漂白漂白漂白

キャップ漂白の第三グループ始動……。


とりあえず今夏はこれで終わりの予定。
これが完了すれば、現在飾ってあるゾイドはだいたい綺麗になるハズと思います。
ただ解体保存してあるゾイドもいずれチェックせねばならんのですが。
(効果や黄変は冷暗所保存でも起こる)

第三グループは大物です。
サーベルタイガー、デスザウラーウルトラザウルスのキャップです。

サーベルのは「弾力はあるが黄ばんでいる」という軽度症状だったので問題なく回復すると予想しています。

デスザウラーのキャップは緑でこの機だけの色なので超貴重。
幸い、数は揃っていますがだいぶ硬化が進んでいました。しかもブリードしまくっていた。
いい感じに弾力が戻れば良いのですが。
色も緑と黄色を混ぜたような汚い感じになっていて……、これも綺麗な緑に戻ると良いなと思っています。

ウルトラのは最悪なコンディションで、色がライトグレー→黄土色に変色していた…。
そのうえ全てのキャップがカッチカチになっていたので分解するのも超大変でした。


酷いのはこんなの。

固まったキャップはワイドハイターEXに漬けると軟化する……のは良いとして、そもそも外すのが困難な場合があるんですよね……。
その場合はいっそパーツごとワイドハイター漬けにする方法もあるんですが、パーツが大きいと大変だしパーツの色によっては変色する危険性があるのでできれば避けたいです。
(ウルトラの装甲などの黒っぽいプラパーツは白化する場合があるらしい)

外す方法は、もう指で頑張って外すしかないです。多分。
いちどペンチを使って外そうとしたところ、ボロボロに崩壊しました。
指の適度な弾力を使って一つ一つ地道に取るしかない……。
嫌なら定期的にちゃんとメンテしろよということでしょうね。

よりにもよってウルトラザウルスという一番キャップ使用数が多いゾイド。これ固まったキャップを頑張って全部指で外したので水ぶくれができたりもしました。
定期的なメンテ、面倒くさいかもしれないけどそれが一番大事……。

今回はちょっと放置しすぎた。
前回にウルトラを洗ったのは2014年。週刊ジョージアの依頼があった時に洗浄したきりです。
5年も経ってるからなぁ。
今後はせめて1年ごとにはキャップをほぐして変色具合をチェックするなどの態勢を作っていかねば。

さてさて本体側も分解洗浄しておかねば。
洗浄できたら……撮影!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント