デスバードのその後

VSマッドサンダーの記事を書いていて、「デスバードのその後ってどうなったのだろう」とのコメントを幾つか頂きました。
たしかに・・・、このゾイドってどうなったんだろう。




明確なラストがありません。
まぁ、改造ゾイドは一回こっきり登場な事が多くて結末不明なのが多いんですが。
同じくバトスト4巻だとビッグ・バッド・ジョンとかデスシャドーとかも。

ただデスバードは改造ゾイドとしては異例なほどに登場シーンが多くて。
・共和国秘密基地爆撃
・マッドサンダー開発施設(偽)の爆撃

がバトスト4巻に収録されています。

学年誌では、マッドサンダー開発施設(偽)への潜入でゴーレムを空輸する役割も果たしました。



・・・・・・ゴーレムくらいレドラーで運べんのかい!という気はちょっとするけど。

さて、どうなったのかなぁ…。
あのサラマンダーさえ全くかなわない超爆撃機。中央大陸戦争では史上最強の爆撃機だと思います。

その後……。4パターンくらい考えられるのかなぁ。

1:耐久限界を過ぎて退役
これはデスザウラーが魔改造されすぎている点からの想像です。
前の記事でも書きましたが、もはやデスザウラーをエネルギー源としてのみ利用している感じがする。
なのでコアの拒絶反応が考えられる。使用してるうちにストレスも過度にかかりそう。
そうした理由で末期にはもうコアが限界を超えており飛べなくなっていた説です。

開発者のマイケルホバートは技術にのみ囚われていたからなぁ・・・・・・。
デスバードの改造の方向性は後の暗黒軍のディオハリコン、共和国軍のTFゾイド、キメラゾイドのような方向性に近い感じがする。


2:マッドサンダーに撃墜された
マッドの対空砲と言えばキャノンビーム砲です。
これってちょっと不思議な装備で、対空砲としては過剰にでかいです。
帝国軍なら分かる。巨鳥サラマンダーを撃ち落すには高威力の砲が必要→大型砲を装備した。

でも共和国はなぜ大型砲が必要なのだ。
レドラーやシュトルヒを落とせる威力で良いのではないか。
……まぁ、キャノンビーム砲は実際は対地上ゾイド用の目的が主で「対空砲撃”も”可能」というオマケ程度なのかもしれませんが……。

でも、わざわざ対空用にも使用できるとした理由はあるはず・
もしかして、共和国軍はマッドサンダー開発中の時に「デスバードが量産されたら・・・」という警戒心を持っていたんじゃないかなぁ。
なのでこれが落とせるような大型対空砲を積んだ。
そして目的の通りデスバードを落とした。


3:レイノスに撃墜された
これが濃厚かなと思っています。
プテラスを警戒したデスバードなので、決して対戦闘機戦は得意ではないと思う。
なので次世代戦闘機レイノスにやられた可能性は高いと思います。


4:生き延びて暗黒軍が接収した
これも濃厚かなと思っています。
マッドサンダーやレイノスの登場で安全な運用が難しくなってきた。
そこで出撃を惜しむようになり・・・・その内に帝国は暗黒軍に裏切られて保有する装備の全てを奪われる。
当然、デスバードも・・・・・・。
この異様な改造ゾイドは暗黒軍に寄って徹底的に研究され、あのギル・ベイダー開発にも活かされた・・・・・・。

あるいは、末期の帝国が暗黒軍の協力をあおぐべく「見返り」として提供された可能性もあるのかなぁ・・・・・・。


実に妄想しがいがあるゾイドですね!
もうちょっと肉付けしていきたいなー。
思いついたらまた書きたいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント