コロコロ2019年4月号

コロコロ4月号!
皆様もうゲットされましたでしょうか。

コロコロで「ZOIDS」の文字が復活したのが前年の4月号(※)
なので、ここからは2年目ですね。嬉しい節目です。
※「謎のZ」が載ったのは3月号だがZOIDSの文字で載ったのは4月号以降

掲載2年目ですが、

大ヒット御礼とな!
このような節目のタイミングが「大ヒット」で飾られているのは素晴らしい事ですね。
来年もこうなるといいなぁ。


さてカラーページの特集では、残念ながらバトウォーの掲載はナッシング。
んー、残念。来月号に期待します。

カラー特集のトップはゾイドワイルドバトルカードハンターの情報。
なんと!

ゲーム中で青いレアなワイルドライガー(ワイルドライガーブレード)が発掘できるようなんですが、これのカードにキットの青外装の引換券が付くそうで。
その引き換え券を持って設置店の受け付けに行くともらえる!
ウヒョー。何とも太っ腹ですね。
このキャンペーンは3/21スタート。

しかしワイルドライガーばっかり増える気もしますね。
まぁ人気の主役機だからそうなるのは分かるんですが(ガンプラでも人気機種はえげつないくらいのバリエーションが出るし)、たまにはギルラプターとかガノンタスとかスコーピアでもいい気はするなぁ。
個人的にはそろそろ食傷気味・・・・というより他でも出たらいいのになーという感想ではあるかなぁ。
特にギルラプターは黒いギャラガー機が劇中で出てきたし、いいんじゃないかなぁ(※)
ギルラプター以外なら…、ハンターウルフなんかでもいいんじゃないかな。白い外装なんかがあると個人的に凄く嬉しい。

(※)と思ってたら黒いギルラプターは発売決定した模様!

今のところ、ワイルドライガーの種類(抽プレ除く)って
・ノーマル
・覚醒
・紅蓮
・イーヴィル
・スカイピース(違いはシールの有無だけのようだが…)
・ブレード

かな。今後どこまで増えるのだろう。
次に出るとすれば色ではなく装備が変わったMK-II的なものであれば嬉しいなー。


漫画の方は何だか色んな情報が出てきて凄い。
あ、掲載位置が凄い前の方に来ています。これも嬉しい事でした。


中身については何を書いても重要ネタバレになりそうなのですが…、ドレイクが再び登場します。
アニメだとちょくちょく登場してるんですが、漫画だと最初期に登場したきりでした。超久々の登場とあいなった。
そして衝撃の過去が明らかになった!!

それは、10年前のことであった(デスクリムゾンみたいな書き方になっちゃった)

ドレイクの立ち位置がよーく理解できる回でした。活目して見よ。
今回のストーリーに付随して、デスメタルの成立時期なんかも見えてきました。
少なくとも10年前からは活動しているようだ……。

漫画版のドレイクは相変わらず強い。
アニメ版よりも若干幼い感じがしますが、こっちの方が好みかなー。
絶対的な自信と、それに見合う勝ちの理論が構築できていて素直に強いと思える。

しかし今、アラシの放った極限解放が仲間を守るべくドレイクに襲いかかる…

今回はアラシが、あの極限解放を使っちゃったりもします。
なかなかこれも熱い展開なので良いですぞ。
そして終盤はギャラガーとあのチームが!? という次回の話が気になりすぎる!!! という流れになっています。
ということで漫画版も絶好調!


さて漫画版で極限解放が出てくると書きましたが、この状態だとゾイドがどんどん透明になっていくらしい。
カラーページ特集では、そんな極限解放を再現したライガーも掲載されていました。
表紙にもこの状態のライガーが写っていますね。


これはクリアー成型したワイルドライガー(漫画版基準なので装備はツインドファング)で、例によって100名様プレゼントキャンペーンも行われる模様。
やりやがったな!

コロコロオンラインでも紹介されてます。

うおおお綺麗。欲しいぜ。せっかくだから応募したいぜ。
でもやっぱりキッズにもらってほしい気もするしなー。応募したい気持ちとのせめぎあい…。

しっかし、クリアパーツっていうのはどうなのかなーとも思ったなー。
クリアー特有の高級感は素晴らしくあるので、その点はすごくいいんですが。
そこではなくて別のところで若干引っかかる。
極限解放は本能解放の更に先にある「究極の中の究極」な技という扱い。
当然そこを目指したくなるんですが、クリアー成型を再現する事はユーザーにはできないからなぁ……。
(複製は現実的ではない)

バトウォーで改造をいよいよ本格的に扱い出したゾイドワイルド。
なので、できれば極限解放はクリアーというユーザーではどうあがいても辿り着けない境地ではなく、熱心に頑張れば再現可能な状態にして欲しかったかなーと思う。
ガノンタスやガブリゲーターを自分の相棒にしているユーザーが居たとして、「極限解放したい!!」となった時、どうするのか。というのが若干もやっとするポイントです。

あとは…、今でも「ツインドファングのギミック復活改造」には一切触れられていない。。。この点もちょっと気になっています。
せっかく改造を扱い始めたんだから、色んな展開や仕様がそことリンクするようになっていればいいのに。

ということで若干のモヤッと感も感じつつ、でも漫画版は衝撃だったなーと思ったコロコロ4月号でした。
まだの方は、ぜひぜひ書店・コンビニ・スーパーへ、ゴー!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント