一連の文章を打ってみて思った事

令和が始まってから我ながら凄まじい量の文章を打ちました。
当初は流れの概略だけをまとめようと思っていたんですが、やっぱり時代を経験していると色んな事を思うわけで。
そして時代の空気を述べたら、それに対する見解を足したり研究を加えたりしたいわけで。
そんなわけで気付いたら大長編になっていました。

「昭和のゾイド、平成のゾイド1.2.3、販促展開、販促から令和に願う」
この6つの記事を合計したら138kbの容量。分かりやすく400字詰め原稿用紙に換算すると173枚分くらいですね。
そんな長さでした。
まじか。そんな量か!
書いてるこっちがびっくりだよ!

はい、読む方もめちゃくちゃ大変だったと思います。
お疲れ様でございます。

ま、でも16連射でスイカを破壊する高橋名人とかファミコンロッキーとか、あえて無駄に文を長くした部分もあったりしましたが。
ぶはッ! とコーヒー吹いてくれた当時な方が居たら嬉しいですねえ。
ああ懐かしき80年代。
「当時はまだ生まれてもいないぜ!」という方も、なんだか異様に熱くて今では爆笑ネタにしかならない事を超マジにやってた時代に思いを馳せてもらえると嬉しいなあ。

80年代は…ネットが無いから情報の最先端が新聞・ラジオ・テレビ・雑誌とかでしたねぇ。
今だと提示された情報が正しいを判断する事がある程度可能ですが、この時代はそれが難しい。テレビで言ってるから正しいだろみたいな時代だった。
それでずいぶんメディアが調子に乗ったところはあると思うんですが、「いい意味でのバカ」で楽しませてくれた時代でもありました。

宇宙人とか外国の生物とか、そういういかにも怪しいネタは、今にしてみるとバカバカしい超絶誇張をされて放映されてました。
そして割と多くの人が半信半疑ながらも信じてましたねぇ。
なんだったかな。ピラニアとかも当時はめちゃくちゃ獰猛で「牛が川に入ったら5分くらいで骨だけになってしまう!」位にはレベルアップして紹介されていた。
とんでもない誇張ですよ。映画のピラニア3Dじゃないんだから。
あと「死んで骨だけになったピラニアが動き出し探検隊に襲い掛かり指をざっくり噛み千切る!」という「んなアホな……」としか言えない番組なんかも普通にありました。
こういうのは明らかなやらせだけど面白いから無罪でええわと思えますねぇ。
こういう方向なら嘘でもいいんですけどね……。

ま、この話題も膨らんできそうなんですが際限なくなるのでこの辺で。


さて一連の文章の最後は「新ゾイドバトルストーリー」の文章を引用しつつ、これからの事を願いました。

----------
私の研究所で、この戦いのために数々のゾイドが生まれ、クルーガをはじめ多くの勇敢なパイロットたちが、ゾイドと共に戦い、ある者は二度と中央大陸に戻らなかった。
だが、すべての勇気と死は、未来へ向かって生き続けるのだ。戦時にも、平和の時にも。

----------

バトストはホントに色んなことを教えてくれると思います。

----------
-戦争の二つの顔-
戦争には二つの顔がある。無意昧な破壊、嘘にまみれたはかりごと、残酷な暴力、そして殺人。これらは人間の最も醜い部分だ。
それと同時に、超人的な勇気と我慢強さ、友人への信頼、そして自分の命をも捨てて誰かを救おうとする愛の心、こういった奇跡のような物語もまた、戦場で生まれることがある。
我々ゾイド星人の心にすむ悪魔と天使が戦場で同時に姿を現すのだ。

----------

----------
この長く苦しい戦争に何かの意味があったとするなら、それはゾイド星に住む我々一人ひとりが平和の尊さを心の底から知ったことであろう。
----------

ファンの間で起こった確執、対立。それを踏まえてこれらの文章を読むと本当にこみ上げるものがある。
噛みしめて、これからの未来に向かっていきたいなと強く強く。

仲良くしていきたい。


そうそう、新世紀ゾイドではまた、平和の実現に苦労するヴォルフの姿が語られています。
----------
「なぜ、この星の戦いは終わらない…」
自問自答を繰り返す。中央大陸制圧から7年。執拗な抵抗を繰り返す共和国軍に、幾度となく決定的な打撃を与えてきた。だがそのたびに、彼らはより強くなって甦る。へリック派の民衆の、支えがあるからだ。
ヴォルフは、可能な限りの善政を布いてきた。ゼネバス派、へリック派の隔てなく、すべての民衆に愛を注いできたはずだ。ブロックス導入による軍事費の大幅削減も、長き戦争に苦しむ民衆の暮らしを思ってのことだ。だが共和国軍が再上陸するや、へリック派の民衆は、こぞって彼らの支援に回った。以前より豊かな生活を捨て、新たな戦いに身を投じていったのだ。 
「なぜだ」
また、苦渋の言葉がついて出た。だが、本当はヴォルフには分かっていた。人が時に、平穏よりも戦いを選ぶことを。

​ヴォルフ自身、旧ゼネバス兵と民衆の誇りのために銃を取った。そして40年に渡るこの星の平和を打ち砕くことで、彼らの祖国を再建したのだ。だがそれは、新たな恨みと確執を無数に生み出すことでもあった。ヴォルフが生まれるはるか前から積み重ねられてきた人と人、国と国の確執が、さらに広がったのだ。
いかなる善政も、祖国と誇りを奪われた者の怒りの前では無力だ。そのことを嫌というほど思い知らされた。この戦いの行方がどうなろうと、人々の確執は増しこそすれ、決して消えはしないだろう。

「だが…。だとしたら、この星の戦いはいつになれば終わるのだ!」
絶望感にヴォルフは、コックピットのパネルに力まかせに拳を叩きつけた。

----------

この後、ヴォルフのエナジーライガーとレイの乗るライガーゼロフェニックス(途中からファルコン形態)との決闘が起こり…、その最中にエナジーライガーのチャージャーがエネルギー暴走を起こしてしまう。
このままではガイロス帝国首都"ヴァルハラ"の悪夢が再現されてしまう。
という状況で、ヴォルフは暴走したエナジーライガーに乗り続け、現場から少しでも遠ざかり被害を軽減しようと試みる。
そして新世紀バトストのクライマックスになります。

----------
この時、皇帝護衛部隊に割り込まれていたレイは機体を溶かすほど灼熱したエナジーを見て、ヴォルフの真意を理解した。自分の命と引き換えに兵と民衆を救うつもりだ。
レイはかつてヴォルフが一人の部下を救うため、命をかけたのを知っている。そして今、この皇帝はヘリック派の民衆が多数を占めるこの都市を救うため命を賭けようとしているのだ。

護衛部隊に隙をさらすことを承知でレイが飛んだ。無防備な腹に無数の銃撃が撃ち込まれる。
だが、それでエナジーの傍らにゼロを横づけできた。キャノピーを開けて飛び降りるレイ。

「なんのつもりだ。レイグレック!」
互いに顔が見える距離で叫ぶヴォルフ。
「ファルコンはもともとエナジーライガー用に開発されたB-CASだ。もしかしたら…」
叫び返してレイは高熱でただれたエナジーのコードを引っつかんだ。ゼロファルコンのジャックにつなぎ、余剰エネルギーを吸収する気だ。
意図に気付いたヴォルフも愛機から飛び降りてコードを掴んだ。
互いに言葉は無い。ただ、戦いを宿命づけられた二人が今、力を合わせている不思議を思った。

甘い幻想がよぎる。
「この長き戦いも、何時の日か終わりがくるかもしれない」と。

両軍の兵士達も、やがて立ち止まり光の柱を見上げ始める。
すでに戦場から砲火は止み、互いを助け合いながら危機を脱しようとした彼らに、今は敵も味方もない。
その胸によぎるのは、レイとヴォルフの感じたものと同じ想いであったかもしれない。
長き戦いの因縁は、少なくとも今の彼らの前には存在していなかった………。

----------


本当、バトストは色んなことを教えてくれます。
新世紀のラストは…実にハードだ。
「なぜ、この星の戦いは終わらない…」からの独白は戦争の簡単ではない事情をよく物語っている。
それでも平和を目指し、戦いの中でヴォルフとレイは互いを理解しあい奇跡の協力をする。そしてその想いは周囲の者に波及しだす……。

その後が語られていない新世紀バトストですが……、その結末は、我々ユーザー次第なのかもしれないなぁ。
大きな確執があったゾイドファン。それを今後「対話」して解決できるのか?
そんな投げかけのラストだったのかもしれないなー……と思いました。

そんな意味で見ればこれ以上ない素晴らしいラストだったと言えるのかなぁ。
激しい対立を体験したユーザーとして、ものすごく感じる所があるラストだ。

コロコロにこのストーリーは掲載されてない(キット付属のファンブックEXでのみ語られた)。「公式ファンブック5巻-完結編-」も出なかった。
なのでこの結末を知らないユーザーも多い。
このもどかしい感じはいかんともし難い歯がゆさがありますけどね……。

ま、ユーザーは対話を身に付けて。
もしも嫌なファンが居たら、それは人間だもの。時として仕方ないですよ。無理に友達になれとは言わん。でもそれ以上嫌な思いを波及させないように適度な距離をあける器用さを身に付けて。
そして公式側は出来る範囲で構わないので資料を開示したりしてもどかしさが少しでも解消されるような方法を探って欲しいなぁと思いました。


例話になってからの一連の話題、ここで一旦終わり!
今日のも含めて我ながらめちゃくちゃ文字打ったな。

本当、良い時代になるといいですね。そうなると信じてます!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント