VSマッドサンダー6

バトリサ、6日午後に第一陣を発送しました。
発送後は追跡番号をメールしております。該当される方は到着をお楽しみに!

また、6日の22時までに注文して頂いた方へは案内のメールをしております。
該当する方はご確認くださいませ。

お知らせはここまで。
以下は今日の記事です。

VSマッドサンダーの続き。
前回に続き、2対1で勝利を目指します。

マッドサンダーに勝つなら、私は「ノーマルデス+デスバード」がいちばん可能性がありそうだと思いました。


デスバード。
デスウィングと違って本格的な飛行ゾイドです。
もはやデスザウラーなのか「デスザウラーのエネルギーを使用した飛行機」なのかよく分からない…。そんなレベルで魔改造されてます。

能力を考えましょう。
最高飛行速度M2.0。これはサラマンダーと同じです。凄いな。

最高飛行高度は3万メートル。凄まじい高さ。
この高度は一応プテラスでも到達可能ですが、デスバードは「その高度で戦闘ができる」という点において凄いのです。
これはB-29対日本機に似ているなぁ。
スーパーチャージャー(過給機)と与圧室を持つB-29は高度1万mでも低空と同じ性能を出せた。
でも日本機は…、上空では空気が薄いからエンジン性能は低下し飛んでいるのがやっとだった。
コックピットも与圧室じゃないから寒い。パイロットは寒いのは我慢して酸素が薄いのはボンベを背負って頑張っていたわけです。
「その高度まで行ける」ことと「その高度で戦える」ことは別と考えた方が良いのでしょう。

そして火力も凄い。

撃たれたゴジュラスMK-IIがこれよ……。
余談ですが私は当時このゴジュラスを見て「なっさけねぇゾイドになっちまったもんだ……」と嘆いたものです。
私にとってけっこう決定的なシーンだったな……と覚えています。
だってデスバードには小さな火器しか付いていない。こんなのでやられちゃうとは。
まぁ、多分、口径は小さいがデスザウラー由来のエネルギーで撃つ高性能砲なんでしょう。そう解釈しておきたいです。

あとは、「自動飛行コンピューター」が搭載されていて飛行性能が凄い。
これは地表スレスレを正確に飛行する装置です。地表スレスレを飛ぶというのは敵のレーダーに発見されにくいということ。
ちなみに低空飛行というのは猛烈にエネルギーを消費します。
こういう飛び方ができるという事は、デスバードは非常に航続距離も長いであろう事が見えます(航続距離が短ければそもそもこんな飛び方はできない)。

うーむ凄い。

開発したのはマイケル・ホバート技術少佐。
デスザウラー開発者のドン・ホバートのご子息であらせられる。
<これは僕のゾイドではない。父の作ったデスザウラーだ>
とはマイケルの感想ですが、十分にマイケルのゾイドになってる気がするなぁ……。




弱点はないのか。
あると思います。まず、諸説あると思いますが、荷電粒子砲は外されてるんじゃないかな。
インテークは残っていますが、これは飛行エンジンを動かすための装置として転用されていると思う。
むしろ、「荷電粒子砲を撃てるほどのエネルギーを飛行用に転用できたからデスバードはこれ程の性能に至った」と解釈するのが自然と思います。

次に、運動性と防御力は低そうです。
というのもデスバードはプテラスの追撃を受けた際に以下のように戦っている。
----------
デスバードは、3万mを越える上空で悠々とプテラスを待ち構えていた。寒さと薄い空気のために、プテラスの運動性能が低下する高々度で一気に勝負をつけようという作戦であった。
----------
いくら数が多いといっても所詮はプテラス。
なんでそこまで警戒する必要があるのだ。

というと、まず巨体ゆえ運動性が低く撃たれれば回避運動は苦手。ほぼ全弾命中するのだと思います。
これは仕方がないですね…。
次に「デスザウラー400tに飛行用エンジンなどを加えた」それをマッハ2で飛ばすわけだから並大抵の努力じゃいけない。
荷電粒子砲の発射機構を撤去、更に装甲を薄くし防御力低下を許容する。そのかわり敵の対空砲火が届かない、敵戦闘機がきてもロクに飛べないような飛行高度を実現するように設計したと思います。


そのような部分はあるでしょう。しかし、驚異的なデスザウラー改造機です。
これとノーマルデスにタッグを組ませれば…。

私が注目したのはゴジュラスMK-IIを倒しているシーンです。
あのゴジュラスを倒せる火力である。これは重要だ。
いかに量産型とはいえ、それでもあの頑丈さを誇るゴジュラスです。これを複数機まとめて倒してしまうとは。

このシーンから考えるに、ハイパーローリングチャージャーやキャノンビーム砲くらいは破壊できるでしょう。
1、空から攻撃する。チャージャーや砲を潰す。
2、その後にノーマルデスを派遣し荷電粒子砲を見舞う。
3、もはやシールドの形成できないマッドは溶けてしまう
という算段です。

さすがのキャノンビーム砲も真上には撃てない。
死角をとればデスバードはやりたい放題。
チャージャーとキャノンビーム砲破壊後は、離脱せず牽制の為にその場に留まる。
重要なのはノーマルデスに適切な攻撃タイミングを連絡する事。そしてノーマルが荷電粒子砲をチャージする際にマッドが妨害しないよう牽制すること。
ノーマルが無事にチャージを終えれば勝利……!


これはけっけこう理想的な気がします。
唯一、チャージャーを破壊されたマッドがノーマルデスの接近を察知すれば穴を掘って逃げないかと言う事です。
ただデスザウラーも穴を掘ることは可能です。バトスト2巻では「荷電粒子砲で穴をあけ、更にパワーハンドで土をかき分け地中を移動する」シーンがあります。
この状態だと俄然デスザウラーの優位なので、マッドが開けた穴に飛び込み追撃しても良いですね。

マッド側は……、追いつかれる前に地上に出る。
そして遅れて(同じ穴から)地上に出てくるデスザウラーを思い切り踏みつければ逆襲が可能だろうか。
ただ、デスバードが上空から監視を続けているとすればこれも使いにくい。

おぉ、今回はイケるのでは。


実戦で使うとすれば、厄介な要素はレイノスでしょうか。レイノスはなー……。
飛行高度は設定されていないと思いますが、プテラス以上ではありましょう。
速度はM3.3なのですぐに追いつける。
火力については三連ビーム砲に72mmバルカン!
索敵力も高いし、これが出張る空域には残念ながらデスバードは投入不可能と思う。

といっても、それは実戦でのこと。
「プロレス的バトルで」という条件であれば、デスバードとデスザウラーが共同すれば倒せると思いました。

、、、実戦で使うとすれば、もう一つ厄介なのは多分改造デスザウラーの中でも特に大掛かりなのでコストが非常に高い。
更にいちど改造するとノーマルに戻すことはできないでしょう。
爆撃ミッションや対マッドサンダー戦を除けばノーマルデスザウラーの方が強力だし。
極めて優れたゾイドだが量産する事は難しい。そんな仕様でもあるのでしょう。
しかし、その上でなお傑作だと思いました。

うーん、更に実戦でも使える戦術はないものか……。
コング以下も導入しつつ考えてみたいです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント