デスザウラー部隊を撃退せよ

ちょっと出張やら何やらで話題が途切れてしまったんですが、少し前から書いている「ゴジュラスVSデスザウラー」の続きです。
こちらこちらの記事ではゴジュラスMK-IIとデスザウラーの戦いを想像しました。
しかしこれはプロレス的バトルというか、実際の戦場ではあまり起こる事がないような戦いです。
実際の戦場では様々なゾイドが混成している「部隊」がぶつかり合うものでしょう。
今回はそれを想像したいと思います。


さてデスザウラーを先頭にした帝国軍は猛攻した。共和国領土の大半を奪う成果を挙げました。
「失った領土を取り戻したい」
これは共和国軍の切なる願いだった筈です。
その目的の為に、デスザウラーに勝つ事が必要。
これを願うだけでなく実行してしまったのだから共和国軍は凄い。
戦線を崩壊させてもおかしくなかったのに、逆に盛り返すとは。

しかしよくよく考えたら……、「デスザウラー無敵時代において戦線の崩壊を防いだ共和国軍は凄い」と書きましたが、これは異論もあるかもしれない。
デスザウラーが不在なら戦力は明らかに共和国軍が上だからです。


砲撃力は明らかに共和国軍が上。ウルトラザウルス、ゴジュラスMK-IIによる猛射は凄まじい。
レッドホーン、サーベルタイガー、ディメトロドンでは相手にならない。
アイアンコングはゴジュラスMK-IIとなら撃ちあえるでしょう。しかしウルトラザウルスには分が悪すぎる……。

高速部隊も共和国軍の上。シールドライガーとサーベルタイガーはシールドライガーやや優位程度ですが、コマンドウルフとヘルキャットは大きな開きがある。

海軍力は一時期はウオディックで優位に立ったものの、あっさり覆された(対潜ソナーと対潜ホーミング魚雷の開発)。
この辺りの共和国軍の対応力は凄まじい。
逆に帝国にしてみれば、「え、我々革新的なゾイド作ったはずだったんですけど……」ってな所だったでしょうねぇ。

電子戦でも一時期はディメトロドンで優位に立ったものの、ゴルヘックスの登場で互角になってしまう。
ゴルヘックスは中型なので、大型ディメトロドンより運用面でも勝っていたのは大きな強みです。
具体的に言うと中央山脈での戦いににゴルヘックスは参加しているけどディメトロドンは参加した記述がない。
かつてはゲーターとゴルドス。「小型電子ゾイドを運用する帝国と大型電子ゾイドを運用する共和国」だったのに逆転したんだなぁ。
しかも、かつては小型ゆえ性能では劣るが数の多さと運用面で対抗するゲーター。大型ゆえ性能は高いが運用面と数では劣るゴルドス。総合的には互角という感じだった。
それがディメトロドンとゴルヘックスの場合、性能は同じくらいで運用面はゴルヘックスが上回るのだから、これはもう共和国が明らかに優位です。

ただ唯一、空軍力は帝国軍の圧倒です。これはかなりの強みです。レドラー様様でしょう。
共和国軍はプテラスの改良で必死に戦っていたと思われる……。プテラスの発展性は凄まじく、「ステラス」のような魔改造とも言える仕様まで出ています。
しかしもはやプテラスではなぁ。どれだけ改良しようが所詮は付け焼刃でしかない。根本的にレドラーに勝る戦力にはなれない。
レドラーは中央大陸戦争末期まで最強飛行ゾイドの座に在りました。

国力は帝国は常にいっぱいいっぱい。共和国とて国土の大半を失いゲリラ戦をしている状況……とはいえ、それでも底力がある。
首都陥落時にも戦力の大半は無傷で済んでいたから、これも大きな力でした。

総じて言うと、空軍力はともかくその他では帝国軍がかなり不利であるという状況です。総力戦を行えばたちまち負けるでしょう。
こんな状況なのに、デスザウラーがあるだけで共和国軍が劣勢になってしまう。一体このゾイドは何なんだ…と思えてきますね。
この時代は量産されている……とはいえ、レッドホーンやコングに比べれば機数も少ないのに。
やはりこのゾイドは別格という事が改めて分かります。新世紀においてバケモノ具合が強調されたゾイドですが、メカ生体時代にも十分なバケモノですね、、、。


何度も書いていますが、やっぱり反則級の強さだよなぁ…。
防御力は、あのウルトラキャノン砲にさえ耐えます。ちなみにウルトラキャノン砲はコングを2機まとめてバラバラに吹き飛ばす威力があります。

格闘力は、ゴジュラスを片手でブン投げる。ウルトラにのしかかられても振りほどくパワーを持ちます。更に、シールドライガーを捕える俊敏性まで……。

砲撃力は、遠距離砲撃力こそ低いものの(※)、中距離以下ではあらゆるゾイドをかすっただけで完全破壊する荷電粒子砲が使えます。
※荷電粒子砲の射程について
荷電粒子砲は曲射ができないので、惑星の曲面に守られた位置は撃てない。デスザウラーの頭部高さから計算して、最大でも射程は20km以下くらいになるだろう。
また距離が長くなるにつれて粒子が拡散し威力が低下する。その意味でも遠距離では使わない方が賢明と言える。
メカ生体仕様のデスザウラーと砲戦をすれば、射程100kmを誇るウルトラキャノン砲や推定50km以上あるゴジュラスMK-IIの方が[遠距離砲戦]に限れば明らかに優位である。



さてそんなデスザウラーが攻めてきた。どうやって撃退しよう。どうすれば撤退に追い込めるだろう。
私は、「デスザウラー以外を狙ってこれを達成した」と思いました。

偵察機や連絡機は単機で行動する事もあるでしょう。
しかしデスザウラーは例外的な場合を除いてそのような事はない。普通は周囲に味方機を随伴させて「部隊」として行動している筈です。

デスザウラー部隊というと、当初は「デスザウラー、24ゾイド」という構成でした。
共和国首都攻略後は「デスザウラー、ブラキオス、ブラックライモス」の構成で登場する事が多い印象です。
特にブラキオスはカタログでの解説が「デスザウラーひきいる部隊の主力メカ」になっているので、かなりの機数が行動を共にしていたようです。

なぜ当初と占領後に部隊構成が変わったかというと、これは確信的に推測できます。
当初の「デスザウラー、24ゾイド」という構成。
これは、デスザウラーは共和国首都を電撃戦で攻略した。電撃戦は要するには最速で攻略する戦法です。この作戦の為には24ゾイドとの連携が必須であった。
24ゾイドが事前に敵地に潜入して様々な情報を得た。その情報を元にデスザウラーが最良のルートを進んだ。こうしてデスザウラーはあっという間に首都を攻略したのであります。

では首都攻略後は。
こちらは首都奪還にくる共和国軍からの防衛戦をするなど、今までとは違った戦いになります。
「スピード重視で突き進んだ首都攻略」と違い、「長期間ドッシリと腰をすえて戦う」ことは極めて大きな違いです。
長期戦で最も重要になるのは補給。
デスザウラーの支援。短期間で一気に攻め落とす電撃戦の時には24ゾイドでもどうにかなったんでしょうが、長期戦での補給を支えるのは明らかに無理。

ブラキオスはHiユニット級としては交戦力の低いゾイドです……が、その分「輸送力」にはかなり優れます。
余談ですがザットンも輸送用ゾイドでした。これを拡大発展させたのがブラキオスなのでしょう。
更に余談ですが、ワイルドシリーズのグラキオサウルスも輸送力に優れる。パワーとワイドボディを持つ雷竜ゾイドは輸送用に適したカテゴリーなのでしょうね。

直接戦闘では非力なブラキオス。デスザウラー部隊には、これが主力と言われるほど多く配備された。
これは首都占領後の共和国軍の状況をよく表しています。
戦闘はブラックライモスやデスザウラーが行う。ブラックライモスは共和国軍前衛のゴドスやベアファイター……要するにデスザウラーが出張るまでもないような敵を担当。
敵大型クラスはデスザウラーが出張る。
これら戦闘ゾイドが存分に戦えるよう縁の下で支えるのがブラキオスだったのでしょう。

このような部隊構成を考えれば、共和国軍の勝ちのシナリオが見えてきます。
デスザウラーを狙っても撤退させられる確証はない。ウルトラキャノン砲やゴジュラスキャノン砲を数え切れないくらい直撃させてようやく撤退に追い込める位である。その確率は五分ほどか…。
それならば、先にブラックライモスやブラキオスの方を排除してしまおう。
共和国軍はウルトラやゴジュラスMK-IIを使えば遠距離砲戦では優位だから、事前にデスザウラー以外を片付ける事は難しくないはずです。

いかに自身が健在でも、味方機を失い丸裸になってしまえばそれ以上の行動は起こしづらい……。
防衛戦だとまだ良い。荷電粒子砲を温存しつつ敵が近づくのを待っていればそこで勝てる可能性が高い。
でも、新しい支配域を獲得するための「侵攻」では味方機を失うのは手痛い。
デスザウラーは確かに強いけど、一機では出来る事に限りがある。
味方機を失った段階で撤退を検討するでしょう。

おそらく共和国軍はそうやって勝っていたのでしょう。

……さて、もうちょっと続けます。
実はこの記事と同じような内容は問い合わせフォームからも頂いていました。
要はデスザウラーを破壊せずとも他ゾイドを撃ち「部隊として機能しなくなる」ようにすれば良い。
ただし、その問い合わせには以下のようにも書かれていました。

----------
この運用ではゴジュラスMK-IIはただの砲台。
共和国の格闘王の尊厳も威厳も無く、キャノン砲を打ち続けるだけの砲台。
デスザウラーから守り切った。なのに悔し涙が止まらない。

----------

うーん、これはごもっとも。
合理的な作戦を考えれば、今回考えたような作戦は最良です。
ウルトラザウルス、ゴジュラスMK-IIの長距離砲撃で帝国部隊を叩けば良い。
でも心情的には、「ゴジュラスらしい活躍もしてほしい」と思ってしまいますよねぇ。

その辺を更に考えていきたいと思います。
次回記事に続く……。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント