カワバンガ

ネオタートルシップを描きました。
不明点が多いのでかなり想像で描きました。
バトストのカットに加えて…、


カードの絵を参考にしました。
しかしなあ。バトストの形とカードの形、かなり違うんですよね。
どうしたもんだか。
というと、たぶん巨艦なので一隻ごとに形が違うんでしょう。
亀型の新型大型輸送艦の総称がネオタートルシップなのだと思う。


こんな感じで仕上げました。
割と良い感じになったかな?

カード左側のデザインが好きなので、それを基本にしています。
頭部はバトストやカード右側では初代共通コックピットっぽい形をしていますが、カード左側の絵はプテラスの新型共通コックピットっぽい形をしています。
こっちの方が好きなのでそうしました。
…しかしなあ、ちょっと思うんですが巨艦なのでそれに応じたキャノピーにして欲しいかな。
小型ゾイドと同じようなキャノピー処理というのは。


色も付けました。


共和国っぽい色で良いですね。

ところで設定上の大きさは全長377mである。
これはホエールキング225mを大きく超えている!
マジかぁ。ホエールキングの方が大きなイメージがありました。
ちなみにホバーカーゴは94.5m。
ホエールカイザーは65m。
(ただしバトスト劇中にはもっと大きなホエールカイザーも登場している)

比較してみよう……。
ネオタートルシップ、ホエールキング、ホバーカーゴ、ホエールカイザー、ホエールカイザー(バトスト)、マッドサンダーを並べてみます。


で、でけー。圧倒的やないか!
しかもネオタートルシップは幅も広いからなあ。
凄い!
いや、ホントにこんなにでかいの・・・?
最大個体の数値、もしくはちょっと”盛った”発表じゃないかなあ。
実際はホエールキングを超えないサイズだと思う。

なお活躍したのは西方大陸への移動くらい。
なので無理をして飛ばしてるのかな。ギリギリの設計で耐用年数は低いのかも。

そんなわけでネオタートルシップでした。
これにて今度こそ西方大陸戦争時期のゾイドは線画化完了!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント