ゴジュラスMK-IIを活躍させよう

こちらの記事の続きです。
予想以上に長くゴジュラスを語らっていますが、今日で一旦はラストになると思います。


デスザウラーに勝ちたい!
その為にはデスザウラーそのものではなく、部隊としての機能を損失させれば良い。
随伴する部隊を失えばデスザウラー自身は健在でも撤退せざるを得ない。
長距離砲撃が可能なウルトラザウルス、ゴジュラスMK-IIならそれが可能。

というのが前の記事の内容です。
しかしゴジュラスMK-IIがもはや砲台扱い。かつての格闘王の面影がなくなっているのが悲しい……という心情的問題が発生しているのも確か。
そう、心情的問題です。ウルトラザウルスだとズバリ撃つ事が目的のゾイドだから砲台でいいんですけどねー。
ゴジュラスはやっぱり格闘王なのでパワフルな肉弾戦も見せて欲しい。


これは太平洋戦争における戦艦に似ているなーと思う。
主戦力は空母と飛行機に移った。戦艦は一気に時代遅れになった。
自らが艦隊戦の勝敗を決める主力だった時代は終わり、もはや空母の護衛をする程度の存在になってしまったのだ・・・・・・。

艦隊に戦艦があると、なにしろデカくて簡単には沈まないから敵の攻撃を吸収する役割にはもってこい。
サイズも大きいから対空火器も多く積める。まさに空母の護衛にはうってつけ。
「最重要戦力である空母を適切に護衛した成果は誇るべきだぞ」
と言われたら理屈としては分かるのだけど、感情としては主砲をぶっ放して戦艦ならではの活躍をしたかった……と思ってしまうでしょう。

むろん空母は空母でいい。それはそれで活躍したらいい。
でも全部それになってしまったらちょっと寂しい。
この海戦では空母が活躍したけど、別の海戦ではやっぱり戦艦が戦艦ならではの強さで活躍したんだぜっていう感じであればなぁ……と戦艦ファンは思う。

これはゾイドで言うと格闘戦から長距離砲撃戦に戦いが移行した状況にまさに当てはまると思います。
実際の戦場は現実なのだから勝つために最も合理的な手段を採るでしょう。戦艦が主砲を撃つ機会を一気に失ったのも仕方がない話。
でもゾイドはフィクションだから、どうにかして活躍の場をバランスよく残して欲しいなぁと思ってしまうのであります。

そこで今回は、ゴジュラスMK-IIを砲台扱いせず、できるだけ初代格闘王としての格を保てるような戦い方を想像したいと思います。


今回の妄想は射程が重要です。
事前にこれについての前提を書きます。

ウルトラザウルスのキャノン砲射程:100km
ゴジュラスMK-IIのキャノン砲射程:60km
デスザウラーの荷電粒子砲射程:20km


この数値を採用します。
それぞれの根拠を書きます。

ウルトラザウルスは学年誌に「射程100kmである」という記述が多く見られるからです。


ゴジュラスMK-IIの射程は見た限りでは資料がありません。
ただオギータ版の解説に「射程距離を可能なだけ伸ばしたキャノン砲を2連装備。コングに先制攻撃を浴びせる」と書いてあります。
※オギータ版と制式版の射程は同程度という前提で進めます。目的が「コングに先制攻撃を浴びせる」である以上、同程度の射程で調整されるであろうからです。

コングのミサイルの射程は、背中のニ連巨大ミサイルは200km。肩の六連発ミサイルは50km。
二連巨大ミサイルをも超える…となると、射程が200km以上になってしまう。ウルトラザウルスの倍以上……。
これは正直ないと思います。

コングのニ連巨大ミサイルは大きすぎるのでおそらく動きが緩慢。しかも二発しかない。命中率が低く、実質的な脅威度は低い。
(目標が動かないうえに巨大な「施設」に向けて使えば高い成果を出すと思うが)
実質的な脅威は、弾数がそこそこあって中型なので動きも素早い六連発ミサイル。
これに対抗して、50kmより少し先を狙える程度の射程を確保したと考え60kmと推測しました。


デスザウラーの射程も見た限りでは資料がありません。が、これはビーム砲なので曲射ができない。直進しかしないものと推測します。
直進しかしないとすれば、惑星の曲面に守られて狙えない位置が存在します。
デスザウラーの頭部高さから計算すると、20kmくらいが狙える限界。それ以上先の位置は惑星の曲面に守られて狙えないことが分かります。



さて砲撃戦を行う場合、射程で勝る共和国軍は先手を撃てます。
共和国軍は距離100kmの時点から撃てる。
デスザウラーとしても全力で距離をつめるでしょう。ただ20kmに接近するまで……80kmの距離を移動する間は一方的に撃たれ続ける事になります。

共和国部隊は、一方的に撃てる80kmの間に命中弾を多数与え、帝国部隊を壊滅させればOK。
できなければデスザウラーの射程に入る。
射程に入られれば……、荷電粒子砲を食らって共和国部隊主力は消滅。生き残りも接近戦で各個に撃破される。
そんな感じでしょうか。


共和国軍が一方的に撃てるのは、デスザウラーが80kmを移動する間。
デスザウラーは最高速度90km。とすれば1時間弱で到達可能。
いやしかし、接近は回避運動をしながらになるでしょう。また最高速度は人で言うと短距離走的なダッシュだと思う。なので、ずっと継続するのは厳しいでしょう。
このように考えると、荷電粒子砲の射程に入るまでの時間は1時間半ほどでしょうか。

1時間半。これだけ一方的に撃てるのだからイケそうな気もします。
いやしかし、遠距離砲撃は命中率が極めて低いものです。
人で言うならエアガンで20m先の動き回る米粒に命中させるようなもので、よほど乱打してようやく当たるかどうかという感じでしょう。

命中率を上げる方法はあります。
最も良いのは着弾観測機を使うことでしょう。これは

1:敵の上空に飛行機(ビークルorプテラス)を飛ばす。
2:ウルトラがキャノン砲を放つ。
3:着弾観測機が、着弾がどれくらいズレていたかを報告する。次はこれくらい修正して撃てと指示する。
4:ウルトラは、その情報を元に射角を修正して次弾を放つ。
5:初弾よりも近い位置に着弾する。

という感じの流れです。
これを繰り返せば狙いはどんどん正確になり、いずれ命中する。

あと、敵は動いています。
だからその動きのパターンを解析し未来位置を予想した上で撃たねばなりません。
この辺も着弾観測機にやってもらいます。

レドラー登場後は着弾観測機が使えないのでちょっと厄介ですね。飛ばしても撃墜されてしまう……。
とはいえ、その時期は代わりにゴルヘックスが居ます。これに着弾観測機の代わりをしてもらいましょう。
着弾観測機を使うよりは精度が落ちるでしょうが、そこそこは良い命中率が期待できるでしょうか。

ただ、これをもってしても撃退できる確率は五分くらいでしょう。
いかに着弾観測機やレーダー射撃を使ってもバカスカ当たるわけじゃない。
遠距離射撃の弾道は気まぐれ。風の影響を受けたりするし、砲身も撃つたびに状態が変わる(※)から全く同じ位置を狙うのは難しい。
なので、共和国軍は更に作戦成功の可能性を上げるべく様々な手をうったはずです。


キャノン砲発射時は砲身内を超高速で砲弾が駆け抜けるわけだから、少しずつ摩擦によって砲身が磨耗する。
撃つたびに磨耗は増しだんだん弾道が安定しなくなる。
あまりにも酷くなると砲身を交換する必要が出る。これを砲身命数と言う。



さて、デスザウラーが侵攻してきた。その場合をシミュレートしましょう。

両部隊の距離は100km。ここで共和国軍が砲撃開始。



ウルトラザウルスは、とにかく撃って撃って撃ちまくる。それだけに集中。それしかない。
超砲撃型ゾイドとしての力を存分に発揮してもらいましょう。

しかし、ここで問題になるのはゴジュラスMK-IIです。
距離100kmの時点ではまだ撃てない。なぜなら撃っても射程が足りず届かないから。
射程60kmのゴジュラスMK-IIは、敵が40km進むまで何もできない。

しかし、ただ待つだけなんてバカな事はしないでしょう。それは無駄すぎる。

私は、ゴジュラスMK-IIはウルトラザウルスとは別行動をとる。前進し敵部隊に突撃すると考えました。
全力で敵に急行。そして自身の射程(60km)に入った時点でキャノン砲を発射すると考えます。



ウルトラザウルスは100kmの地点から砲撃開始。
ゴジュラスMK-IIはウルトラの砲撃と同時に(あるいは先行して)前進開始。自身の射程にまで進出して砲撃開始です。



そしてここからがキモですが、ゴジュラスMK-IIというのは砲弾の携行数が決して多くない。

ここがマガジンと思われますが、おそらく多くても10発程度しか入らない。
これではすぐに撃ちつくす。所詮は大砲は後付け装備に過ぎない。内部に砲弾の格納スペースが豊富にあり延々撃ち続けられるウルトラザウルスとは大きく違うのです。

撃ち尽くしたらどうするか。補給をしにいったん戻る……なんて事は無理。
敵は進行中。距離をどんどん詰めている状況だから、そんな悠長な事をする時間なんてない。
今すぐにできることをすべきである。

砲弾を撃ち尽くした後どうするかというと、そのままデスザウラー部隊に突撃すると思いました。
デスザウラー部隊は「ウルトラキャノン砲とゴジュラスキャノン砲を受けて半壊滅状態。しかしデスザウラーは健在。デスザウラー以外のゾイドも数を減らしつつもどうにか健在。部隊としての規模を維持しておりいまだ侵攻を続けている」としましょう。
そんな状況でゴジュラスMK-IIが飛び込んできます。
ウルトラとゴジュラスが適切に連携すれば、「ウルトラキャノン砲着弾→爆炎の直後にゴジュラスが突撃してくる」ようなタイミング合わせをする事も可能でしょう。


ゴジュラスMK-IIは弾数が少ないから、「砲撃のみで決める」という仕様ではないと思う。
むろんそれが出来る場合もある。ただそれはラッキーなケース。
多くの場合においては「砲撃で先制攻撃してダメージを稼ぐ。生き残りが居た場合は接近して格闘戦でトドメをさす」
という思想だと思います。

半壊状態の帝国部隊を襲い各個に撃破。
なにしろ接近戦。格闘戦で直接ぶっ潰すわけだから、砲撃よりも精密に正確に撃破できます。
砲撃でダメージを与えた後に格闘戦で仕上げ。という流れは極めて効果的だと思う。

デスザウラーとしては非常に悩ましい状況です。
荷電粒子砲でゴジュラスMK-IIを撃ってやりたい。ただこの時代のデスザウラーは3発しか撃てない。

現在は進撃中です。デスザウラーが狙うのはあくまで敵の本拠地である。そこで荷電粒子砲を使いたい。
そこまで温存する必要がある。こんな所でゴジュラスMK-IIに向けて撃つのは勿体ないわけです。
それをすれば、ゴジュラスMK-II排除と引き換えに目標(敵の本拠地を奪う)を失してしまう可能性が高まる。

デスザウラーが荷電粒子砲を使わない。とすればゴジュラスには十分な活躍の場があります。
キャノン砲で撃ちもらしたブラックライモスやブラキオス。これを格闘戦で各個に排除。
デスザウラー以外のゾイドを完全に排除し部隊としての状態を完全に破壊します。

速度も運動性もデスザウラーの方が上なので危険ではあります……が、デスザウラー一機では周囲全てに対応する事はできない。
「キャノン砲の猛射」そして「ゴジュラスMK-IIの突撃」によってデスザウラー以外のゾイドは壊滅するでしょう。

デスザウラー自身に攻撃をしてもいいかもしれない。
デスザウラーは格闘戦で圧倒的に格上のゾイドですが、ノーマルとの交戦シミュレートの記事で「体当たりをすればパイロットにダメージを与える事は可能」と書きました。
現在のデスザウラーについて「健在だが、キャノン砲を何発か食らっておりややダメージがある」ような状態としましょう。
深刻なダメージ量ではないといっても万全状態でもない。
また、周囲の味方機がゴジュラスMK-IIに襲われている状況です。なのでその援護に向かわなければならない状況でもあります。
更に、ウルトラザウルスがいつまた追加の砲撃をするかも分からない。その可能性もあるので、そこへの警戒が必要な状況でもあります。
現在のデスザウラーはやる事が多すぎる。いかにエースでも処理しきれないような状況です。

それに比べてゴジュラスMK-II側は、たしかに機体性能は劣るだろう。でも状況は俄然有利です。
なのでチャンスを見つけてデスザウラー自身に突撃を仕掛けるかもしれない。あんがい上手く行くかも。

こうして、デスザウラーにとっては屈辱だが

1:ウルトラザウルスからのキャノン砲猛射
2:ゴジュラスMK-IIからのキャノン砲猛射も加わる
3:仕上げにゴジュラスMK-IIが突撃してくる。味方機が完全排除され自身も荷電粒子砲が使えない中で格下相手に苦戦する
4:やむなく撤退を決意する

となるような推移を想像しました。
ゴジュラスMK-IIにはベアファイターやアロザウラーを随伴させても良いですね。
これらにブラックライモスやブラキオスの排除を任せる。ゴジュラスMK-IIはデスザウラーのみを狙う感じにしても良いでしょう。

まぁ、あまり突撃部隊を大規模にしすぎるとデスザウラーにこの場で荷電粒子砲を使う決意をさせてしまうかもしれませんが。
本作戦のキモは突撃部隊は「荷電粒子砲を使うのは惜しい」と思わせる程度の規模に抑えることでもあります。

あと、ゴジュラスMK-IIについては奥の手として「1,2発の残弾を残した状態で接近する」事をしてもいいかもしれませんね。
接近して撃てば、それでも撃破できるような相手じゃない。でも体当たりをする時の隙くらいは作れるんじゃないかな。


今回は、ゴジュラスはMK-IIになっても決して撃つだけじゃない。
撃つ事もむろん大事な任務だが「先制攻撃で撃つ」「撃ち尽くした後は爆炎の中に飛び込み格闘戦を展開する」と想像しました。
カッコいいと思います!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント