史上最強ゾイド

元号が変わる!
令和。なかなか新時代っぽくて良い響きだと思いました。

さぁー、平成も残りわずか。だから何が変わるかっていわれたら別に何も変わらない。節目というだけではあるんですが、それでも一日一日を大切にしていきたいものですね。

さて節目の時期って必ずゾイドが展開している感じがします。
昭和から平成に変わった瞬間(1989年1月)は、メカ生体ゾイド。ちょうど中央大陸戦争がクライマックスを迎えていた。

1900年代から2000年代に変わった瞬間は、機獣新世紀ゾイドがやってた。この頃はまだメカ生体からの復活組のみだった。

20世紀から21世紀に変わった瞬間も、機獣新世紀ゾイドがやってた。この頃は新世紀の新型が猛威を振るっていましたね。

そして平成から令和に変わる瞬間はゾイドワイルドかぁ。
節目節目にゾイドが居るのは面白いものですね。

…節目で考えるゾイドアレコレ。

デスザウラー
・昭和の帝国最強ゾイド

マッドサンダー
・昭和の共和国最強ゾイド
・昭和の史上最強ゾイド

キングゴジュラス
・メカ生体ゾイド史上最強ゾイド
・平成最強ゾイド
・全ゾイドシリーズ通して史上最強ゾイド

てな感じでしょうか。
果たして今後キングゴジュラスを越えるヤバいゾイドは登場するのだろうか。
越えるといろんな意味でやばそうな気もしますが、強いゾイド、強くないけどからめ手で戦うゾイド、マニアックに攻めるゾイド、色んな種類がどんどん増えると良いですね。

さてゾイドワイルドです。
ワイルド史上最強は現在のところ間違いなくデスレックスでしょう。
ただしそれは戦力比較表のようなプロレスバトルにおいて。
兵器としての最強はむしろディメパルサーじゃないかなと思っています。


正確に言うとデスレックスのDNAを組み込み・ディロフォスを随伴させた状態。

まずもって電磁パルス攻撃ができる時点で接近戦では最強に近い。
気をつけるべきはガノンタスくらいか。
いかにナックルコングやパキケドスが強烈な格闘攻撃を叩き込もうにも、そもそも近寄ればメカが破壊されるとすれば勝負にさえならない……。
電磁パルス対策は可能なようですが、あの世界で実現できるのはデスメタル帝国くらいだろうなぁ。レジスタンスにはキツイでしょう。

電磁パルス攻撃は気合で振り切った描写も出ました……が、デスレックスDNAを使った攻撃をすると手が付けられん。。。。。
グラキオのような大型でも全く耐えれてない。

兵器的運用をするなら、まさにトリュフが行ったような「敵の重要戦力を鹵獲」が楽に行える。悪魔的兵器ですね。
戦いのたびに自軍戦力をどんどん増やせる。

デスレックスは戦闘においては最強ですが(※)、兵器的に見て致命的な弱点は燃費が悪すぎる事ですね。
※ただしやや撃たれ弱い印象はある。強固な装甲で守られているが本体自体の気合はそこまで強くないというか。むしろ殴られてもふんばる気合・精神的強さはナックルコングが一番な気がする。


燃費というのは凄まじく重要。
いくら性能が良くても動けないのでは意味がないですからね……。
無理をして動かして大戦果を挙げたとしよう。でも燃料タンクを空にしてしまっては割に合わん。

デスレックスはその意味において致命的。
ゾイドを食わせる…。
本来であればデスメタルの戦力として運用できるゾイドをわざわざ減らさねばならん。。。
しかも1,2機与えれば良いというレベルじゃなくて、凄まじい数が継続して必要。

ギャラガーは四天王の乗機を食わすぞと脅しましたが、あんがいそこまで食事用ゾイドが枯渇した事情ゆえかもしれないなぁ……なんて思ったりも。
デスレックスの保有にこだわりすぎると、デスメタル帝国が崩壊してしまいそうだよなぁ。
まあ、ギャラガー的にはそんなことはどうでもいいと考えていそうでもありますが。


デスレックスDNAを組み込んだディロフォースは、こちらも長期運用には難がある。下手すれば出撃のたびにヒレ部分を交換しなきゃならないかも。
でもデスレックスよりは遥かにマシというか。費用対効果に十分見合う運用ができると思う。
改良してヒレの耐久性をあげることだって可能かもしれないし。

……頭の良いトリュフだったら、「もしや今だと反逆したら成功するのでは?」とか考えてないかなー。
ディメパルサーを自由に動かせる自分が反逆したらどうなるか。
デスレックスおよび「デスレックスが喰ってない極一部の種」を除いては自軍戦力にできます。
それはデスメタル帝国部隊をものっとれることでもあります。
まずはディロフォースを整備可能な施設をのっとる。それを皮切りにデスメタル部隊やレジスタンス部隊のゾイドを次々にのっとり勢力を増やす。

むろんデスレックス自身は倒せないけど、まぁそれは飢餓作戦でも発動すれば消耗させる事は容易。奴はそれほどまでに燃費が悪い!
デスレックスが打って出ても徹底的逃げれば良い。そのうち飢えて止まるだろう。
そうすれば戦わずして勝利。トップになる事は十分に可能。

…トリュフはそういう考えは無いのかな。
なんとなく、自分がトップになるより「No.2になって実益を得る」事を目指してそうだなーとは思える。
No.1になると組織の顔だから矢面に立たなきゃならない。面倒くさい位置でもありますからね。
そこにこだわる人も居るだろうけど、「十分な実益があり、なおかつ面倒くささの少ないポジション」という事でトリュフはNo.2を狙ってそうな気もします。
なので、やっぱり今後もデスメタル帝国で頑張っていくのかな。

トリュフって絶妙な位置に居る気がするなぁ。
デスメタル帝国のNo.1はギャラガー。それゆえ命を狙うものも多い。面倒くさい。
ギャラガーの側近はラッキョー。言うまでもなく面倒くさい。
四天王の中では……、ギャラガー直属みたいな感じでタケノコなどの余計な依頼を多く受けるのがドレイク。面倒くささを極める。

トリュフは…、高い地位でありながら、なおかつ面倒ごとは極力避けれている感じで良い位置と言える。
現在は戦闘にも多く参加していますが、少し前までは町での資金管理が仕事だった。
ギャラガーからは遠い位置で自分の好きなように町を運営。さぞや快適な暮らしだったでしょう。
さて、トリュフとディメパルサーは今後どうなっていくことやら。


フォアグラは純粋にギャラガーの強さに心酔して部下になった気がする。
キャビアは・・・・・・。キャビアは小物的な考えというか、こいつについて行った方が得という単純な考えな気がする。
ドレイクは漫画版と同じ理由でしょう。

38話は四天王回でしたが、今後もまた(次こそ総集編ではない)四天王会があると良いなー。


あぁ、話が逸れてきた。

そんなわけでデスレックスのDNDを組み込んだディメパルサーは、ゾイドワイルド史上最強の兵器だと思います。
懸念としては、そのうち「自分自身さえデスレックスのDNAに飲み込まれて壊れてしまわないか」という事くらいかな…。

ただディメパルサーはワンオフではなくそこそこの生息数が居ると思います。
なので、ディメパルサーを複数運用する事で一機壊れても別に構わないという状況も生み出せそうな気がしています。
うーむ、能力に加えて量産の問題まで解決するとは。

ディメパルサーを倒そうとすると、ホントに効果の及ばない遠距離から砲撃するくらいしか無い気がする。
逆に言えば、それが可能になればディメパルサーは大きく優位性を失ってしまう。厄介な機体なので優先的に全力で排除されるでしょう。
今後、ワイルドに遠距離攻撃手段が出てくるかは注目ポイントだなあ。
果たしてディメパルサーを超える種は出現するのであろうか。
追っていきたいです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント