ゴジュラスMK-IIVSデスザウラー①

さて昨日に続いてゴジュラスVSデスザウラーを考えていきたいです。
昨日はノーマルタイプでしたが、今日はMK-II。

バトスト3巻の戦力比較表によると、デスザウラー一機と戦うには、



ノーマルなら8機
MK-II(量)なら5機
MK-II(限)なら2機

※昨日の記事でMK-II(量)の部分を4機と誤記していました。すみません、、、。


が必要との事。
ちなみにウルトラザウルスは1機とされています。ウルトラやるではないか。

正直ウルトラの圧倒的不利とは思うんですが(接近されれば為す術がない)、「砲身が溶けてもいいからとにかくこの一戦だけを乗り切れ!キャノン砲を撃ちまくれ!!」と頑張ったら接近前にデスザウラーを撤退させる事も不可能ではないのかなぁ…。

軍艦には「前進一杯」という命令があります。これは「最大速度」より上にある速度です。船が爆発してもいいから出力を最大まで上げろ!危険は全て無視しろ!!というものです。
これをするとカタログスペック上の最大速度以上の速度を出せる……が、そのかわりに出力に耐え切れずに艦が爆発する事もあるような行為です。
たとえば魚雷がすぐそこまで来ているような、それをしなければ確実にやられるであろう場面においてのみされる緊急命令です。
要するに前進一杯しなければ100%やられる。前進一杯すれば50%の確率で自爆してしまう。が、運よく自爆しなければ回避できる。そんな極限状態においてのみ使用されるものです。

砲は撃つと砲身が加熱されるから冷却が必要です。そういうのを無視して撃ち続けると砲身が溶けて変形してしまい、最悪は暴発してしまいます。
ただ前進一杯と同じように、覚悟を決めたウルトラはキャノン砲が真っ赤になっても構わず撃ち続ける……。そこまでの猛射をすればデスザウラーを撤退させられる可能性が出るのかも。
そんな風に思いました。

なお、そうまでしてもデスザウラーは「撤退しただけ」で健在。かたやウルトラは砲身がその一戦で使い物にならなくなるので交換が必須。通常ではありえない連射をしたのでさすがにコアの負担も大きく、ドック行きが必須……というような状況を想像します。


、、、ちょっと話をウルトラで膨らませすぎたのでゴジュラスに戻ります。


MK-II量産型で5機でデスザウラーとやりあえる。
以前として圧倒的不利ですが、それでもノーマルの8機からずいぶん楽に戦えるようになった。やはりキャノン砲様様といったところでしょうか。

ただ不思議です。
「MK-II(量)なら5機」「MK-II(限)なら2機」
なんで限定型の方が強いのだろう?

量産型と限定型の装備の違いは……。
・量産型:76mm連射砲がある。
・限定型:8連ミサイルポッドがある。エネルギータンクがある。(76mm連射砲は無い)
というくらい。

うーん。8連ミサイルごときがデスザウラーに効くとは思えぬ。牽制くらいにしかならないんじゃないかなぁ。
エネルギータンクがあるので格闘戦時のパワーがUPしているかも・・・・・とも思いましたが、デスザウラーから見ればゴジュラスは紙装甲。
いかにパワーが増していようが「いちど捕まえたら確実に勝つ」わけだから、あまり意味がないと思う。

やはり量産型も限定型も、対デスザウラー戦ではキャノン砲のみで戦うことを強いられると思います。


「パイロットの技量」という意味で言うと、当時は凄まじい猛者揃いだったゴジュラス乗り…の中の更にトップが乗っただろうから、デスザウラー乗りより上かもしれない。
いやしかし戦力比較表は「技量は同じとする」という条件で書かれているからこの説を採用するわけにはいきません。

私としては「MK-II(量)なら2機」「MK-II(限)なら4機」くらいの評価になっていたなら、あるいは納得できるかもと思います。
上には書きませんでしたが、量産型が限定型に勝る装備が一つあります。背びれが「3Dレーダー」になっている事です。
ノーマルと限定型は背びれに対して設定がありませんが、量産型は3Dレーダーとされているのであります。

これは、新型なのでより新しい高性能装備を用意できたという事情でしょう。
あるいは、ゴジュラスMK-II量産型が本格的に戦場に配備されたのは、ちょうどゴルドスが退役していった時期と重なります。
もしかすると、ゴルドスの電子装備は退役時に外されゴジュラスMK-II量産型用部品として再利用されたのかも……。
そんな気もします。
まぁ、いずれにしろ3Dレーダーを持つのが量産型の強みです。

なので例えば……、
「限定型のキャノン砲は命中率が低かった。だが量産型は3Dレーダーの装備により命中率が大きく向上した。それにより2機で猛射すれば撤退に追い込めるようになった」
だったら分かるんですが……。


んー・・・、どうなんでしょうね。
バトストの戦力比較表は共和国軍の発表です。なので「ゴジュラスMK-II限定型は我が軍最強の戦闘用ゾイドでありデスザウラーにも匹敵するのだぞ!!」というプロパガンダを含んだ発表だった可能性も大いにあります。
幸いにも・・・・と言っていいかは分かりませんが、この比較表が掲載されたのはバトスト3巻。すなわち限定型が間もなく戦場から姿を消すギリギリの時期でした。
そろそろ戦場からいなくなるから多少盛った感じで書いといてもバレんだろ……みたいな思惑があったかもしれない。

とはいえ、これを言ってしまうと味気ない気もするので、戦力比較表の資料を正しいとして進めたいと思います。

ちょっと長くなってきたので今日はここまで。続きはおそらく明日に…。
皆様はどういう見解を考えられますでしょうか?
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント