こんぶ

40話でした。

古大秘宝Zの情報を得るためトンズラーの街に向かったフリーダム団一行。
トンズラーの街は地下都市、そして何でも臆病者の街らしいのだが……。



トンズラーの街、なんか予想と違う雰囲気でした。
地下都市でドネルケバブ焼いとるし……。



しかしトンズラーの街、地下都市で普通に生活できている事も凄いし中央に動力炉があって高度な技術もあるようだ。
この辺から技術レベルが少しづつ見えてくるかもしれないなぁ。
ゾイドワイルド世界の技術は、地域ごとで分断されておりかなり差が激しい。
しかし高い場所では、かなりの水準にあるという感じかな?


さてトンズラーの街はソルトの生まれの地であった。
なにやらソルトは生まれ故郷や両親を毛嫌いしているようなのだが……。

という事で、ソルトの過去が明らかになった回でもありました。


ラプトールに襲われる親子。この図は……、まぁコミカルに描いてありますがゾイドの怖さが改めて分かるシーンだなぁ。
無印一話や漫画版機獣新世紀ゾイドでも第一話は「小型ゾイドに襲われる人間」でした。
ゾイドとしては最弱クラスであっても二とにとっては十二分に脅威であるのですね。

ソルトが両親や街に毛嫌いする理由も判明。
そうかソルトのアレは父からの遺伝だったのか……。
ソルトの過去話、けっこう重い筈なのに描写が適度にコミカルなので暗くならなくて良い描写でした。


後半はデスメタル部隊も出現。
あのアンキロックスをキャビアが扱っている!
そうかー、アンキロはキャビアか。
残りのグラキオとパキケドスはどちらに配置されるだろう。

そしてデスメタル部隊は全機がデスブラストキーを配備しておりそれが使えるようになっている!!
ラプトールといえどデスブラストをすればあなどれない敵と化す。
今話は全体的にラプトールが復権した話という印象でもあります。


形勢不利の状況に、街の人やフリーダム団は離脱を決意する。
どうにか離脱した一行はデスメタル帝国を倒すことを改めて誓う。
そしてまたソルトも今回の経験で「逃げる」ことへの認識を少し改め、過去への受け入れをしたのであった。

最後には古大秘宝Zの情報も。
「日、昇る場所に古大秘宝Zは眠る」
これはオニギリが予想したように東……日の出が見える場所にあるという事?

今話はストーリーの進みとしてはやはりデスブラストキーの全機配備の脅威、そして古大秘宝Zのありかについての情報が最大でしょうか。
重要情報が出てきたのでストーリーが更に盛り上がりそう。
次週もヨウカン姉さん再びという事で今から凄く楽しみです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント