勝つためには手段を選ばない

西方大陸戦争のボスゾイド、凶戦士・デススティンガーを描きました。


ウミサソリ形態

ながーい。

そして…、

サソリ形態


HMM版の周囲に広がったような脚も不気味で凄く好きなんですが、今回はあくまでトミー版の形状を再現しています。
HMMと比べると脚が非常に小さい。でも、これはこれでそれゆえの不気味さがあってゾクゾクしますね。

デススティンガーは2000年開催のゾイドデザインコンテストの大賞が元になってるんですよねー。
新世紀ではデススティンガー、エレファンダー、ライガーゼロイクスがユーザー発案のゾイドだったと思います。
(他にもあるかな?)
メカ生体の頃はバリゲーター、ブラックライモス、バトルローバーとゼンマイ系ばかりだったのに、新世紀ではいずれも電動の強力機。
扱いが大きく向上したのが大きな特徴です。
中でもデススティンガーは西方大陸でのラスボスも務めたわけだから、凄まじいことです。

更に改造コンテストでの最優秀作品として選ばれたデススティンガー改造機「キラー・フロム・ザ・ダーク」も量産型デススティンガーとしてバトストに登場しました。
デススティンガーはユーザーが非常に大きな影響を与えたゾイドと言えるでしょう。

さてゾイドデザインコンテストの大賞発表時には「ブルーマリンスティンガー」という名前で「共和国側」として掲載されていたと記憶しています。
それがなぜか帝国側として完成してしまった…なぜだ…。
バトストと照らし合わせて考えると、うーん…。

~妄想~
本機は、当初は共和国側でウミサソリ型水陸両用ゾイド・ブルーマリンスティンガーとして開発されていた。
ウルトラザウルス激減で海軍力が大きく低下した共和国軍。ブラキオス、シンカーを擁する帝国海軍に大苦戦は必至。
西方大陸戦争は大陸間を移動し物資を輸送しなければならない。つまり海上を移動する輸送船の護衛が必須なわけだが…、バリゲーターでは守りきれないだろう…。
そんなわけでブラキオス、シンカー、そして将来的に復活するかもしれないウオディックに勝てる海戦用ゾイドが望まれたのである。

開発は「A案:水空両用の中型ゾイド」これはシンカーの拡大発展版とも言うべきゾイドで後のハンマーヘッドである……と、「B案:水陸両用の大型ゾイド」これはバリゲーターの拡大発展版と言うべきゾイドでブルーマリンスティンガーである……のニ案で進められた。
この内、A案のハンマーヘッドは中型ということもありブルーマリンスティンガーに比して順調に開発が進んだ。能力は申し分ない仕上がりになりそうであった。その分、中型機としては高コストで生産性も低い…が、それでも大型機よりはマシである。
こうしてA案が本命となりB案は凍結される運びになった……。

しかし思わぬところで本機は復活する。
プロイツェンがその野望の一環として制空権を明け渡す「ストームソーダー」のデータを共和国側に流す計画を発動した。
入念な裏工作が行われ、ストームソーダーの試作機とデータを共和国側に渡す。その代わりにブルーマリンスティンガーのデータが帝国側に渡されることになった。

この時点での、ブルーマリンスティンガーの性能は大きさ相応といったところ。
強力機には違いないが、そこまで抜きん出てはいない。
仮に帝国側が独自技術を加えて完成させたとして、新鋭機ハンマーヘッドをもってすれば充分に対抗可能であろうと思えた。
それゆえ、制空権が会得できるならこの程度の損失は許容と判断したのである。

しかし帝国軍は予想外の行為に出る…。
ガリル遺跡で発掘したゾイドコアを本機に移植し[真オーガノイド]として本来ならありえないスペックで完成させたのである……。



性能大陸戦争というのはプロイツェンの意志が大きく働いた戦争であります。
また共和国側も一枚岩だったかというとそうではないと思う。
旧大戦の中央大陸戦争で、中央大陸全土は共和国になりました。
ゼネバス帝国軍はどうなったか。
暗黒軍に吸収されたものと、共和国軍に吸収されたものが半々だと思います。
前者はゼネバス皇帝を人質にとられてやむなく。後者は打倒ガイロス帝国とゼネバス皇帝救出を心のよりどころにして戦ったと思う。
さて旧大戦の終焉は彗星衝突。このやむない事情があったとはいえ、ゼネバス皇帝救出は結果として言えば叶わなかった。
旧ゼネバス帝国出身の者には、ヘリック共和国に対して複雑な感情を抱く者も居たんじゃないかなぁ……。
そんなわけでガイロス側と接触したりする一部の勢力が居てもおかしくないかも。そこからパイプができて、このような裏取引が行われたりしたのかも……。とか思ったりしました。



デススティンガーは上からも描きました。これはウミサソリ体形のみですが。
デススティンガーはこっちの方が形状が分かりやすいですな。
ハサミの分厚そうなところが好みです。

そんなわけでデススティンガーでした!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント