改2進捗更に更に続き

トリケラ改2の続きです。

進捗1
進捗2
進捗3
進捗4

トリケラ改2、顔の改変に成功しました!


やはり流星号のパーツを使用しています。
いやいやいや、流星号マジ良き素材。
最高です。

流星号の脚部装甲を切断加工しています。


トリケラトプスの口のクチバシっぽいラインが再現できてエツに浸っています。

難をいえば今まで作った追加装甲はすべて凹凸ジョイントを作って着脱可能にしていました。
ノーマルにも戻せるのです。
しかしここは細かい場所で着脱可能な構造を作れませんでした。ゆえに接着剤で付けてしまいました。


トリケラドゴスの頭部装甲は2パーツで両側からの張り合わせ。
しかしクチバシ部分は1パーツなので、写真のように片側の装甲にくっ付けるという多少強引な造形になりました。
組む時やばらす時は慎重にしないとダメです。
(前方からかぶせるようにして組み立てます)

接着剤でかなりガチガチに固めているのでそうそう壊れる事はないと思いますが…、課題は残りました。


装甲を片側だけ付けた図。
構造が分かると思います。


接着剤は瞬間接着剤です。

…ゾイドのパーツ接着ってホント難しいなぁといつも思います。
以前からクレオスやタミヤの各種接着剤を試してはいるんですが、個人的な経験で言うとけっきょく瞬間接着剤以上の強度が出たことがない。
使い方が悪いのかなぁ。
なのでいつまで経っても瞬間接着剤に頼っているのですが……。

いちばん強度の出る接着って「パーツを溶かして溶接する」タイプのものだと思うんですが(タミヤのプラモをタミヤセメントで組んだ感じ)、ゾイドやガンプラだといくらやってもそうなりません。
一応はくっ付くんだけど、少し衝撃を与えたらぽろっと取れてしまう……。
少なくとも衝撃を想定する箇所には使えない。

決定版的な接着剤をいつか見つけられると良いのですが。
それとも瞬間接着剤の上手い使い方を覚えて言ったほうが手っ取り早いかもしれないけど……。

※ただ「プラリペア」と「アクリルサンデー」は試した事がありません。なのでこれらについてはいずれ試したいと思っています。
評判は良いので期待しているんですが若干お高いので中々手が出せていません。


今回は強度が欲しかったので熱で溶接しようかとも思ったんですが(金属製のクリップ等を火で炙り、くっつけたい場所に押し当てる)、それは色々あぶないので見送りました。


ま、そんなこんながありつつもクチバシには満足しています。
ニヤついています。

次はコックピットかな。
頑張ります!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント