象の色付け

エレファンダー、先日の記事で

この形態を「ファイター仕様(ノーマル)」と書きましたが誤りでした。
すみません。
コメ欄でご指摘いただきました。ありがとうございました!


正しいノーマルはこれ。
違いは鼻先の装備ですね。


このように換装したのがファイター形態とのこと。

ノーマルの鼻は物を掴んだりするのに便利そう。
ファイターのはESCSユニットが付いていてソードとシールドが使える。

ノーマルは例えばゴドスをガッチリつかんでそのまま敵部隊にめがけて弾丸のように投げつける。そんな事ができそう。
対小型ゾイド部隊では威力を発揮しそう。

ファイターはビーム砲を受けた時はシールドモードで。攻撃時にはソードモードで鼻先を使って敵を切り裂く。
中型以上の敵を相手にした時はこっちが有効かな。

これは中々面白いユニットですね。


さてそんなエレファンダーに色を付けました。


ででん。
細かく色が分かれているので大変でした。



エレファンダーは「当時の高速ゾイド王国な印象になりつつあった新世紀ゾイドに突如として現れた激渋ゾイド」という感じで受け止められていたと思う。
ただ当時はコンセプトや戦歴は好意的な話題を呼んだものの、デザインはそこまで高評価ではなく、投売りもされていたと記憶しています。
しかしながら近年では再評価され、人気が当時からは考えられない程に高まっている……。
個人的に本機を取り巻く環境はそんな風だと思っています。

さてエレファンダーは当時は大まかな造りは良いけど細部が大味だなあと思っていました。
大型ゾイドにしてはディティールが少なく非常に物足りない感じがする。
これは今でも同じ風に思っています。

腹部とか、大型排気口と四角い出っ張りだけで…、もう少し工夫が欲しいかな。
耳もスカウタータイプはともかくファイターやコマンダーは意図するものが不明なデザインで(特にコマンダー)、もうちょっとなぁ…と思っていました。

3種類の仕様を1つのキットで実現したのは凄いけど、それの前にまずは徹底して基本を作りこんで欲しい…というのが当時からの感想です。
これが高速ゾイドなんかだとデティールが少なくてもある程度気にならないんですが、本機の場合は低速の重戦闘ゾイドだからとても気になる。

大味だと感じるのはアンバランスな所でもあります。
脚なんかは爪部分を色分けして過剰なくらいに造り込んでいる。
部分的に非常に細かく造り込んでいるゆえに全体的なアンバランス間が生まれたと思います。

ギミック面は動力では「鼻をJ字に上げる」「足を高く上げる」と凄い事をしているし、手動ギミックは書ききれない位に各部が動く。
組み換えや動きについては凄いプレイバリューのある大満足のキットではあるんですが……。

あと色が当時あまり好きになれなかった。
青いんですよね。なんで帝国なのに青やねんと思っていたなぁ。デススティンガーはまだしも特別機だったので解釈もできましたが、エレファンダーは設定的にも帝国伝統のカラーであって欲しかった。


こんなのとか


こんなのだったら良かったんですが。
保守的過ぎるかもしれませんが、こっちの方が良いと思う。

全体的に惜しいなーと思うゾイドです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント