キャノンブル

ゾイドワイルド第二世代キットの先発、ビーストライガーとキャノンブルを買いました。

ゾイドワイルド第二世代がやって来た!


キットの仕様は第一世代とほとんど同じです。
パーツは切り離し済み。動力つき。これをゴムキャップで組み立てます。
ですがシールが大きく変わっています。

今までは「フリーダム団やシュプリーム団はパーソナルマーク」「デスメタル側はパーソナルマークや番号」という感じでしたが、今回からは「バトスト」を思わせるCAUTIONなどのマークも付属するようになりました。

「野生ゾイドと絆を交わして相棒に」あるいは「野生ゾイドを捕獲して徴用」だったこれまでに比べて、「工場でのパーツ生産や調整」を思わせる感じですね。
図案は”いかにも”なものになっていてメカ生体や機獣新世紀のファンの方はニヤリすること請け合い。

箱は、表面は従来と似ていますが、ZOIDSロゴの位置が変わったりと細かく調整されていますね。
「同一シリーズであるが第二世代である」という要素に対してとても良い調整だと思います。

箱裏は大きく変わっている!



従来は「リアルムービングキット」が強調された造りでした。

これはやはり「動力キット」という要素を伝えなければならなかったためでしょう。
しかし第一世代ゾイドが一年かけて動力キットである事を伝えまくった。もはやゾイド=動力キットという事がキッズに浸透している事をかんがみての変更だと思います。

大きな特徴は「改造プラン」が載っている事でもあります。

メカ生体ゾイドの初期から中期にかけての時期を思わせるバリエーション。これは熱いなあ。
図面も設定も昔よりも詳細に載っています。
現在のところ「より強力な戦闘ゾイドに」という方向性が主ですが、今後においては例えばザットンのクレーン付きタイプ(輸送や作業用)とか、ドーザーをつけた作業用ゲーターみたいな世界観を広げる系のものも登場すると嬉しいなー。
いずれ「MSV」のような本も出ると良いなーと思ったりもしました。気が早いかな。

また「ゾイドワイルドストーリー」も掲載されるようになりました。これも熱いなあ。
今まではアニメと漫画がストーリー展開の場でしたが、今後は箱裏でもストーリーが進んでいくようだ。
コロコロの展開はどうなるかな・・・?

世界観は二大勢力似る激突で旧来のバトストに近い。(より正確に言うと文体など全体の雰囲気は「ネオブロックス」のそれに近い印象を受けています)

ミリタリー感の向上は。以前にこちらのコラムで書いていたような事と思います。
新しい価値の創造。
「ゾイドワイルドバトルウォーズ」でジャブ的にミリタリーな方向を示し、第二世代で飛躍的に上昇させる。
本格的にミリタリーを打ち出そうとするワイルド第二世代。キッズがどう反応を示すのかが楽しみなところです。


さて今日はキャノンブルを紹介します。
番号はZW26でビーストライガーZW25よりも後発ですが、ストーリーはむしろキャノンブル→ビーストライガーになっています。

箱裏ストーリーより…。

「ゾイドは人々の相棒となり、乗り物や道具として扱われてきたが」
さらっと酷い事が書いてある気がしますな。
相棒とはいったい。乗り物はともかく道具としてって……。
ま、この辺の扱いもいずれ出てくるでしょう。


パッケージは重量感のある感じが出ていて凄くカッコいい!

ではキットを組みましょう。
開封。


キャップが新型ですね。いいなー。この形!


動力は同じ。第二世代でも共通規格を使い続けるようだ。


ユニットは組み済み。これも第一世代と同じですね。
簡単で良いのですが、いずれユニットを組ませることにも挑戦させていってもいいかもしれないなー、とも思います。
グラキオサウスルとかの超複雑なユニットだと厳しいと思いますが、簡易なものは徐々に仕掛けていっても面白いと思います。


ちょっと残念だったのはバイザー部分です。
塗装済みパーツかー……。
クリアパーツで奥に本来のゾイドの目が見えているような構成だと最高だったんだけどなー。

バイザーはメタリック調に塗られています。
塗膜はムラやはみ出しもなく綺麗です。別パーツじゃないのは残念ですが、ま、このクオリティを保ってくれるなら良いかな。


組み立て。
まずはボーン!


うおー、見事にウシです。
やはりワイルド初のウシということで、今までにない骨格だと心躍る。


頭骨が見事にウシだなー。良いです。
全体のラインも良いのですが、細部も良い。細かい事ですが歯の感じがよろしい。
ウシは上の前歯がない。その辺がキチンと再現されています。

角はジャイアントバッファローのように超巨大です。
名前は「超硬角」とされていて、これはメカ生体版ディバイソンの角と全く同じ名称!
狙ってるのかなあ。

角度は接続が「○」ジョイントなので前向きや上向きなど自由に調整できます。従来のウシは角度が固定だったのでこれは嬉しい。
ただやっぱり大胆すぎる肉抜きは気になるかなー…。
どうしても見えてしまう位置だし、最大武器でもある。ここはどうにかして防いで欲しかったなー。


腹部の三連ミサイルポッドはボーン状態から付けるように指示されています。
ガノンタスと同じく野生状態から砲を持っている? しかもミサイルを…。
これが意味する事とは一体?

ミサイルは何ていうか未来的なデザインですね。今までのゾイドになかった感じだと思う。
でもなかなかカッチョよくて好きです。


唯一、残念なのは背中のボリュームがまるでない事かなー。
装甲をつけ完全復元すると盛り上がった肩が表現されます。ですが骨状態でももう少し盛り上がったラインがあればなー。


バッファローは骨にも盛り上がりがあるんですね。
「装備の互換性」などの面で難しかったのだとは思いますが。


さてボーンはここいらにして、装甲をつけよう。


か ん せ い


うぉー。いいぞ。
装甲デザインが武骨でカッコイイ!


全体的に明らかにディバイソンを意識していますね。
頭部も非常に似ている。

バイザーは目の形を意識したディティールもあります。
ここで塗り分けても面白いかもしれませんね。


こんな感じにするとゾイド星のデザインにより近づくかな。


脚の装甲はトラス構造でやはりディバイソンに近い感じ。
トラス部分が「抜き」で作られているのが良い感じ。

脚装甲はふくらみが大きく、脚付け根をガッシリ太く見せる効果が抜群にあります。
パワフルな機体を強く印象付けていてGOOD!


背中には大型ユニットが付き、大きく盛り上がります。
ちょっと大きすぎる感じもします。ディバイソンの方がバランスは良い。
ですが、無理なく自然な盛り上がりを見せるディバイソンも良いし、ややオーバースケールで異質感のあるキャノンブルもこれはこれでハッタリ感があって双方とも良い感じです。

全体的にディティールがカチッと気持ちよく出来ていて大満足です。

そして…、マシンブラスト!
背中のユニットは…、


通常時はシャッターで覆われています。ここを手動で開ける(後方に倒す)と…、


中に9門のキャノン砲がある!
中距離砲撃に使われるとの事。砲身の長さから考えて妥当なところと思います。
よく見ると、このうち5門はライフリングが彫られた砲で、4門は別タイプの砲です。
構造はどうなってるのかな?
ライフリングがある方は一般的な砲と思いますが、他のは何だろう?
滑降砲かミサイルかビーム砲か…。その辺の妄想も膨らみます。
個人的なビーム砲と推測しています。

本来はビーム砲9門にしたかった。だが比較的口径の大きなビーム砲なので相応の冷却機構が必要である。
この面積に9門も密集させてしまうと冷しきれなくなる。
そこで隣り合う位置の砲は妥協して実弾式のものにした…。という感じ。

キャノン砲で面白いのは後部ライダーですね。
跳ね上げたシャッターは後方に倒すのですが、これがライダーの防御板になります。
単なる防御板ではない。
全て覆ってしまうと視界がゼロになる。そこで最低限の視界を確保するべく装甲版には穴が開いています。


まるで戦車の視界のよう。これは凄く良いですね!
この工夫はうなりました。
いやー、凄い!

ギミックは通常時は歩行+口パク。
マシンブラストすると9門のキャノン砲を動かしながら歩行します。
砲は3門ずつ動きます。「左側3門を撃つ→中央3門を撃つ→右側3門を撃つ」という感じ。
一斉射撃じゃなく、各砲の発射タイミングを微妙にずらしてる感じですね。
かつて戦艦大和の三連装砲は威力が強すぎて一斉射撃すると「互いのが弾が干渉して弾道に悪影響を与える」事態を発生させた。そこで解決策として各門の発射タイミングを少しずつズラして撃つようになったそうです。
そんな感じがします。

注目なのは発射時に「カチッ!」という小気味良い音がする事です。
音もまたギミックの一環なんでしょうね。
何度もスイッチを入れたくなる感じです。


ディバイソン先輩と並べるとこんな感じ。
似ているようでけっこう違う。両機とも魅力的ですね。


大きさはディバイソンの方がかなり大きいです。
でもキャノンブルは脚のがっしり感が凄いしパワフルなイメージでは負けてない!


カノンフォート先輩と共に。
カノンフォートは丸みを帯びた装甲を持っているので印象がけっこう異なります。
…ジェネシス版で「緑」で統一して撮影した方が良かったかな…。


ウシさん大集合。
いやー、牛さんはどれも傑作ですよ。
という事でキャンブルでした!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント