コロコロ2019年11月号

コロコロ11月号!
もうゲットされましたでしょうか。
今号もゾイド情報満載です。

今号はまず付録でジェノスピノのジオラマ風立体ボードが付いています!

この写真じゃよく分からないと思いますが、何枚もの紙を組み合わせて立体的なジオラマ風ボードを作るという構成。
勿体なくてまだ組めていないんですが、組み立ての楽しさもあっていい感じ。
またジオラマ風っていうのが良いですね。

さて今号は付録でも明らかなように、ジェノスピノの大特集!
発売日は11/16とのこと。おおお、下旬じゃなくて中旬だ。
ゾイダーよ、備えるのだ!

ジェノスピノはもちろん年末商戦アイテム。
去年の年末商戦アイテム、デスレックスが12/8発売だったので少し早いですね。

…去年は年末商戦アイテムの補強としてワイルドライガー覚醒仕様も出たんだよなー。
今年はそういうのはあるのかしら?


さてさてジェノスピノです。今号では発売日の他に衝撃的事実が判明。
新しい学説を採用しているようで、なんと水陸両用とのこと!
デザインが流線型なので、ある程度予想はしていました。しかしホントに水陸両用だったとは。
これ、どうやって対抗するんだよ……。

ガブリゲーターやグソックを引き連れて無敵艦隊を形成して欲しい所。
アニメだと2話で帝国側がガブリゲーターを発掘していたので、この希望が実現する可能性はけっこう高いと思うんだよなー。

しかし本当、どうやって対抗するんだろう。
漫画版ゾイドワイルドだとガブリゲーターVSワイルドライガーで水中戦が起こった。ワイルドライガーは気合で水中で勝利したけど……、あれは同じMクラスのゾイドが相手だから出来たのだと思う。
XLクラスとなれば耐久力も半端ないだろうし、どうやって対抗するのだろう。
戦うには、まずは上手く陸上におびき出すことが必要になりそう。

キットも活躍も、楽しみです!

そうそうツイッターでも発売日が告知されていた。

予約開始。デスレックスの時は瞬殺だったので、確実にゲットしたい場合は予約推奨ですな。

ところで「ビーストライガーの最恐のライバル機体」という表現が気になるなー。
ライバルは強敵ではあるけど同格という印象もある。
私は「ジェノ」という名前から、やっぱり「デス」レックスより格下なんじゃないかなー説を採っています。
デスレックスがジェノスピノを退け再びラスボスに付くこともありえるんじゃないかな。その辺りの展開もワクワクしながら待ちたいと思います。


他は漫画版ゾイドワイルド2。
こちらもアニメに負けず熱いです。
正直、第一期は終盤でアニメ終了に無理やり合わせて強引に終わった感じが否めなかった…。とてもいい展開をしていただけに惜しかった。
今回は独自展開なのでそういう心配は薄いと思う。その意味でも期待が膨らみます。


今回はスナイプテラVSビーストライガー。そして終盤では早くもジェノスピノも登場。
戦闘描写はさすが森茶先生。盛り上げてくれてます。
今回はスナイプテラが凄くカッコいい。ライダーも良い感じ(再登場はあるかな?)。


デスレックス改風なゾイドも登場しています。これも謎が深まる。
そして……、買った人は気付いたと思いますがライダーの名前が衝撃的過ぎます。
これは激しいネタバレになると思うのでもうしばらく伏せますが、ライダー名がまさかの「○○○○○13世」
どういうこと?

時系列としては「ワイルドZERO→ワイルド→ワイルド2(500年後)」の順で、これはゾイド特集記事内でもそのように書いてあるので、公式でつながった世界であると言える。
その意味でも興味深い。

「ワイルドZERO→ワイルド→ワイルド2(500年後)」とすれば……、「いったん武装ゾイドの時代があって。そして野生ゾイド(武装なし)の時代になって。そしてZEROと同じ仕様に戻った」という流れなんですよね。
この辺も話数が進むにつれて徐々に考えていきたいなー。
いやぁ、どんどんワクワクが膨らみます。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント