5話!!!


※現在は配信終了

ゾイドワイルドZERO5話でした。ご覧になりましたでしょうか!

今回は今までの「レオ達に帝国軍がからんでくる」パターンとは違い、一話まるまるガトリングフォックスとそのライダーを描くことに費やしていた感じ。
なので、とにかくガトリングフォックスのカッコ良さや魅力が強く伝わってくる回でした。

タカラトミーのガトリングフォックスをアピールしたい気合もひしひしと伝わってくる。
実際カッコ良かったので年末にかけて去年のハンターウルフのように売れまくって品薄になるかも。発売日には早々ゲットせねば。


話は帝国軍中心の描写で、それが目新くてとても楽しめました。
ナックルコングとかキャタルガも出てきたし!

ワイルドZEROはガブリゲーター、ガノンタス、ナックルコングなど第一世代のゾイドも積極的に出してる感じが良い!
今後さらにパキケドスやアンキロックスなども登場してほしいなぁ。
特に一期ワイルドであまり活躍できなかったパキケドス、アンキロックス、あとはステゴゼーゲも退場が早かったな…。この辺の再登場と大活躍には期待したいところです。


話を5話に戻します。

帝国軍に最新鋭の光学迷彩を搭載したゾイドが完成した。
ガトリングフォックスだ。
ライダーを務めるのは若き兵士、ブラッド二等軍曹。


さっそく光学迷彩を発動して共和国部隊を攻撃する。
強い!
アニメのヘルキャットや新世紀バトストのゼロイクスを思いだします。


また襲撃シーンでは共和国軍主力ゾイドがラプトリアである事も判明。
カラーは薄い青みがかったライトグレー。
キットとは違う。キットはアイセル機という事か。こちらの装甲も別売で出ればいいんですけどねー。
落ち着いた良い色だと思います。

さて凄まじい力を見せたフォックスだが帰投中に不調を起こしてしまう。
しかも一度ではない、何度も。
制御が完全じゃない。
理由は不明らしいのだが……。

そして大きな戦いの時、致命的な制御不能状態に陥ってしまう。


…ところでこの向かい合う部隊のシーンでは共和国軍主力はラプトリア、帝国軍主力はラプトールである。
帝国軍、ラプトールも保有してるんか……。強いな。


制御不能に陥り戦場を離脱するフォックス。
そしてそこに現れる……、


ボーマン博士!
あんた無事だったんか。そして一人で森の中で何を……。

さて博士はブラッドにゾイドの本質を語り、決断を迫る。
そしてブラッドの出した答えは……。


さて本話はタイトルが「裏切りのガトリングフォックス」だったので、帝国軍からフォックスが逃げ出す話だという事は分かっていました。
しかしまさか「ライダーが裏切る」だったとは驚きでした。

ただブラッド、初陣時から「いくぞフォックス」と相棒として語りかけていたし、元よりその素質は大いにあったと思います。

ボーマン博士の言葉を聞いてもすぐに決断したわけじゃない、軍人としての想いや葛藤を乗り越えた上で決断したのが良かった。
当然そういう想いもありますよね。
人間って様々な矛盾を持つものなので、「正論」をぶつけたり「ダブスタだろ」と言うだけじゃ解決しない。
矛盾する両方への想い。それそれへの理解を持ったうえで決断をするというプロセスが良かった!
綺麗事じゃない、力強い決断だったと思います。
だから最大限に祝福したい。

ツッコミを挙げるとすれば…、フォックスの制御が不完全であった。
その理由はキャップを拘束タイプにしていないからでは……。


なんでだろう。この形はワイルドライガーやラプトリアなどの野生ゾイドと同じタイプのキャップ……。
だから制御が完全にいかなかったのでは。
しかし、帝国軍の最新鋭ゾイドがそんな単純なミスを起こすとは考えづらい。
何らかの理由で拘束キャップが使えなかった?
その理由も出していきたい所です。


その他。


「見えない敵」に対してサリーだけが「光学迷彩では!?」と即座に反応していたのも興味深い。
やはり化学船に乗っていただけはあり、ゾイド関連の知識は高い模様。
良いなあ。


終盤のナックルコング戦は燃えた!
ZEROの世界でもナックルコングは強力機なようで。さすが!
しかも肩にガトリングを背負っているのは明らかに無印の少佐を意識してる。ニヤリ要素をこれでもかと放り込んでくるなー。

コングは裏切りのガトリングフォックスによって倒されましたが、砲の連射を受けて倒されはしたものの装甲は一切貫通していない。
(たぶん絶え間ない被弾の衝撃で機体が揺れまくって機能不全が起こったのだろ)
第一期ではワイルドライガーのキングオブクローさえ防いだ装甲ですが、ZERO作中でもその強さは健在!
今回はナックルコングの装甲の強さが改めて分かりました。が、同時に攻略の糸口も見えてきた感じがします。

ツッコミがあるとすれば、ナックルコングがでけぇ。


手のひらで車を包んでしまえるほどのサイズ。
これはむしろアイアンコングくらいあるぞ。
当初はこのナックルコングだけが超巨大仕様かと思ったんですが、どうも戦闘を見ているとそうでもない。
全機とも同じくらいのサイズになっていた。
すなわち今回の戦闘シーンにおける全ゾイドのサイズはアイアンコングやシールドライガー位だった……。
迫力はあるんですが、どう解釈したものかな。

あと最後のゾイド紹介コーナーは今回ガトリングフォックスでしたが、光学迷彩について「体を透明に見せる機能」だけじゃなくて「暗視スコープやレーダーでも見つかりにくくなり」と解説されていたのも興味深かったです。
まじですか。
レーダーも無効化するとは…。どうやって戦えばいいんだ……。
攻略の糸口があるとすれば、もはやゾイドに任せる。匂いや気配といった野生の本能を頼りに場所を見つけ追い詰める…くらいしかないんじゃないかなぁと思いました。
いやはや、強いゾイドです。

あるいはあと一つ弱点を言えば猛烈な勢いで弾を撃つゆえ「補給」がネックになると思います。
今後、ブラッドはそこをどう解決していくかなー。
しかし勇気ある決断をした彼に幸あれ。
今後の活躍を期待しています。

というか早速来週も登場するみたいですが!
来週はフォックスに加えてスナイプテラも登場。
次回はマシンブラストもするようで、手も足も出なかったあいつが更に強くなるのか…と思うと恐怖。しかし楽しみです!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント