エレファンダーの真価

ゾウさんの話題をまだまだ続けるゾウ。

エレファンダーと言えば何と言ってもその悲劇的な戦歴です。

ニクシー基地で初陣を迎えたエレファンダー。1:50()という絶望的戦力差にもかかわらず奮戦し、味方が撤退するまでなんと5時間も粘った。
エレファンダー部隊は壊滅したが、この時間で帝国軍は撤退を完了した。
戦術的敗北と引き換えに戦略的大勝利を得たのである……。


正確にはエレファンダー100機+他400機=500機の帝国防衛隊に対して共和国軍は第一波だけで5000機で攻略戦に挑んだ。
なのでエレファンダーだけで計算すれば戦力差1:50だが全ゾイドで言えば戦力差1:10である。


この戦いを少し考えます。
たしかに味方撤退の時間を稼ぐ盾としてエレファンダーを使ったのは最適と思います。
エレファンダーは耐久力が抜群に高い。

まず、Eシールドを持ちビーム砲をはじき返す。この時代の共和国軍はビーム砲主体なので極めて有効。


耳とファイタータイプの鼻先がシールドですね。


コマンダー仕様の耳もシールド。こちらは出力強化タイプだそうだ。

ファイタータイプの場合、鼻と耳で二重にシールドを張れる。これはすごい。
シールドライガーDCSの砲撃なんかでも軽く跳ね返しそう。
重ゾイドならではの大パワーを持つので、ライガー系と違って長時間のシールド展開も可能でしょう。

むろん実弾砲のゾイドも居た。これはEシールドでは防げない。
だが装甲も分厚く強固なので、実弾砲が来ようがこれにも耐えます。
ゴジュラスキャノンを食らえばアウトでしょうが…、ゴルドスの105mmキャノンくらいなら何とか耐えるんじゃないかな。

更にゴジュラスなどと同じで、本体自体が非常にタフであると思う。
対ビーム、対実弾、タフさ。三拍子揃った凄まじい堅牢さ。そんなわけで長時間耐えたのでしょう。

もう少し考えるとスカウタータイプという非常に優秀な電子戦仕様もある。

レーダーのサイズから考えて、能力はゲーター以上と思える。

スカウター仕様が敵を捕捉。コマンダー仕様(指揮官)に報告。
コマンダー仕様はファイターやノーマル仕様に砲撃を指示。
エレファンダーの砲はいずれも長身砲なので射程は長そうだ。大半の共和国軍の砲撃ゾイドよりも優れるでしょう。
すなわち、戦いの当初はアウトレンジで敵を精密に滅多撃ちにしたんじゃないかなぁ。

共和国軍は自らの射程に入るまでの間、激しい砲撃に耐える事しかできなかった。ここでまず大きく戦力を低下させたと想像します。


戦闘は数が多い方が勝つのは当然ですが、必ずしもそうでない場合もあって。

エレファンダーのニクシー基地での戦いは「ヴィレル・ボカージュの戦い」がモデルになってると思います。
これはノルマンディ上陸作戦から間もない時期に起こった戦いで、伝説の戦いとして次のように語られています。

ノルマンディ上陸作戦後、イギリス軍22戦車旅団(戦車60両)はドイツ軍の要所「カーン」を目指した。
上陸作戦成功後のイギリス軍は正直言って圧勝ムードでダレていた。
しかしそうなるのも無理ないほどに戦力は充実していた。

さて22戦車旅団はカーンを目指していたのだが……、ここに現れたのがドイツ軍が誇る超エース、ヴィットマン中尉である。
ヴィットマン隊はわずか5両の戦車の弱小部隊。

さて偵察に出たヴィットマンの車両は22戦車旅団を発見した。
戦力差は5:60。
いや現在は偵察で単独行動中なので1:60だ!
勝てるはずはない。
しかし次のような会話がされていた。

「やつら、もう勝ったつもりでいるようですな」
「そのようだな。では教育してやるとするか」

現在、敵はまだこちらに気付いていない。先制が可能。だがどれを狙う?
撃てばこちらの位置もバレるから、それは慎重に選ばねばならない。

ヴィットマンの車両は先頭と最後尾の敵を撃った。
これには大きな意味があった。間に居る58台の車両は進むことも引く事も出来なくなったのだ。
もがく敵部隊。
むろんそれでも砲弾は飛んでくる。何発かは被弾した。だがヴィットマンの車両は分厚い装甲を誇るティーガー戦車だった。
その防御力で耐え、いまだもがく敵部隊を尻目に好位置をとる。

砲を発射。動けない目標を外すわけはない。
そうこうしている内に味方の4両も現場に駆けつけ応援に入る。
こうして1:60の戦力差は覆り、22戦車旅団はまんまと教育されてしまったのである……。

しかし、こうした超絶的な善戦がありつつも、ドイツ防衛部隊全体で見れば劣勢であり徐々に追い込まれ敗戦に向かっていくのだった。


さて実際はこれはかなり誇張したもので、インターネットが発達した現在では正確な検証がされています。
22戦車旅団が負けたことはその通りなんですが、詳細はだいぶ違う。
実際にはここまでの戦力差ではなかったし、22戦車旅団もここまでボロ負けしたわけじゃなかった。
wikipediaには正確な推移が詳細に載っています。

戦場にロマンを求める者は多い……。
特に「エース」とかになると箔を付けて語りたがる者も多い。
伝聞で広まった結果、ずいぶんと誇張した内容で広まる。
戦場エピソードで同様の例は幾らでもあります。

先に書いたように現在は正確な検証がされていますが、エレファンダーが発売された2000年ごろだと誇張した説の方が有名で正しいと信じられていたと思う。
(その時代においては自分も信じていた)

戦力差1:50の状況。堅牢な戦車タイプゾイドで要所に迫り来る敵大部隊を迎撃し、その数からは考えられない見事な戦いをする。

というのはモデルになったんじゃないかなぁ。

戦場にロマンを求める者は多い……というのは気持ちはよく分かるなぁ。
ゾイドはフィクションなので、まぁ、あまり過度に美談とかロマンに走りすぎるとアレなんですが、適度にこんな話を入れていくのはとても良いと思います。


ところでニクシー基地防衛線において5時間も粘ったエレファンダーですが、地上部隊はともかく飛行ゾイドをも防いだのが凄い。
ストームソーダーを護衛に付けたプテラス爆撃隊。
これが上空からホエールキングに迫れば撤収作業は危うい。
それはAGの12連装ミサイルが活躍して防いだんじゃないだろうか。


こう考えるとエレファンダーはホントに凄いなあ。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント