ワイルドブラストコレクションpart2

ガチャの「ワイルドブラストミニコレクションpart2」をゲットしました。


もともと4月予定だったものが(一部店舗では3月とも)5月下旬にまで伸びてようやく発売に至ったみたいですね。
一時期、音沙汰がなくなってもしかして没になった? とか思っていたんですが、無事に発売されて良かった良かった。

ただラインナップのガブリゲーター、ナックルコング、トリケラドゴスという所を考えるといずれもアニメでは退場してしまった(復帰の可能性はあるが)。
なので発売のズレが惜しかったなーとも思います。


帯は白黒。ゾイドワイルドのガチャの基本ですね。ちょっと寂しい…。


ここからは各機を紹介。

ガブリゲーター

ガブリゲーターはpart2では一番の出来です。
造形、かなーり良くできています。「牙が一部上あごを貫通している」所なんかも再現されています。


このサイズでこれは驚き。


ワイルドブラストも決まります。
ちなみに差し替えなしで実現しているのが凄い!

ナックルコング

ナックルコングもなかなか良い出来。


肩パーツを外して拳につければ、ワイルドブラストを完全再現可能。
このサイズなのに細かく良く出来ています。パーツの合いも良好。
惜しいのは顔が完全固定なこと。顔の角度を変えられれば完璧だった。

トリケラドゴス


トリケラは仕方がないとは思うけどもpart2の中では一段劣ります。
造形は良いのですが・・・、


ワイルドブラスト時に、トリケラだけは「ワイルドブラスト時用の専用パーツ」を使う仕様です。
他のニ機は「通常時」「ワイルドブラスト時」を同じパーツでやりくりしているんですが。


とはいえこのサイズだし、「ホーンが伸びる」のを専用パーツ無しで実現しろというのは酷である。
トリケラの設計に難があると言うより、ガブリゲーターとナックルコングの出来が凄いといったほうが適切ではあります。



part1と共に全集合。
比べると分かるんですが、part2はちょっとサイズが小さくなっていますね……。
特にトリケラがかなりミニマム。


part1ガノンタスと比べると小さくなったなあ。
300円がチャでこのサイズ感はちょっと割高な気はする。もちろん出てくれるだけで嬉しくはあるんですが。
しかしガノンタスの方が一回り以上大きいのか…。
これ、どうなんでしょうね。
新世紀の傑作ガチャ「ゾイドコレクション」だと、大型機は一回り大きく造形し、小型機は少し小さくするようになっていました。
もちろん正確な統一縮尺になっていたわけではないんですが、感覚として「大型ゾイドが大きく、小型ゾイドが小さい」ことの効果はやはり大きかったと思います。
こういう感覚があるからこそ、沢山の種類を集めて並べたくなったのだと思います。
ワイルドブラストミニコレクションは集めて並べると「大きさ・・・?」と違和感が出てしまうので惜しい。

あと3種類でシークレットもない。part1もそうですが、これは少ないよなぁ……。
倍の6種類くらいあれば良いのですが。多少は色違いなどで水増ししても良いので。

ゾイドコレクションのもう一つの魅力って、圧倒的に種類の多さだったと思うんですよね。
本家キットでは価格や場所の問題から一斉集合させるのは何度が高い。でもゾイコレだと全機ズラリ並べた状態を比較的容易に実現できてしまう。
そんな夢が叶うのが良かった。むろん種類が多いのでダブりやすいとか、こっちはこっちで集めにくさがなかったわけではありませんが。

ワイルドブラストミニコレクションはもちろん良い出来ではあるんですが、機種という意味ではまだまだかなぁ。
今後増えることを願います。
個人的には食玩やガチャの種類を増やすより、「種類を絞ってでもこれと決めたシリーズに注力して機種をコンプする勢いで増やす」ようにして欲しいなあと思っています。
大きさのことも含めて、ブラッシュアップされることを願います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント