帝国の超技術

今日はVSマッドサンダー戦術・・・・・の前に、ちょっと寄り道です。
昨日の記事では帝国軍の技術を「帝国軍は凄まじい超技術でいつも共和国を驚かせている。そう思わせる位の技術先進国だ」と書きました。
その部分について。

そう帝国軍はいつも凄まじい革新的新型機を出して共和国軍を驚かせる。
帝国というのは国力で共和国に劣る。数で勝負しても勝ち目はない。
その事情ゆえでしょう。帝国軍は常に「味方の損害を極限まで減らしつつ、相手にだけ損害を与える」そんなゾイドを開発してきた。

まずはアイアンコングでしょう。

格闘戦が常識だった時代に「遠距離砲撃で仕留める」という戦術を確立した。
相手のアウトレンジから一方的に撃つので、「味方の損害を極限まで減らしつつ、相手にだけダメージを与える」ですね。
予想以上にゴジュラスが頑丈だったので決定打にはならなかった・・・・・・。けど、後のゾイド開発に与えた影響は極めて大です。


次にサーベルタイガー。

これも史上初の大型高速ゾイドとして猛威を振るった。
その速度と運動性に対応できるゾイドはおらず、相手に反撃の隙を与えず一方的に倒してしまうことが可能でした。
もちろんその分パワーと防御力は劣る。それゆえゴジュラスが覚悟を決めてドッシリ構えれば勝つ事は難しい。
それでも革新的ゾイドだったと言えるでしょう。
その速度で「敵の背後を突く」事ができるのも強みですね。
正面からはレッドホーンやコング部隊を。サーベル部隊は高速を活かして敵部隊の背後に回り込む。
こうして挟み撃ちにすれば敵は大混乱に陥るでしょう。


次はウオディック。

敵が探知できないほどの深度から魚雷を放ちウルトラザウルスを攻撃。
あの巨艦ウルトラザウルスを一方的に攻撃するっていうのは凄いですね。
バトスト3巻でヘリック大統領は輸送船が沈められる危険性を指摘しています。
-----
「一隻の敵ゾイドも逃してはならんぞ、リンデマン提督」
 ヘリックは厳しい声で命令を伝えた。
「たった一隻のウオディックが、輸送中の数万の兵士の命を奪うかも知れんのだ」

-----
ウオディックはとてつもない強敵であった。


そしてデスザウラーです。

防ぐ事が不可能な荷電粒子砲。
今までの武器は装甲を分厚くすれば対処できたけど、そんなもんとはワケが違う。かすっただけでウルトラさえ戦闘不能になる超威力。
敵の防御を無効化して一気に一撃で倒す。そんなチート砲であった。


「味方の損害を極限まで減らしつつ、相手にだけ損害を与える」
まさに国力で劣る帝国らしい発想です。
悲しいかな、国力で劣るから「優勢」くらいの性能では一回の戦闘には勝てても戦争には勝てんのです。
共和国だったらそれで良いのですが……。いや共和国なら「やや性能で劣る」くらいでも数に任せて強引に勝ってしまえるかな。
こんなことは共和国にしかできん。
だから帝国は「敵が一切反撃できないような革新的ゾイド」で一方的に勝つ事を目指したのでしょう。
言い方を変えれば、そのような戦い方をしなければ戦勝することなど夢のまた夢であった。

「戦艦だろ」という時代に空母艦隊を作った。それで大戦果を挙げた。そんな感じでしょうか。
改めて帝国軍の技術力の高さと目の付け所の凄さが分かる。

あと、サイカーチスも加えてもいいかもしれませんね。低空を低速で自在に飛びまわる戦闘ヘリは画期的だった。

もっともこれは当初は飛行自走砲として開発されていたのですが(→参照)。


一方の共和国は、やはり共和国らしい開発をしています。
ここのゾイドにおいては、あまり革新的な事はしない。
そのかわり早期から「指令機」というか、各機に適切な指示を与え「部隊」として最高の動きができるような戦いを求めている。

それは初期はビガザウロ。そして後にウルトラザウルスです。
サラマンダーも、早期から早期警戒管制機仕様が登場しています(箱裏バリエ)。

各ゾイドを「部隊を構成する一員」としてみる視点が強い。部隊としてどれだけ威力を発揮できるかという視点が強い。
これはやはり、常に大量の数を運用できる共和国ゆえのものでしょう。


こういうのが両国らしくて実に良いですね。大好きです。

さて「帝国軍は攻められると脆い。共和国軍は攻められても粘る」と考えていますが、それは当然かもしれないなあ。
帝国軍は個として強い=そのゾイドが侵攻/防衛の要である。だからそれが攻略されれば後がない。
共和国軍は群として強い=敵が新戦法を採っても、多種多様なゾイドがあるので対処法を比較的編み出しやすい。
のだろうなと思いました。


もうちょっと続けます。
そんな革新的ゾイドを開発する帝国軍ですが、「後の時代に共和国軍がかっさらっている」のが非常に悲しいところです。

アイアンコング:遠距離砲撃で倒す
→このコンセプトは後に「ゴジュラスMK-II」が互角程度、「ウルトラザウルス」が上位版として君臨。

サーベルタイガー:高速戦闘
→このコンセプトは後にシールドライガーが上位版として君臨。

サイカーチス:対地ヘリ
→このコンセプトは後にダブルソーダが上位版として君臨。

ウオディック:敵が探知できない深海から一方的に攻撃
→対戦ソナーと対戦ホーミング魚雷の開発で無に帰す。

デスザウラー:敵が絶対に防御できない荷電粒子砲
→マッドサンダーが防ぐようになった


悲しいよなぁ…。
逆に共和国軍のコンセプトを帝国は最後までかっさらえなかった。
・巨大ゾイドの開発技術
・部隊を適切に動かす管制能力
・飛行ゾイド

ただ唯一、「高速戦闘」のカテゴリーは帝国が意地を見せたとも思います。
他のカテゴリーは共和国に逆襲されると劣勢なままだった。

・コング以上の遠距離砲撃ゾイドを造れなかった
・ダブルソーダを超える対地ヘリを造れなかった
・対潜ソナーと対戦ホーミング魚雷の登場以降、ウオディックはさっぱり活躍できていない
・マッドサンダーのシールドを破ることは最後までできなかった

帝国は革新的なものを造る反面、いちど逆襲されると脆い。
ただ高速戦闘は、シールドライガーに優勢を奪われる→グレートサーベルで逆襲すると粘りを見せた。
シールドライガーMK-IIは……、たしかにバランスの悪さは否めない。1対1で戦えばグレートサーベル優位と思います。
ただやっぱり高速ゾイドが大威力のキャノンビーム砲を持っている価値は極めて高い。
戦場での価値は5分5分くらいでしょう。

しかし、末期にあいつが登場した。そうライジャー!

最高速度は320km/hを誇る。これがいかに凄いかというと、グレートサーベルやシールドMK-IIより80km/hも速い!
かつてシールドライガーはサーベルタイガー相手に「何てスピードだ、サーベルタイガーが止まって見えるぞ」と言った。両機の速度差は50km/hだった。
80km/hも差があったら一体どうなるだろう。しかも単に速いだけじゃなくて運動性も高い。
火力も豊富。シールドライガーと同レベルじゃないかな。しかも背中の砲は全周囲に射撃可能。
これを中型機で実現するとは!

ライジャーは帝国の戦況を好転させる事はなかった。
それどころか、先の記事のように足を引っ張ってしまったのかもしれない。
でもそれでいい。その代わりにゼネバス帝国の意地を存分に見せつけたのだと思います。
ライジャーは制式採用された最後のゼネバス帝国ゾイド。
唯一無二の存在だと思います。

そんなわけで、今日は寄り道でした。

末期のゼネバス帝国高速部隊、いいですね。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント