AG

エレダンダーの線画にCPを描き足しました。



アサルトガトリングユニットです。
これを装備したエレファンダーは「エレファンダーAG」と呼ばれる。
渋い装備で当時は人気が非常に高く、一時出荷分は瞬殺だったと記憶しています。
幸いにも二次出荷され、買い逃したユーザーも手にする事ができました。
・・・・ケーニッヒのCPもちゃんと二次出荷されていればなー・・・・・・。

巨大ミサイルランチャーと中型ガトリング砲で構成される。
たぶん巨大ミサイルは対ストームソーダー用の対空装備であり(ファンブックの部隊構成でも本仕様は防空部隊に配備されている)、ガトリングは群る小型ゾイドを一斉に撃破する仕様と思います。


通常機の砲は砲身が長く、一発あたりの威力では高いでしょう。
ただし大掛かりな砲なので、対大型ゾイド用はともかく対小型ゾイド用としては使いにくい。
おそらく開発当初においては「共和国軍は数が少ない」という事情ゆえこのような装備になった。
しかし西方大陸戦争中期以降は共和国軍も戦時体制に切り替わり生産数が一気に増えた。
それゆえこのような「数で攻めてくる敵を一掃する」装備が必要になったと推測します。




ミサイルもガトリングも戦況の変化から急遽として開発されたユニット……。こう思うと非常に面白い感じがします。

ガトリングは砲身が短いのでちょっとカッコ良さが足りないかな。
レッドホーンのビームガトリングのスマートさには及ばない。後部に給弾パイプがないのも残念。
しかしその分、小~中型機に搭載しやすいのは優れていますね。

ただ側面の砲はちょっと余計かな。
カッコいいガトリングの基部が見えづらくなってる。
そんな感想です。

このユニットはなー。
デザインの感想は上の通りですが、実際のキットを見るともう一つの感想が浮かぶ。
銀色で成型されているパーツは・・・・・・、非常に金型が甘くニュルニュルした造形になってる。
ガトリングはまぁギリギリ良いんですが、側面及び下部のミニ砲がけっこう酷い。
金型の弱さは新世紀の新型に共通する課題ですが(ガンスナだけでなく全体的に弱い)、ちと残念です。

まぁ、そんなわけでエレファンダーのバリエはこれで完了。
色がまだ付けれてないので……、頑張ります。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント