天敵

お便りいただきましたのでそのテーマで!

-----
ふと思ったのですが、サイカーチス。
特別強い印象のあるゾイドではありませんが、「対ゴジュラス」を想定した際、めちゃくちゃ優位性が高いのではないかと思いました。

いくらゴジュラスが自在に動く尾部に砲を備えていると言っても、運動性能の高いサイカーチスなら尾の動きを視認して回避することは容易。
ゴジュラスは高い耐久性を誇りますが、そもそもサイカーチスはゴジュラスそのものにダメージを与える必要はなく、上空からコクピットのキャノピーを狙い続ければよい。
巨大で高い位置にあるゴジュラスのコクピットを狙うのはマーダやモルガ、レッドホーンですら困難ですが、サイカーチスならむしろ真正面上空から一方的に叩ける。

実際の戦場ではサポート機など付くのでしょうが、万一1対1で対峙した場合、ゴジュラスは成す術なく頭を抱えて逃げ回るだけ。しかし巨大なゴジュラスは飛行ゾイドのサイカーチスからは逃げることさえできないのでは。

…そんな風に思いましたがいかがでしょう。
他に「格下機なのにこいつにだけは圧倒的に優位」みたいなものがあれば面白いなと思います。機会がございましたらご考察くださいませ。

-----

ありがとうございます!
「格下機なのにこいつにだけは圧倒的に優位」
凄く面白いテーマですね。
「巨大戦艦ウルトラザウルスも小型潜水艦ウオディックには為す術がない」みたいな感じですね。
バトスト1巻の「レーダー装備で劣るガイサックは夜間戦闘においてはゲーターに為す術がない」のもこの例かな。

他にもないか。面白いですね。他の方の意見もぜひ聞いてみたいですねー。
やはり「飛行」とか「潜水」とか他にはない特性を持っていると、こういう事が起きやすいですね。


さてゴジュラスVSサイカーチスでサイカーチスが一方的に攻めるのは私は厳しいかなーと思いました。
サイカーチスの優位は書かれている通り上からキャノピーを狙って撃てることですね。
逆にサイカーチスの不利は鈍足のヘリという点です。

サイカーチスやダブルソーダは最高速度が地球のヘリに極めて近いです。
これの特性を見てみましょう。

ヘリはホバリングなどの特殊機動が出来る点では優れていますが、こと速度に関してはジェット機はもちろん零戦などのレシプロ機にも劣ります。
なので誘導ミサイルはおろか旧式の対空砲であっても大きな脅威になります。
速度がないので撃たれた際の回避が困難なのです。

ゴジュラスは腕と尾に角度自在の砲を持ちます。これの動きに注目して「射角を読む」事は可能かもしれません。
ただそれでもヘリの速度で砲撃を避けるのは厳しい。
なぜなら、たとえば「読心術を持つ・肉体的には一般人レベルの者」と「プロボクサー」が戦う姿を想像すると分かりやすいかな。
読心術があるので次に相手がどういう攻撃をするかは全て分かります。ただ「右ストレートが来る……」と分かっても、いかんせん体が付いていかないので避けることは叶わずクリーンヒットしてしまう……。
一度くらいは避けても連続で避け続けることは厳しい…。

対空砲の砲弾飛翔速度は初速マッハ2~3を超えます。また猛烈な勢いで速射されます。一発だけ撃つ狙撃ではなく目標撃墜まで発射をやめないのが対空砲です。
なのでこれを避け続け、なおかつこちら側の攻撃をキャノピーに当てることはサイカーチスにとって至難ではないかと思います。
ビーム砲であれば更に弾速は早く、

ただ状況によっては書かれているようなサイカーチス優位の状況も不可能ではないかも……とも考えました。
それは…………、最近なんだか急激に暑くなってきました。太陽がまぶしいです。真夏・快晴時の太陽はまぶしすぎて直視できません。
空戦の基本の一つが「太陽を背にせよ」という事です。
これは、「そうすれば敵はこちらの位置を把握できない」「逆にこちらは敵の位置を把握できる」という状況を生めるからです。


太陽光というのは強烈なので、

通常時は左のように見る飛行機も、太陽を背にすれば右のように光に飲まれて見えなくなったりしてしまいます。
角度によってはほぼ完全に見えなくなります。
もっともこれは[快晴時][昼間]に限った話です。夕方ごろになると日の光も弱くなるので、夕日をバックにするとむしろ逆光でシルエットがクッキリ出たりします。

さててサイカーチスが真夏の快晴時にゴジュラスから見て太陽と重なる位置をとれば…、そこから一方的に攻撃できないかなぁ…。

ゴジュラス側はサイカーチスの位置を把握しにくい。光学照準機は使い物にならない。
極めて限定的なケースですが、こうなるとゴジュラス側は撃たれる一方かも。
ゴジュラス側が迎撃しようにも敵の正確な位置が把握できないので大雑把な位置めがけて撃つしかない。それは当たらん…。

普段は王者として無敵を誇るゴジュラス。だがそんなゴジュラスも条件によっては……。
サイカーチスにはぜひとも頑張ってほしい所ですね。


さてその他で隠したに手こずる状況…というと何だろうなぁ。
むろんお便り中でも触れられている通り、これは「1対1」という話。普段はサポート機が付いているものだから、それをもって弱点とするわけにはいかない。
ですが状況によっては単独行動する事もあるかもしれないし、こういう考察は実に面白いですね。

私は、新世紀意向のゾイドは割と「何かに偏向した能力」である事が多いのでこういう状況がおきやすいかなと思いました。


「プテラスボマーVSジェノブレイカーorバーサークフューラー」

新世紀の帝国軍大型ゾイドは出来れば「帝国共通武器セット」は装備しておくべきだったよなぁ…と思います。
このセットは非常に使い勝手が良く、いろんな場面に対応できる傑作装備です。

プテラスではむろん完全破壊はできませんが、荷電粒子コンバーターや背中の大型ブースターを損傷させることは出来ないかな。
むろんフリーラウンドシールドで防がれたりする可能性も大きいんですが、なにしろ撃墜される事はあまりないだろうし、さいあく撃墜されたとして共和国軍はあまり痛くない。逆に成功して背中の装備を損傷させれば大戦果。
本来は対大型陸上ゾイド用装備である荷電粒子砲を対空射撃…しかもプテラス程度の小型ゾイドに使うことはジェノブレ(フューラー)はしたくないだろうし、撃つ決意をしたらそれはそれでエネルギーを大きく消費するので共和国軍にとってはニヤリでしょう。
(いかにコンバーターがあっても無限に撃てるわけではない)
という事で強力な誘導ミサイルを多数持ったプテラスボマーは格闘重視の帝国ゾイドにはあんがい大きな脅威になるのかも…と思いました。

ところで「部隊」で弱点を相互カバーするとすれば……、誰が共和国飛行ゾイドの脅威に対処していたのかな。
イグアンではもはやジェノブレに随伴するのは難しいし、かといって随伴できそうなレブラプターは火力がないしなぁ……。
陸上ゾイドでなくレドラーを上空に付けるつもりだったのかな?
確かにそれだとプテラスを排除できそう。
共和国側が更にストソを護衛に付ければ再び危ういですが、ストソ級のゾイドが登場すればさすがにジェノブレ側も荷電粒子砲を撃つ決意をするでしょう。
ストソを撃墜できるなら荷電粒子砲を撃つことに充分見合う戦果だし。

これは余談ですが、デススティンガーも対空能力はあまり高くないと思います(尻尾の砲はある程度の脅威と思うのでジェノブレなどよりは格段に上とは思いますが)。ただコイツの場合は背中がほぼ装甲なので撃たれても知らん顔して進撃できそう…。
またあまりにも爆撃がうるさかったら一旦地中に退避も出来るし、うーん、強い。
マッドサンダーもそうですが、やはり地中に離脱できるのは凄い利点だなぁと思います。

ゴジュラスギガはどうなんだろう?
ギガは通常時に使える火器がない。
まぁギガも空爆でどうこうなる防御ではないし、構わないのかな。コックピット上面も装甲化されてるし。
ただ製造を急ぎすぎた時期のロット(グランチャーに脚部を損傷させられた機体のロット)は、ザバットから空爆を受ければあちこち損傷してしまうかも…。


ということで面白いテーマなので思いついたらまた書いていきたいです!
改めまして面白いテーマをありがとうございました。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント