軍事費6割

ガイロス帝国。
この国は西方大陸会戦前夜の時点で軍事力において惑星Zi最強であった……。


そんなガイロス帝国を考えたいんですが、この国家が惑星Zi最強になった理由は国家予算の実に6割を軍事費に回すという暴挙でもって戦力を充実させたことです。
6割っ凄いよなぁ……。
6割というのは戦時中においては普通ですが、平時においてはまずありえない数値です。
当然ですが福祉や社会保障に回す費用は低下する。

また西方大陸戦争以前の時代というと、これは「復興」が大事だった時期です。
ここに最大費用をかけるべきでありましょう。
民が生きるか死ぬか。そんなそんな
普通は暴動が起きてしまう。

漫画版の機獣新世紀ゾイドには戦争について正鵠を射た台詞があります。


そうなのだ、戦争は軍隊だけがやるもんじゃない。民の支持なくして戦争は出来ないのだ……。
ではなぜガイロス帝国が軍事費6割を実現できたかを今回は考えます。


一つは、「極悪鬼畜共和国がやってくるぞ」というプロパガンダ政策をしていたのだと思います。
この政策は旧大戦……第一次大陸間戦争が「グランドカタストロフでなし崩し的に休戦しただけで、いまだ正式な休戦条約は結ばれていない」という状況を考えればやりやすかったでしょう。

旧大戦のクライマックスはキングゴジュラス無敵。
学年誌のストーリーになりますが「小三」で暗黒種とダークネスへの攻撃が行われ共和国軍は勝利した。
おそらくその直後にグランドカタストロフが発生したと思われる。
見方を変えればガイロス帝国はグランドカタストロフに救われた面もある。あれがなければ完全に負けていたであろう……。

プロイツェンは旧ガイロス軍を徹底して批判したんじゃないかなぁ……。
実際にオルディオス登場後は負けが多く悲惨だった。旧軍の徹底した批判で民の指示を集め・同時に危機感をあおり、軍内での発言力をどんどん高めていったと思う。
「国の防衛には軍が必須であり民の我慢も必須なのだ」という思想に持っていったと思われる。


二つ目として、復興や社会保障も不満が出ない程度には行っていたとも思いました。
軍が中心になって。

軍というのは「戦闘」が注目されがちですが、その真価は「自己完結性」を持つことです。
自己完結性とは、食料・エネルギー・通信・移動、設営、インフラなどの必要な全ての要素を自分たちだけで用意する能力です。
外部に頼らない。この自己完結性があるからこそ、戦闘時にその力を存分に発揮できるのであります。
要するに軍は何でもできる。
建設でも、配送でも、通信でも。民間企業がなくても軍があればまかなえる。

さてガイロス帝国は軍に

1:6割の予算をつぎ込んで装備を充実させる。
2:軍に国が行う様々な事業をやらせる。兵はそこでゾイド乗りの技量を向上させる。

というサイクルをやっていたんじゃないかと思いました。

ふつう国が行う事業とは
1:事業が決定する(例えばビルの建設)
2:内容が公開され、受注を希望する業者(この場合は建設業者)による競争入札が行われる
3:企業が決定し、その業者が工事を行う
という流れが一般的ですが、2の段階で競合を行わず「軍に任せる」としたんじゃないかなぁ。

非常に効率的です。
「競合」というのはその形態ゆえ「より良いサービスや品質」が期待できます。
ですが競合はやはりお金が余計にかかるし企業数が増えるのは規模の小さい国家にとっては負担になったりします。
そこで軍に一極化して極めて効率化したんじゃないかなぁと思いました。

軍というのは質実剛健な造りをする。頑丈だが味気ないデザインのビルになります。装飾とは無縁。
民間だとデザインにまでこだわったりします。
ですがプロパガンダ政策を行い国民の危機感をあおっていたガイロス帝国ではこの事に文句を言う者は少なかったと思われる。

さて軍が様々な事業を行う。
その中で、例えば本来は輸送用としてはグスタフが最適でありその生産を急ぐべきである。
だが将来に備えてレッドホーンやアイアンコングのような[復興や各種j行にも使えるが将来的に戦闘用に転用可能な]ゾイドを優先的に増産する…ような「調整」もしていたんじゃないかなぁ。

軍が復興や事業を行う中心になる。
軍が滞りなく作業を完了させる。「軍は頼りになる」と民からの支持を高くする。
更に共和国へのプロパガンダ政策を行い、グスタフよりレッドホーンを生産したとしても「仕方ない。運べる量は多少減るが将来を見据えれば我慢すべきだ」と国民に思わせる。
そんな風にして、軍事費6割で不満の出ない国に仕上げたのだと思いました。

ただし軍に過度に依存するのは極めて危険な事でもあります。軍の暴走が起こりやすくなってしまうし。


さてガイロス帝国の国家予算の6割を今回はこのように考えました。
ガイロス帝国はまだまだ考えたいことがあります。
なぜか色について旧ゼネバス軍に近いカラーをしていたり、かといって純ガイロスカラー(紫)のゾイドも混在していたり、その法則がよく分からない……。
デススティンガーは昨日の記事のように考えましたが、他のゾイドはまだまだ謎が多い。
その辺もいずれ考えていければと思っています。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント