EZ004~EZ-012

今日は帝国側のカラバリ。

EZ-004レッドホーン


赤が鮮やかになってます。あとクリアパーツが緑に。
クリアパーツの緑はこっちの方が好きかな。
装甲の赤はメカ生体のが好きなんですが。

帝国側の一号機がレッドホーンなのはやはり狙っているのでしょうねぇ。
活躍は「緒戦において最も高い戦果を挙げた」とされているのが誇らしかったです。
緒戦において共和国小型ゾイド部隊にとっては最強最悪の敵だったと思う。
メカ生体時に比べて負け描写も少なかったかな…?
まあ、これは登場シーンの減少でもあるのですが。

レッドホーンBG


カスタマイズパーツを付けた状態。
メカ生体時のハイブリットバルカンほどではないものの、巨大な岩を吹き飛ばす程度の威力はある模様。


こちらはジェノザウラー試作機との実戦テスト時のカラー。
「ダーク・ホーン」に酷似しているがディオハリコンは非搭載。

後年にはこのカラーの機体が戦場にも登場しています。
赤と黒の両方があったのかな?
このカラーの場合はダークホーンと呼ばれる事も多かったようだ。


EZ-005レドラー


この色は当時好きになれなかったなー。
レッドドラグーン、略してレドラーやんか! と憤慨していたのも今では良い思い出……。
しかし紫は紫で中々カッコいいものでもある。
クリアパーツが茶色いのも特徴ですね。

レドラーBC


これは先日描いたもの。
ストソにこれで勝てるものだろうか……。

EZ-006モルガ


メカ生体カラーに似ていますが、ランナーが一枚ガンメタルになって良いアクセントになっています。
個人的に「元々同じ色だったランナーを二色に分ける」ようなのはあまり成功しないと思っています。ゴルヘックスなどです。
しかしモルガに関しては大成功していると思います。

モルガキャノリー


これは凄く好きな砲です。
シックリ感は半端ないですね。凄く似合ってる。
モルガの全身を使って巨大砲を撃ってる(全身で発射時の反動を抑える)感じがする。

しかし・・・、これを運用するモルガは大幅に寿命が縮まるだろうなあ。
いくら全身を使って撃つといっても、それでも負荷は大きいでしょう。
しかしモルガはとにかく数が多いゾイドだから、いくらでも替えがあったのかも…。


EZ-011ヘルディガンナー


比較的元の色のイメージを保つ傾向にある帝国軍にあって、めちゃくちゃ色が変わったのがヘルディガンナーです。
名称は「・」がなくなった。
ディオハリコン非搭載型なのかな? 戦力比較表でもぱっとしないものになっていた。
元々はディオハリコンをチラ見せするカラーだったので、やっぱり元の方が好きかな。
とはいえ、「帝国軍という統一されたカラー」は悪くない。赤いキャノピーもなかなか似合っていると思います。
しかし何度でも言うけどパイプだけは困ったもんだったな!


EZ-012ブラキオス


ブラキオスは初代とNEWのアイノコのようなカラーになってる。
メカ生体時代は割と輸送用の地味なゾイドという感じでしたが、この時代は積極的に戦闘もこなすゾイドになっていたと思う。
海軍力の中核として中々頼もしい活躍をしてくれました。

漫画版ではなんとレイヴンのセイバータイガーと戦い予想外に粘って時間をかせいだ。凄いぞブラキオスと親方!


~メカ生体カラーとの比較~

レッドホーン、ダークホーン



レドラー



モルガ



ヘルディガンナー



ブラキオス



ということで帝国側EZ-12まででした。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント