえすれば」という条件においては確かにいい勝負が出来る可能性はあるのかも…。

「ノーマルゴジュラス8機VSデスザウラー1機で互角」

複数機で連続して休みなく体当たりをすれば、デスザウラー自身は無傷でもパイロットの意識を奪うことは可能。
その為には最低でも4機の犠牲が必要。4機の犠牲で一瞬の隙を作り、残りの機が寸分の狂いもなく連携すれば可能性はある。

ということで今日はゴジュラスとデスザウラーをそんな風に考えてみました。
MK-IIについては次回に続きます。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント