ギルラプター指揮官機組んだ

平成最後のゾイド、黒ギルラプターを組みます。
赤ギルと比べてパーツの追加などはないので、組立工程には一切変わりがありません。
ただし・・・!


説明書は専用のものになっていました。
色が違うだけですが、専用だとやっぱり嬉しいですね。

組み立ては同じ。
まずはボーンを組もう。


かんせい!
相変わらず骨ですが、色が青紫なので今までにないインパクトがありますね。


紫の具合ですが、少々メタリックがかった仕上がりをしています。
ギル・ベイダーの紫もこんな感じだったかな。
メタリックがかっている事で高級感があります。
ただ骨としては少々鮮やか過ぎるのは否めないので、墨入れや部分塗装をしてやった方がぐっと引き締まると思いました。


金色パーツはワイルドライガーとはちょっと違う金。
ワイルドライガーと同じ色にしなかった点は凄く評価しています。

ただ、薄いというか黄味強すぎる感じ。レモン色という感じ。そして光沢は強くなくぼんやりとした光沢。
この色はあんまり好きじゃないかなー……。
できればライガーゼロの爪のようなしっかりした金にして欲しい。
ゼロの金色ってかなり絶妙の金だったと思うんですがどうでしょうね。

個人的な金色の具合の印象……

シールドMK-IIなどの金:にぶい感じでイマイチ。
ガンブラスターなどの金:豪華で特別感はあるがメッキなので多用されると×
ハウンドソルジャー用GU(ハイパービームガン)の金:重量感があり素晴らしい…が、どちらかというと金というより銅色
ライガーゼロの金:完璧

という印象です。
金といっても色々ありますねー。
皆様はどの金色が好きでしょうか。


ま、ボーンはこれくらいにして装甲をつけましょう。


完成!!

うむ、黒なので印象が大きく変わりますね。
黒は問答無用でカッコいい色なので良い良い。
真っ黒がギルラプターのスピード感を高めています。


「赤→黒」という色の変化はサーベルタイガー、レッドホーンなどゾイドでは定番ですね。
黒から赤になるパターンもアイアンコングやデスザウラーなどとても多い。


形は同じなのでその点では新鮮味はありません。
またギミックにも変化なし。ちなみにモーターは通常版と同じ。
指揮官機なのでワイルドライガー覚醒版と同じ高速仕様モーターでもよかった気はするんだけどなー。

ちなみにシールには「ギャラガー」の文字が入った図案があります。

パッケージの世界観(バトルウォーズ?)では指揮官機だが、アニメの世界のギャラガー機でもあるんでしょうね。

アニメでは来週また登場するみたいで、どんな活躍・役割になるのかが楽しみです。

そんなわけで黒ギルでした。

……そういえば今回の文章を書いていて、名前の事をちょっと思いました。
1/72のゾイドでは「”デス”ザウラー」の上位に「”ギル”ベイダー」が居るんですが、
ゾイドワイルドでは「”ギル”ラプター」の上位に「”デス”レックス」が居るんだなーという事を思いました。
深い意味があるのかないのか。
そこはよく分かりませんが、ちょっと面白と思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント