ギルラプターちゃん…

今日は令和最初のアニメゾイド! そして超ドレイク回でした。

遂に明かされるドレイクの過去……。
過去におけるギャラガーとの因縁は漫画版でもそうであったのである程度は予想していました。
ただアニメではより悲惨でえぐい。
ギャラガーの残虐性を強調したものになっていて強烈でした。
トラウマもんやでぇ……。



…親、就職前にもうちょっとリサーチしなさいよとは思ったけど…。
当時はデスメタル帝国の悪評ってあまりなかったのかな?
あと、作中の人物って皆素直で疑る事を知らないような性格が多いからそのせいかもしれないなぁ。


ギルラプターはあの白い個体が塗り直されて今の赤になっている…要は同一機と思ていたんですが、これは意外な事実が判明しました。
2機居たのか。そして白い方は現在……。



なぜ白い方が現在居ないのか。それついての展開も凄かったです。
いや、ギャラガーの残虐性というか……いったい何考えてんだか全く分からない不気味さがあって。
実際、何考えてるの?

各話で性格が随分違う気もしますが、とりあえず底知れない大物感は出てるギャラガー様。
今後どうなる事やら。


……ところでドレイクの親が”排除”された理由って何だろうなあ。
ゾイドに強い愛情を持つ。おそらくその考えを強く主張してギャラガーの逆鱗に触れた……のだとは思いますが、別の角度で見れば当時のデスメタル帝国の最強ゾイドは黒いギルラプターであった。いまだデスレックス復元の具体的な見通しは立っていない時期。
その時期において最強ギルラプターを二機も保有するドレイク親は脅威だったのかも。
しかもデスメタル帝国(ギャラガー)とは違った見解を強い意思で持っており対立しかねない。
その脅威を取り除く必要があったという事なのかも。


さて、そんな過去が明かされつつもドレイクは何だかんだあってレジスタンスの整備施設の攻略をする事に。
そこにはまさに整備中のフリーダム団が居たのであった……。

今回の戦闘は緊迫感があって凄く良かったです。
全体的に整備中というシチュエーションを上手く活かしていてドキドキもどかしい、じつに緊迫感のあるバトルになっていたと思います。

施設のハッチが空くと同時に出撃するライガーの勇姿が良い。
戦いは当初、ウルフ、ガノンタス、スコーピアが整備中で動けない。ライガーのみで戦うことになる。
しかも今回のドレイクは、赤いいつも機体だけじゃなくて黒い元ギャラガー機も連れてきていた!

戦いは2対1でさえ当初はワイルドブラストしないアラシに成長したねぇと感慨深く思いました。
戦いの様子を気にしつつも「作業に集中しろ」と整備を急ぎ、少しでも早く助太刀に入りたい仲間たちの感じもとても良かったです。
その後、もはや全機は無理として全員でウルフの整備に集中する。この緊迫度の増し方も良かったなー。
本当、戦闘は良くなりました。

緊迫感のある戦闘と共に、複雑な事情から理解しあえず対立を深めてしまうドレイクとアラシ達の関係が切なくもありました……。
視聴者は神の視点を持ち両者の状況を理解してます。なのでどちら側の気持ちも分かるんですが……、何とも切ない状況だよなぁ。

切ないといえば黒ギルの最終も切ないものでした。
デスブラスト乱発による死が明確に描かれた。

今回、対立……特にフリーダム団側からの拒絶は決定的になったんじゃないかなぁ。
ここからどうなっていくのだろう。

今話は衝撃の過去と切ない戦闘がとても印象的な回でした。
印象的といえば、ソルトの
「だが、最後まで兵器として生きた」
のセリフと、「美化しないで!」に対して返した
「美化などしていない……、美化など……」
も印象に残りました。


あと、全然話とは関係ないんですがレジスタンス施設のモブのコがえれぇかわいいですね。


うーん。色んな感情渦巻く回でしたが毎週濃くて楽しめています。
来週からの展開が気になります!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント