ワイルドブラスト

ゾイドワイルドの「ワイルドブラスト」を初めて見た時は、良い意味でも悪い意味でも随分驚いたものです。
良い意味とはギミックの面白さで、これはまた凄い仕掛けを造ったものだなと思いました。
他方、悪い意味とは「こ…これはやりすぎでは?」と思ってしまったこと。
ガブリゲーターとか凄いもんねぇ。



初見ではめちゃくちゃ混乱したものです。
「す、すごいけどこれはいいのか?」
最初は、「奇をてらっただけのものでは」「インパクト勝負をしただけでは?」とも思ったのですが、今ではまさに「ワイルドブラスト-本能開放-」だと考えが改まっています。

ワニの噛み付きをより強調したガブリゲーター。
陸亀のドッシリ感だから巨砲を搭載できたガノンタス。
より強く大きな牙を……、そんな想いを具現化したワイルドライガーやギルラプター。

奇をてらったなんてとんでもない。
各機とも、よりモチーフを際立たせるギミックが追及されている。
それが凄くいいと思います。

ゾイドは「メカ生体」という生物感を強調したタイトルから始まっていますが、今期シリーズも生物感を”豪快”に表現していて、まさに「ゾイドワイルド」だなと思います。


過去のシリーズを見ても……、ウルトラザウルスのキャノン砲は巨体をより際立たせる装備だし、マッドサンダーの角は突撃をより強調している。
ブレードライガーのブレードは高速性とうまく合致した見事な装備と思います。
この辺の装備はワイルドブラストっぽい感じがします。


個人的な感覚ですが、そのゾイドの最大装備がモチーフの生態をより強調するものであればとても良いと思います。

ゴジュラスやサーベルタイガーはシンプルにモチーフを捉えた「基本」って感じがする。
グレートサーベル(機動力をより強化するウイング)やマッドサンダー(回転する角)なんかは、「超兵器感がありつつ、一方で生物感もいっそう強調されている」という感じがします。これが一番好きなバランスです。
人の手で徹底して改造されているけど、あくまでモチーフを尊重した方向というもの。

ゴジュラスMK-IIやガンブラスターなんかは、装備品がモチーフから導けるものじゃない。
バランスとして兵器感をかなり強調してる感じがする。

もちろんゴジュラスMK-IIやガンブラスターみたいな、モチーフというより兵器そのもの……、モチーフより装備品が主になっているゾイドもそれはそれで好き。
こういう方向のゾイドが居ればこそ、シンプルなゾイドがより際立つし、中間タイプのゾイドもより際立つ。
やはり色んな方向のゾイドがある・多様性があると嬉しいです。


ただしこのカテゴリー……、「装備ばかりが目立つ機体が増え、それがゾイドの標準になる」ようになると、シリーズ全体の魅力が下がり人気も落ちてしまうのかなぁ……とも思いました。
メカ生体/機獣新世紀ゾイドの末期のように……。
両シリーズの末期の時期。活躍するゾイドは超装備を付けた超兵器ゾイドが中心だった(キメラは生物らしさとは思わない)。

個々のゾイドで見ればもちろん皆に魅力があるんですが「全体」の印象としてそうなってしまうとマズイ。
生物である意義が薄れてしまうのは否めない。
もはや「とりあえず動物の形してりゃいいだろ」という感じになってしまうと、ゾイドは迷走してしまうのかもしれない。


ゾイドワイルドの二年目からのゾイドはどうなるだろう?
やはり色んなゾイドが欲しいな。
今のままの方向性でももちろん良いけど、ちょっと趣向を変えたのが出ても面白いと思います。
そのゾイドがシリーズ全体の良いアクセントになり深みを出したりするかもしれないし。

ただ一つ「全体の流れ」としては、やはり生物であることを、その意義を最大限に活かすものであってほしいなと思いました。
まぁ、その点はあまり心配していなかったりはするのですが。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント