36話その1!!!

今日はアニメでした。なんだかいきなり緊迫してきた36話。
今話は情報が盛りだくさんでした。

四天王との激戦になるかと思いきや、その事前の状況がメイン。
しかし! 今話はめちゃくちゃ良かったです!
最も印象に残った回を更新したかも!!

内容が盛りだくさんだったので、今回はまずフリーダム団側の描写について主に感想を書きたいと思います。


道なき道を行くフリーダム団一行。
アラシとワイルドライガーの手配書が出てからというもの、移動は隠密とならざるを得なくなっているようだ。
なるほど、手配書はこんな効果を発揮しているんですね。おそらく気軽に街に立ち寄ったりができなくなったに違いない。

手配書はフリーダム団……アラシを締め上げているようだ。
今後の補給は困難を極めるだろうなぁ。サンラータンにでも頼んで定期的に物資を届けてもらいたいところ(最近出番がないのでそろそろ再登場して欲しいところタン)。

そんな一行だが、デスメタル帝国に反抗するレジスタンス組織と出会う。


レジスタンスのアジトに大歓迎で招かれるフリーダム団一行。
レジスタンスは語る。
デスメタルは既に大陸主要都市の7割を制圧している。各地のレジスタンスは決起しては潰され……という状況であるらしい。
しかし絶望ばかりではなかった。
最近はフリーダム団の活動が広く知れ渡るようになっており、皆を勇気づけていた。
今まで黙っていた者の中にも、デスメタルに勇気をもって反抗・立ち上がるものが出てきているという。
アラシたちフリーダム団の行動は大きな実を結んでいたのだった。

という事で、アラシ達のこれまでの行動が世界を変え始めている。
思えば色んなことがあったフリーダム団の旅ですが、これは実に感慨深いですね。
まあ、そりゃあ四天王を相手に何度も戦い生き残っている。
生き残っているどころか、カンゴクを完全開放したし、火薬の街を機能停止にしたし、薬売りの街を悪徳商売から解放してみせた。
最近ではデスメタルに届けられるはずだった荷物……、新型武器の設計図を奪取したりもしたし。
そりゃぁレジスタンスを大きく勇気づけるわけですな。

しかも「アラシという新参のゾイドハンターがこれだけの成果を挙げた」というのがより高い効果を出しているんでしょうね。
既に伝説の最強チームと名高いシュプリーム団。悪い言い方ですが、これの場合は勝っても「あいつらだから勝てるんだ」となってしまいがち。
でも新参ハンターの活躍を見ればこそ「俺たちだって」と奮い立つ者が出るのでしょう。


さて、そんなわけでレジスタンスの士気は非常に高い。
しかしレジスタンスの活発化は同時に、「強い力があれば良い」「ゾイドをデスメタルを倒す為の道具として見る」という風潮をも生んでしまっていた。
アジトの子供たちもアラシに憧れ、ゾイドを相棒にしたいと言っていたのだが、それはゾイドの強さを欲する事であった。強いゾイドでデスメタルを倒すことを求めるものであった。



アラシはその事に思い悩んでしまう。が、彼なりの見解……「ゾイドとは何か」を子供たちとそれを見守る大人たちにしっかりと伝えたのだった。


今話はとても良かった!
派手な戦闘シーンこそなかったものの、ゾイドとは一体何か。今作のテーマであるところの「相棒か、兵器か」をたいへん深く考えさせられる回でした。

レジスタンス側の感覚もよく分かるんですよね。
・デスメタルは悪である。
・それを打倒する行為は当然ながら正義である。
・正義を貫くには強力な力が必要である。

まさしく正しい。

「力なき正義は無能であり、正義なき力は圧制である。なぜならば、つねに悪人は絶えないから、正義なき力は弾劾される。それゆえ正義と力を結合せねばならない」
これは哲学者パスカルの言葉です。
「正義と力を結合せねばならない」という言葉は正しいと思う。

ラプトールよりワイルドライガーの方が圧倒的に強い。
どんなにやる気があってもラプトール一機で突撃させても挙げられる戦果はたかが知れてる。
ワイルドライガーだと高い戦果を挙げたうえで生還できるだけの能力がある。
だからレジスタンス活動をしている今、強い力を欲している彼らの言い分は正しいのだろう。

でも……、たしかにその通りだけど、ゾイドは生物である。
それを単なる戦力だけで測る事は正しいのだろうか?
そんな風にも思ってしまう。

たしかにゾイドを単なる道具・兵器扱いする事は「デスメタルへの反抗」という視点のみでいえば正解でしょう。
でもそれは、ゾイド側から見れば「自分たちを単なる道具・兵器として徴用する人間がいた」という状況になってしまうわけで。綺麗事を言うわけではないんですが……。
「暴力で各都市を制圧しているデスメタル」「兵器としてゾイドを徴用するレジスタンス」という、立場を変えればどちらも悪であると言えるわけで。
それはなんていうか自分たちのことしか考えていない身勝手さ。傲慢さ。負の連鎖というか……。
もちろんそんな事を言ってられる状況ではない。それもあるんですが……。


今話を見て、私はあぁゾイドワイルドのテーマって凄く重いなと思いました。
アニメ一話の放映前に、「相棒か、兵器か」というコラムを書きました
この時の私は、「兵器というものはそんなに忌むべきものではない」という視点を強く思いながら書いていました。

アニメの「相棒か、兵器か」というテーマを見た時、もし今作が「兵器ってのはダメだ。相棒として扱うべきなんだ」というありがちな回答になったら嫌だなと思っていました。
そんな事はなかった。
「相棒である」その事はとても強く描かれている。その一方で今話のように「力」が必要な状況も強く描く。
だからこそ起こる葛藤を丁寧に描いています。

現在のアニメは、私がコラム中で書いたよりもっともっと深掘りしたテーマになっていて、ものすごくこみ上げるものがありました。
「ゾイドが生物である」それゆえに起こる矛盾、葛藤。そんな側面をどう描いていくか。
大注目したいです。

現在アラシが語っている「ゾイドは夢だ」という見解が正しいとも現時点ではあまり思えていないんですが(「夢だ」という言葉がちょっと抽象的でいまいちピンとこない)、このテーマは引き続き注目していきたいと思います。
とにかく今話は良かったです。


ラストシーンも……。


このテーマはおそらく来週更に深く描かれるでしょう。
正座待機で来週に望みたいと思います。

ということで今回はまずフリーダム団側の感想を書いてみました。
そして!
今話の凄い所はデスメタル側もすんごい良かったという事。
デスメタル側については次回記事で書きたいと思います!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント