航続距離

先日デスバードの話をしましたが…、



この画像を見ていて、改めてデスバードでゴーレムを運んだのは何故だ!? と思いました。

この作戦は、新型巨大ゾイドの開発が噂される共和国開発基地。そこにゴーレムが潜入するという話。
ゴーレムはデスバードに搭載され、基地上空まで進出。
上空から投下され、ブースターを逆噴射しつつ落下。基地に潜入したのでありました。


降下用のブースターがカッコいい。
パーツ構成がかなり贅沢ですね。今再現するとなるとけっこうかかるなぁ。


さて比較として思い浮かぶのはバトスト1巻に掲載されたウルトラザウルスのっとり作戦。
この時はやはりゴリラ型であるところのハンマーロックがシンカーに搭載され、投下された。


…ゴリラ型っていうのはやっぱり器用で潜入とかに向いているんだろうなぁと思います。
それはさて置き。
ハンマーロックを運んだのはシンカーです。

シンカー26.6tがハンマーロック26.8tを輸送。これは凄い事です。
本作戦に投入されたシンカーは特に解説はされていないが特別に搭載量を強化した仕様なのかも。
しかし、それにしたって自重以上の重量を運んだシンカーは凄いなあ。


さてこのシーンと比較すると、デスバードでゴーレムを運ぶのは何故? と思ってしまうなぁ……。
レドラーで良いのでは。

レドラーの搭載量は不明ですが、対艦攻撃機や爆撃機としても運用されているから搭載量はそこそこある筈。
ゴーレムくらいなら運べそうなんだけどなぁ。

本作戦は潜入でした。見つかりたくない。
巨大なデスバードとレドラーではどちらが見つかりやすいかという問題もあります。


ここで思ったんですが、もしかして万能飛行ゾイド・レドラーの意外な弱点って航続距離なのかもしれない。

レドラーの初陣となったフロレシオ海海戦。ここでは最終的に攻撃前にエネルギー切れになってしまった。

学年誌でも、「ウルトラザウルスを攻撃しようとした→プテラスに邪魔される→プテラスに空戦で勝つもエネルギーを消費しウルトラを取り逃がす」という展開がありました。
(無敵、デスザウラーのコラムを参照)

レドラーの航続距離は不明ですが、もともとそこまで長くはない。爆装や雷装をすれば更に落ちる。
ゴーレムを搭載すると重量だけでなく空気抵抗が大幅に増えるので極端に落ちる。
そんな感じなのかも……。


太平洋戦争で活躍した「零戦」乗りのエース、坂井三郎氏は同機の最大の長所を長大な航続距離と言っています。
絶大な火力でも軽快な運動性でも高速性でもなく航続距離(滞空時間)です。
曰く、燃料切れを気にせず存分に戦える為。

零戦21型の航続距離は増槽を付けた状態だと巡航で3,350kmもある。
ライバルのF4Fが1,690km、ヨーロッパのBf109やスピットファイアが650kmほどだったのに対してかなり長い数値です。
この長大な航続距離を活かして緒戦で大活躍したのであります。


空戦性能で比較するともちろん「レドラー>プテラス」なんですが、航続距離で言うと「プテラス>レドラー」なのかも。
しかも純戦闘機として運用する際はまだ良いが、爆装や雷装をすれば行動半径が大きく減少し投入できる作戦がかなり減る。

共和国軍は、レドラー無敵時代において旧式のプテラスで耐えに耐えた。
その理由は航続距離なのかも……。

レドラーにもし十分な航続距離があったとすれば、もっと積極的に共和国基地を攻撃していただろう。
帝国軍に決定的な力を与えていたかもしれない。
なにしろ飛行ゾイドでも対空砲火でも撃墜できない圧倒的飛行性能を持つのだから。
レドラーは確かに強かったけど「帝国軍の進撃を大幅に手助けした」ような決定力はみせなかった。
「空戦では無敵だった」という狭い範囲の活躍をしただけで。


航続距離が短いと、「敵地の攻撃」においてかなり致命的です。

この図の様に敵地を攻撃した後「帰還」する必要があるので、帰りの分の燃料を残しておかなきゃならない。
帰還途中にトラブルが起こらないとも限らないから、ギリギリでなく多少は余裕も欲しい。
(帰還中の燃料・残弾ともに厳しい敵を攻撃するケースは多い)
これはもうパイロットの精神をかなり圧迫します。

こう考えると、プテラスは確かに性能では圧倒的に劣るが「防衛」「迎撃」ではそれなりに対抗できるのかなと思いました。
敵がエネルギー残に余裕がない状態なので、確実な撃墜を狙わなくとも良い。
たとえばバルカンやミサイルを遠距離から適当に放っても「そうそうは当たらない」
といっても命中する可能性が多少でもある以上は回避せざるを得ないでしょう。
回避というのは急激な機動なのでエネルギーを多く喰います。
こうして効率的にエネルギー消費を強いれば、レドラーは帰還用のエネルギーがなくなり共和国基地攻撃を断念するというわけ。

仮に帰還を断念してそのまま突っ込んでくれば、それはもうプテラスは撃墜され共和国基地は損害を被るかもしれない。
でもレドラーも帰還できず帝国側も損害が出る。上手く行けば鹵獲機が得れるかも。
国力の低い帝国はこれは出来るだけ避けたい……。

レドラーはレドラーで、運用に苦労があったのかなぁ……と思いました。


ちなみに航続距離の短さが全く問題にならない場合もあります。
それはせめて来る敵を迎え撃つ「迎撃」です。
「侵攻」は敵位置まで移動して戦うから航続距離が大事ですが、迎撃だと敵がそこまで来るのだから航続距離は関係ない。戦闘が終わればそのまま降りればいいだけだから存分に戦えるわけです。

上に挙げたBf109戦闘機は航続距離が650kmしかなく、バトル・オブ・ブリテン(イギリス本土への攻撃)では致命的な弱点となりました。
しかしドイツ上空に迫る敵の戦爆連合を迎え撃つ迎撃ではその力を存分に発揮しています。

航続距離が短くとも、迎撃ではその力を存分に発揮する。
すなわち、共和国軍サラマンダーの爆撃を受けた際においてはスペック通りの力を発揮でき、確実に阻止する事が出来たのでしょう。

こうして考えると、より飛行ゾイドのバランスが面白くなってくる気がします。
航続距離は飛行速度や武器に比べて注目される個とが少ない地味な点と思いますが、重要なポイントだと思いました。

そういえば共和国軍の飛行ゾイドはどれも航続距離が長いなぁ。この事は共和国らしい感じがする。
グライドラーもサラマンダーもプテラスも。
グライドラーは着水可能で運用幅が更に広いし。
…まぁ、グライドラーはさすがに空戦性能が低すぎて早期に退役してしまったけど……。

ペガサロスは異質かな。データはありませんが航続距離は短そうなイメージがあります。
更に車輪があり、滑走路がないと飛び立てない。他は全て垂直離着陸可能なのに。

シュトルヒも航続距離は短そうなイメージがあります。
少なくともプテラス以下だとは思う。帝国軍は「強力な共和国飛行ゾイドが居る」という状況で開発をしているから、やはり空戦力を第一にしてるのだと思いました。

ただ唯一シンカーだけは凄い機体だなとも思いました。
水空両用はやっぱり凄い。
飛行速度は音速を下回りますが、防御力と水空両用のトリッキーさを活かしてペガサロスに優位を示す。
このからめ手が凄い発想。

という事で飛行ゾイドの話でした。
やっぱり飛行ゾイドは魅力的。

ワイルドでも出ないものかなあ。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント